『Qiita Advent Calendar 2019』まとめ記事【12/8-12/14】

こんにちは。Mikatus(ミカタス)採用チームの小林です。

この度当社Mikatusではエンジニア陣総出で、『Qiita Advent Calendar 2019』に参加しております!

▼過去に参加したAdvent Calendar

2016年:https://qiita.com/advent-calendar/2016/accounting_saas_japan

2017年:https://qiita.com/advent-calendar/2017/accounting_saas_japan

▼Qiita Advent Calendar 2019 とは?
技術系の記事を掲載しているQiitaで、年に一度行なわれている、いいね争奪大会!12月1日からクリスマスである25日まで毎日記事を掲載して、それぞれの記事の合算いいね数を競うというお祭りのような企画です。


今回はそのまとめ記事第2弾!

当社が誇るエンジニア陣の頭の中を覗いてみてくださいね♪

いいね数の企業ランキングは現在8位!読んで頂けましたら「いいね」や「購読する」のボタンを押して、応援をよろしくお願いいたします。

▼第1弾まとめ記事


12月8日(日)~12月14日(土)までのまとめ

12月8日(日) 『列挙型と switch 文の進化形!?Java で代数的データ型とパターンマッチングを実現してみる』


12月9日(月) 『Processingでクリスマス』


12月10日(火) 『NextJSで各国語対応してみた』


12月11日(水) 『使用しているプロダクトのセキュリティ情報をGASで収集してみた』


12月12日(木) 『Heterogeneous Graph Attention Networkの論文解説』


12月13日(金) 『中学受験の問題をプログラミングを使って解いてみる』

中学受験の問題をプログラミングを使って解いてみる - Qiita
こんにちは。 Mikatus株式会社でフロントエンドエンジニアをやっている青山です。 今回はアドベントカレンダーということで、せっかくなので普段の業プロとはちょっと異なるものを題材に記事を書いてみようと思います。 突然ですが皆さんは中学受験の問題を解いたことがありますか? 私は今まで解いたことがありませんでしたが、たまたまなんとなく中学受験の問題を眺めていたらプログラミングの題材としてとても良さそうな問題があったのでプログラミングを使って解いてみたいと思います。 なるべく簡単な言語機能のみを使うようにした
https://qiita.com/naoki_aoyama/items/fbe512ccc2ffc2ef9475


12月14日(土) 『忘れるな、telnet towel.blinkenlights.nlはいつも君と共にある。』


いかがでしたでしょうか?

Advent Calendarも折り返し地点を過ぎました!

本日までで、全記事の総いいね数は559!残りも全力で駆け抜けます♪

次回は12月15日(日)~12月21日(土)までの記事を、12月24日(火)に公開予定。どうぞお楽しみに♪

Mikatus株式会社's job postings
31 Likes
31 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more