1
/
5

ラーメン「ツウ」にとってのカップラーメンとは?

こんにちは、メグラスの採用、ブランディング、広報を担当しています廣瀬です。

今日は、ふと最近した夫婦の会話を思い出したので記事にしてみました。


夫は、いわゆるラーメン「ツウ」です。

1日に何軒もハシゴをしたり、えらく遠いところまで何時間もかけて行ったり。

ツウの通う人気店では、基本的に喋らない、とか(笑)食べ方への拘りもハンパじゃなく。

まずはスープから、そしてレンゲの位置から、それはもう拘りのない私からすれば

理解し難い世界がそこにはあるそうなんです(笑)

ただ、連れていってくれるイチオシのラーメン屋さんは本当に本当に美味しいので、

そこには全幅の信頼をおいています。

夫婦の記念日は、おしゃれなフレンチでもイタリアンでもなく、美味しいラーメン。

この我が家のイベントは、私もけっこう気に入っています(笑)


さて、前置きが長くなりました。

なんの話かと言いますと。

そのへんのラーメン屋さんに入ると、ここのは出汁がああでこうで、と話しはじめるのですが、

そんな夫に、ふと「じゃあカップラーメンはどんな気持ちで食べるの?」と聞いたところ、たった一言。

「生きるためのラーメン」


あれ、どっかで聞いたセリフやな。


私の「仕事」に対する拘りと一緒かもしれない。

「生きていくための仕事」にワクワクしない。

(お金がめっちゃ稼げるとか、その人の価値観によってはワクワクするのかもしれませんが。。)

「生きていくためのラーメン」にワクワクはしない。

(めっちゃ美味しいカップラーメンもあるかもしれないので、そこはお許しください笑)


ワクワクするかわからないけどやってみたらめっちゃ楽しかった、などはよくある話で

やる仕事を選ぶ、とか、これしかやらない、という意味ではなく

「向かっている先にワクワクする景色が想像できるかどうか」ですね。

そのためには、いばらの道もあるでしょうし、大きな岩だって急な坂道だってあります。

目指したい場所があるから、アドレナリンが出るんです、きっと。


書き終えてみて、「内容浅っ!」とこれを書いた自分に驚いています(笑)

みなさんの拘りも聞いてみたいなー、とふと思った火曜日でした!


メグラス 廣瀬

株式会社メグラスでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング