1
/
5

技術委員長に就任しました

こんにちは。Mikatusのプロダクト共通チームのチームリーダーの野田智也です。この度、Mikatusの技術責任者のポジションにあたる技術委員長に就任しましたので、ご挨拶申し上げます。

社会課題を解決するプロダクトに共感してMikatusにジョイン

私は2019年の1月にMikatusにジョインしました。

面接の時に「キャッシュ・イズ・キング」という新規プロダクトを企画していることを聞きました。キャッシュ・イズ・キングは税理士さんが中小企業の経営課題を、ITを使って解決するプロダクトです。世の中の社会課題を解決するプロダクトの開発に携われることはエンジニアとしてとても意義のあるものと感じ、入社を決意しました。

入社後、1年ほどかけてキャッシュ・イズ・キングの開発を完成させました。その後、会計システムの新機能であるインポート機能の開発をリードし、直近ではブラウザ版の給与システムの開発をリードしてきました。

なぜ技術委員長に就任したのか?

私が技術委員長のポジションを引き受けようと思ったのは、技術責任者のポジションだからこそできることを思い切りやって、Mikatusをより素早く成功させたいと思ったからです。

Mikatusは「税理士のみなさまにとって、なくてはならない存在として」というミッションと、「いい税理士をあたりまえに」というビジョンを掲げています。プロダクトサイドはそのミッション・ビジョンを達成すべく日々開発をしています。

エンジニアとして開発を進める中で、自ら率先して価値あるプロダクトの開発を組織的に進めていきたいと思うようになり、技術委員長を引き受けることにしました。

技術委員長としてやりたいこと

私が技術委員長としてやっていきたいことは3つあります。

1つ目は開発プロセスの変革です。Mikatusが提供しているプロダクトのなかにはリリースして10年以上経つものがあり、アーキテクチャが古くなっていたり、自動テストが無いものもあります。そのようなプロダクトのアーキテクチャを刷新し、テスト自動化の仕組みを組み込むなどして、中小企業の経営課題をより素早く解決するプロダクト開発のフローを作っていきたいと考えています。

2つ目は「与え合う文化」の維持・向上です。Mikatusには、従来から、エンジニア同士で知識を与え合う文化が根付いています。今後は、今まで以上に活発に勉強会を開催したり、サイドプロジェクトで新たな技術を実践したりする場を作ることにより、エンジニアがお互いを高め合う環境、文化を維持・向上していきたいと考えています。

最後は、逃げない開発マインドを作ることです。社会課題の解決は容易なことではなく、今までもこれからも多くの困難が待ち受けています。困難を乗り越えるために必須なことであれば、難易度の高いプロジェクトにも果敢に挑戦するマインドを持つ。そんなチームを作っていきたいと考えています。


エンジニアを募集しています

Mikatusの開発チームでは、チームワークを大切にしながら、社会課題を解決するプロダクトを日々開発しています。このような環境下で活躍できるエンジニアを募集しています。ご興味を持たれましたら、ぜひご連絡ください。お会いできる日を楽しみにしています。

Mikatus株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
20 いいね!
20 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング