1
/
5

数字でわかるメドピア ~カルチャー(趣味)編~

「数字でわかるメドピア~働き方編~」に引き続き、メドピアで働く従業員の趣味や余暇について調査した結果を公開いたします。メドピアらしいカルチャーが垣間見える結果となっているでしょうか?どうぞご覧ください!

※2021年12月時点、社内アンケート調査による回答データを基に記事を作成しました

■趣味/余暇について

アウトドア派、インドア派どちらが多い?


どちらかというとインドア派の割合が多いようですが、インドア/アウトドアどちらの趣味も満喫する「どっちも派」も一定数いました。ここでも「ハイブリッド」なカルチャーが育まれているようです。


趣味について掘り下げてみました

  • インドア派は漫画・映画・ゲーム
  • アウトドア派は買い物・カフェ・キャンプ

などが多くの票を集めました。

お酒やコーヒーが好きなメンバーも多いですが、家で飲むこともあれば外で飲むこともあるようです。コロナ対策で積極的な外出をしない、といった状況が影響しているかもしれませんね。


毎日使うアプリ

医療×ITで社会課題を解決する、ヘルステック企業と銘打つ私たちメドピアですが、そのメンバーが毎日欠かさず使うアプリに特徴はあるのでしょうか。

情報収集ツールとして複数のSNSを使いこなしているようです。日々の業務でも、ユーザーとのコミュニケーションや、市場の把握などに、SNSを積極的に使っているとの声を聞きます。

また、その他に含まれるヘルスケア系アプリの中では、メドピアグループで開発している歩数計アプリ「aminoステップ」「日経歩数番」「スギサポwalk」なども挙がっています。日々アンテナを張り、情報収集と健康意識に余念がないのがメドピアメンバーの特徴のようです。


ちなみに、平日の退勤後はどのような過ごし方をしているのか、聞いてみました。

退勤後にやること

自由回答で尋ねてみましたが、上位4項目が「家族と過ごす」41%、「家事や料理をする」37%、「運動する」23%、「読書する」15%とのことでした。

メドピアメンバーのナイトルーティーン(?)は、家族との時間、エクササイズやインプットに充てる方が多いようです。

数字で分かるメドピア カルチャー(趣味)編、いかがでしたでしょうか?

メドピアらしくて良いと思ったポイントがあった、もしくは自分にも当てはまる特徴が見つかった方は、お気軽にメドピアのメンバーと話してみませんか?カジュアル面談も積極的に行っております。

今後の記事もお楽しみに!


サーバーサイドエンジニア
医療/ヘルスケアのスタンダードとなるプロダクトを創りたいエンジニアを募集!
すべての事業の基盤になっているのは、医師14万人が参加する「MedPeer」のドクタープラットフォーム。最近は、スギ薬局などの大手からベンチャーまで、多数の企業とも積極的に提携をしながら、新規事業の開発を加速化しています。 ▼ドクタープラットフォーム事業 ・医師専用コミュニティサイト「MedPeer」 ・医師向け対戦型クイズアプリ「MedLedge」 ・薬剤師専用コミュティサイト「ヤクメド」 ・医師の求人・アルバイト情報サービス「MedPeer Career」 ・医師のスカウト型転職支援サービス「MedPeer SCOUT」 ・開業医のための開業・経営支援サービス「CLINIC Support」 ・かかりつけ薬局化支援サービス「kakari」 ・かかりつけクリニック支援サービス「kakari for Clinic」 ▼ヘルスケアソリューション事業 ・オンライン医療相談プラットフォーム「first call」(株式会社Mediplat)  https://firstcall.md/ ・管理栄養士による食生活コーディネート「ダイエットプラス」(株式会社フィッツプラス)  https://dietplus.jp/ ・スギ薬局とのセルフケアサービス「スギサポ」シリーズ(株式会社スギ薬局/株式会社Mediplat  ミールデリバリー「スギサポdeli」(https://sugisapo.ws/)  歩数記録アプリ「スギサポwalk」  食事記録アプリ「スギサポeats」 ・日本経済新聞社と共同展開する歩数記録アプリ「日経歩数番」 ・株式会社サッポロドラッグストアーとの共同事業、歩数記録アプリ「サツドラウォーク」 ・味の素株式会社と共同展開する歩数記録アプリ「aminoステップ™」
メドピア株式会社


▼数字でわかるメドピアシリーズ

メドピア株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング