【社員インタビュー】世の中のスタンダードにとらわれないエンジニアになりたい

こんにちは、ソリューション・サービス事業部のじろうです。
今回は私の同期でもある、ベル君こと鈴木君にインタビューをしていこうと思います!
転職を経て、miracleaveへ入社した彼の素顔に迫ります。



では、早速インタビューへ行きたいと思います。よろしくお願いします!


学生の頃は、プログラミングの勉強をしていたのですか?

はい。初めてプログラミングに触れたのは、高校生の時でした。
有志を募って、勉強会を始めよう!みたいなノリでC言語の勉強を始めました。
まずは『C言語プログラミング能力認定試験』に合格することを目標としていました。
ゲームが好きだったので、高校卒業後は、ゲームプログラミングにも触れてみましたね。


なるほど。高校卒業後は、専門的な学部に進学したのですか?

大学で情報システム工学科に進学し、ここから本格的にプログラミングの勉強を教わるようになりました。そこで学校のカリキュラムとしてJavaを主に学習していました。
『情報処理技術研究会』というサークルに入会し、サークルの先輩にプログラミングを教わる機会もありましたね。


学生時代からプログラミングの学習経験があったのですね。
では-学生の頃から、IT企業で働きたい!という想いがあったのですか?

そうですね。。
小さい頃、ゲームを作る人になりたいという夢がありました。
ですが、より必要とされているのは業務系のシステムだと考えるようになり、今に至ります。



鈴木君のように、IT経験がある人もいれば、
IT未経験から入社して働いている人もいるんですよね??

はい!IT経験がなくても、やっていけているかなと思います。
ただ経験が少ない分、自分で勉強していく必要はあるなと感じています。
技術系の社員が多いため、フォローできる体制は整っているので、
わからないことがあれば、先輩社員に聞ける環境です!


ずばり、得意分野を教えてください!

一番経験があるのはJavaですね。
他はPHPやHTML、CSS、Javascriptなどなどですかね。
最近は運用保守の業務を行うようになり、インフラ側の役割も増えてきました。


では逆に、苦手な分野はありますか?

テストのような細かい作業や、デザイン設計など、
ユーザー目線に立つことが苦手かもしれないです。。



それは意外でした!
苦手なことや、経験のないことをやらなきゃいけないときは、どうしますか?

テストに関しては、効率的に自動化をしていきたいですね。
デザインに関しては、Bootstrapなどに頼ってます(笑)

とにかく実践でやってみることが大事だと思っています。

技術は知識だけではないです。

自分で試しにフレームワークを使ってみるとか、
自分で環境を構築してみるとか、
手を動かすことで、経験値を増やしていきますね。


鈴木君は転職をしていますが、
数あるIT企業の中から、miracleaveに入社を決めたきっかけを教えてください!

自分がこんなサービスを作りました!!

と、自分の人生の中で誇れるものがほしいと思っていました。

そこで新卒で入社した会社で松本さんに出会い、
会社を立ち上げるということで話を聞いたところ、
自分のやりたいことにマッチしている!と思ったのがきっかけです。


なるほど。ほかの社員と同じく、松本さんに惹かれて入社を決めたんですね。
では、今後miracleaveの社員として、やっていきたいこと、目標などはありますか?

一般的にIT業界では、プログラミングから入って、
上流工程をするようになるのがスタンダードとされていますが、
自分はプログラミングを極めていきたいなと思っています!!

今までは1人で黙々と勉強していくことが多かったので、とても非効率だなと感じていました。
それぞれの得意分野をもったエンジニアが集まることで、知識の共有ができ、
お互いを高めあうことができます。
その結果、短い時間でたくさんの学習ができると考えています。

エンジニアが悩まなくていいイケてるチームを作りたい!!


では、今後転職を考えている方たちへ、一言お願いします!!

なんとなく転職してみようかな~と考えている人は、
正直転職しない方がいいと思っています。
一時的な感情に左右されるのではなく、根本的な理由を突き詰めることが大切です。

お互いに高めあい、刺激しあえるような、
そんなあなたをmiracleaveは待っています!!

一緒にイケてるチームを作っていきましょう!



今回のインタビューは以上です。
ありがとうございました!

miracleave株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more