有休を活用し9日間以上の連続休暇取得を推奨する「公認バカンス制度」導入〜4月の働き方改革関連法施行に合わせ、社員の働きやすい環境づくりをさらに推進〜

こんにちは、メンバーズの採用担当 大浜です。

株式会社メンバーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:剣持 忠、以下「メンバーズ」)は、4月の働き方改革関連法施行により全ての企業で5日以上の取得が義務化される年次有給休暇について、5日間以上の連続取得を推奨し、9日間以上の連続休暇取得が可能な「公認バカンス制度」を新たな福利厚生として導入することとなりました。

「公認バカンス制度」について

「公認バカンス制度」は、メンバーズの社員を対象に5日間以上の有給連続取得を強く推奨する制度で、前後の土日を含めると9日間以上の休暇を取得することが可能です。本制度は、社員の健康保持だけでなく、能力ある社員が長期的に高い成果を出し続けることのできる健全な就労環境の整備や業務の標準化・効率化による属人化防止を図り、長期的なサービス品質の向上を目的としています。
今回の「公認バカンス制度」は、「メンバーズ協議会」の発案で導入が決定されました。


詳しくは弊社ホームページのニュースリリースをご確認ください。

詳しくは、弊社ホームページのリリースをご覧ください。

株式会社メンバーズ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more