1
/
5

「人の良さと会社の成長に惹かれて」-新卒1期生が語る”マイベストを選んだ理由”

こんにちは、株式会社マイベストのインターン生、太田です。

今回は前回紹介した伊藤さんと同じくインターンとしてマイベストに入社し、今年の4月から新卒社員として働いているコンテンツ制作部の鈴木さんにインタビューしてきました!1年間の留学と長期のインターンを経験し、鈴木さんはどんなこと感じてマイベストへの入社を決意したのでしょうか?

「若いうちから成長したい」「一緒に働く人を重視したい」という方は特に参考になる記事だと思いますので、是非最後まで読んでみてください!

語学力を磨いた大学時代とマイベストに応募したきっかけ

今回お話を伺った20卒の鈴木さん。コロナウイルス感染対策中ですが、撮影時のみマスクを外していただきました。

ーー本日はよろしくお願いします!早速ですが、鈴木さんは大学時代何を頑張っていたんですか?

ドイツ語の勉強を頑張っていました。選考は英米文学だったんですけど、語学のクラスで取っていたドイツ語の授業がとても面白かったので、その授業だけは真面目に受けていましたね(笑)

1年間のドイツ留学も頑張ったことの1つです。日本である程度勉強してから行ったのですが、最初は何もかもすごく大変で…。トラブルもあったし誰も頼れる人がいない状況だったので、結構つらかったですね。

でもその経験があったからメンタルが強くなったと思っていて、今ではわりとどんなことでも「自分なら乗り越えられる!」と前向きに考えられるようになりました。

---1年間の留学はなかなか大変そうですね…。なぜ留学をしようと思ったんですか?

昔から漠然とヨーロッパに対して憧れを持っていたことと、1年間くらい海外で生活してみたいと思っていたんです。目標というよりは夢という方が近かったですね。

あるあるなんですけど、大学1・2年生は遊んでしまって行けなかったんですよ。でも大学3年になって周りが就活の準備をしだした頃に「やっぱり諦められないな」となって、思い切って休学してドイツに行くことを決めました。

ーー語学の勉強に力を入れていた鈴木さんがなぜマイベストに応募したのか教えてください!

帰国してから就職まで1年あったのでインターン先を探していたところ、Wantedlyでマイベストを見つけたんです。web系の会社でインターンをしたかったことと、実際に運営サイトのmybestを見た時に「いろんなジャンルの商品を検証するのって面白そう!」と感じたのが応募のきっかけですね。

---そうだったんですね。web系の会社でインターンをしたかったのはなぜでしょうか?

昔からものづくりが好きで、何かを作る仕事がしたいと思っていたんです。それで「自分にできることってなんだろう?」と振り返ると文章を褒められることが多かったので、ライターとか編集者など文章に携われる仕事を探していました。

最初は紙媒体かweb媒体かで迷っていたのですが、留学の時に「web媒体ってどこでも見れるのが強みだな」と感じて、それからwebメディアを運営している会社で働きたいと思うようになりました。

「この会社でなら成長できる!」働く環境に魅力を感じて決めたマイベストへの入社

「あまりちゃんとしたこと言えないですけど…。」と言っていた鈴木さんでしたが、どの質問にも誠実に答えてくれました。

ーー就職活動でもwebメディアの会社を受けていたのですか?

マイベスト以外では出版社を1社、不動産系の会社を2社受けました。不動産系といっても営業とかではなく、コンテンツを扱う部署がある会社を選んでました。とにかく文章に携わる仕事がしたかったので、それが主軸でしたね。

あとは早いうちからいろいろやらせてもらえる会社がよかったので、年齢に関係なくチャンスがあるかどうかも重視していました。

---かなり絞っていたんですね!留学経験があるので外資系企業も受けていたのかと思いました。

最初はそういったことも考えていたんですけど、やっぱりコンテンツを扱う会社が良かったので、外資系とかではなくweb系の会社をメインで見ていました。基本的に留学と就活は切り離して考えていましたね。

ーーでは鈴木さんがマイベストへ入社することを決めた理由を教えてください!

1番の理由は”人”です。マイベストは本当に優しくてフレンドリーな人が多いので、そこに惹かれました。アシスタント時代から気軽に話しかけてくれる方が多くて、人見知りしがちな自分が馴染めたのも皆さんのおかげだと思っています。

あと、会社の成長を日々実感していたり、真摯にコンテンツ作りをしている先輩方の姿を見ていて、「この会社なら自分も成長できそう!」と感じたのも理由の1つです。

分からないことも聞きやすい環境だから着実に成長できる

しっかりお話しする機会がなかったので最初は緊張したのですが、とても話しやすい方でインタビューもスムーズに進めることができました。

ーー鈴木さんは現在どんな仕事をしているのですか?

コンテンツ制作部の商品・おすすめ記事チームで、外部ライターや外部編集者の採用を行なっています。手が空いたら編集とかもやっていますね。業務内容自体はこれまで内定者インターンとして行なってきた内容をそのまま継続している感じです。

---インターンを始めた頃は業務のどんなところにつまづきましたか?

外部の人とのやりとりということもあって、始めたての頃は文章でのコミュニケーションに苦戦しましたね。顔が見えない分、誤解を与えないように細かい部分まで注意する必要があるので。それでも探り探りやってきて、先輩の文章だったり行動を真似して身につけていくことでなんとか乗り越えてきました。

ーー先輩の技術を盗んできたんですね!鈴木さんから見て、マイベストはどんな会社ですか?

フレンドリーで個性的な人が多いけど、それでも個性がぶつかることがなくうまく調和している印象です。会社としてはとにかく成長スピードが早いですね。人も増えているし、会社が大きくなっているのを肌で感じています。

あと、分からないことがあったらすぐに聞ける雰囲気だと思います。何か聞いた時に、その人がどれだけ忙しそうでも断られたことがないんですよね。手が離せなくても「5分後に見るから!」みたいな感じで言ってくれるので、とても聞きやすいです。

細かいことの積み重ねで「信頼」と「貢献」を-今後の抱負と就活生へのメッセージ

これまで会社と共に成長してきた鈴木さんだからこそ、マイベストの人の良さや働く姿勢が好きだという率直な想いが素敵でした!

ーー鈴木さんはこれからどんな社会人になりたいですか?

上司や同期に信頼される人になりたいです。そうなるためには、約束を守ったり決められた仕事を期限内に終えることや、働くことへの誠実な姿勢を見せていくなどの細かいことの積み重ねが必要だと思っています。

「鈴木になら任せられる」「鈴木に任せてよかった」と思ってもらえるように、いち早く実力をつけて、部署や会社に貢献できるようになりたいです。

ーーありがとうございました。では最後に、就活生に向けてメッセージをください!

マイベストでは”タフな人”が活躍できると思います!

マイベストの記事作りは根気のいる作業なので、身体的にも精神的にもタフな人が楽しめるのかな…と。もちろん、入社前にインターンやライター経験を積んでいたほうがスムーズにジョインできると思いますが、経験がなくても自分から学びにいく姿勢さえあれば全然追いつける環境ですよ。

今の時代、いくらでも仕事を選び直すことはできますが、新卒入社は人生で一度きりです。ぜひ成長するチャンスがたくさんある会社を選んでほしいなと思います。

ユーザーのためになるコンテンツが作りたいという方や文章が好きな方、マイベストの仕事が気になった方は、ぜひ一度話を聞きにきてみてください。皆さんの就職活動が成功することを祈っています!

インタビューを振り返って

1年間の留学で鍛えられた精神力が今の業務に活きていると語った鈴木さん。

日本で勉強して行ったものの、ネイティブの人と会話するのはとても大変だったそうです。その中でも「自分でなんとかするしかない!」と自らアクティブに行動することを心掛けたことで、自分の限界を決めずに挑戦していく力が身についたとのこと。

新卒社員への教育体制がまだ整っているとは言えず、自分からどんどん行動していくことが求められるマイベストでは鈴木さんの精神力・行動力は非常に強みになるのではないでしょうか。これからの活躍を紹介できる日が楽しみです!

合わせて読んでいただきたい記事


株式会社マイベスト's job postings
18 Likes
18 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more