1
/
5

「どの仕事にも活かせる視野を」-新卒1期生が語る”マイベストを選んだ理由”

こんにちは、株式会社マイベストのインターン生、太田です。

今回は20卒の新卒社員で、コンテンツ制作第二部のおすすめ記事チームに所属している中川さんにインタビューしてきました!昔から映画が好きで、就活も最初は配給会社を受けていたという中川さんはなぜマイベストへの入社を決めたのでしょうか?

「情報発信がしたい」「ベンチャー企業で働きたい」という方は特に参考になる記事だと思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

映画漬けの大学時代からWebのベンチャー企業を受けたきっかけ

今回お話を伺った20卒の中川さん。コロナウイルス感染対策中ですが、撮影時のみマスクを外していただきました。

ーー本日はよろしくお願いします!では早速、大学時代に頑張っていたことを教えてください。

部活動を頑張っていました。私が所属していた映画研究部は部員が90人くらいいて、「制作」「演劇」「観賞」の3つの課に分かれていたんです。その中で私は「観賞」の課長を努めていて、毎週1本映画を選んで20人くらいの部員に観せていました。

活動内容としては、私が選んできた映画を部員が観て感想や考察を話し合うという感じでした。

---とても楽しそうです!でも毎週1本選ぶのは大変そうですね…。

映画を選んで部員に観せるのは私1人で行なっていたので、けっこう大変でした。”映画を観せる”だけじゃなくて、”全員に興味を持ってもらえるように観せる”というのが大変で…。毎週「どんな映画なら、どんな見せ方なら飽きずに観てもらえるだろう?」と試行錯誤をして選んでいました。それも含めて楽しかったんですけどね(笑)

あと、他の課にも参加することができたので「制作」の課によく参加していたんですけど、そこでの活動も普段とは違った楽しさがあってとても好きでした。

ーーそこまで映画が好きだということは、就活も映画関係の企業を受けていたのでしょうか?

そうですね。テレビも昔から好きだったので、最初はエンタメ業界を中心として映画配給会社や地元のテレビ局、ローカル誌を運営している企業を受けていました。途中からはベンチャー企業に方向転換して、映画メディアの運営会社を受けていましたね。全部で10社ちょっと受けていたと思います。

学生生活が終わりに近いて残りの人生を考えたとき、やりがいを持って働けて自分の好きなこと(情報発信、編集・執筆)ができる仕事をしたいと思ったので、それを軸に就活していました。

---自ら情報を発信することが好きだったんですね。映画配給会社からベンチャー企業への方向転換はどうしてですか?

昔からずっと好きだった映画に関わる仕事をしたくて配給会社などを受けていたんですけど、就活を進めていく中で「自分は制作じゃない気がするな」と感じるようになったんです。

そんな時に、ベンチャー企業で働いている先輩から「中川さんは行動力もあるし、考え方的にもベンチャー企業の方が合ってるんじゃない?」と言われて、自分の中で腑に落ちる部分が多かったので方向転換しました。

新しい視野を持てることに魅力を感じて決めたマイベストへの入社

働いている人のオンとオフがしっかりしていて、ずっと詰めっぱなしではないところにも魅力を感じたそうです。

ーーあまりマイベストとの接点を感じないのですが、応募したきっかけはなんですか?

部活で広報的な活動をしていたことや、ブログを書いたり文章で情報発信することが好きだったので、ベンチャー企業に方向転換してからはwebメディアの編集や記事の執筆ができる仕事に絞って受けていました。

そんな時にリクナビでたまたまマイベストを見つけて、縁もゆかりもない金沢オフィスの募集(※現在は築地オフィスのみ)だったのですが、仕事内容に興味があったので「とりあえず行ってみるか」という軽い気持ちでエントリーしました(笑)

---すごい行動力ですね…(笑)就活を始めた時からライターも視野に入れていたのですか?

最初は全く考えていなくて、「広報活動とかをやれる部署にいけたらいいな〜」くらいのざっくりした感覚でした。就活を進めていく中でだんだんライターに興味が出てきて、真剣に考えるようになりましたね。

ーーそうだったんですね。そこからマイベストへの入社を決めた理由を教えてください!

テストライティング(1日かけて実際に記事を制作する選考)でおすすめ記事を書いてみて、発見や学びが多くて面白かったからです。

「プレゼントで買いたい人もいれば自分で使いたい人もいるように、いろんな人が記事を読んでいる」というアドバイスをいただいて、それまで持っていなかった新しい視点を得ることができました。自分が知らない商品をいかに役に立つように紹介するかという部分が難しくもあり面白いと感じた点ですね。

自分が持っていなかった視野を得ることでいろんな視点を持って働けるようになれば、この仕事に限らずどの仕事でも活かせるなと思い、マイベストへの入社を決意しました。

---マイベストは映画とあまり関係がないと思うのですが、その点についてはどうでしょうか?

確かに事業内容は映画と関係ないんですけど、マイベストでは本当にいろんなジャンルの記事を書いているので、多様な知識を得られそうだなと思ったんです。自分が知らなかったり興味がない商品についてもたくさん調べて、いいところを探して評価するのが面白そうだなと思いました。

それに、いつか映画が好きなことも仕事に繋がるんじゃないかと思いますし、繋がるといいなと思っています。

知らないから大変で楽しい-実際に働いてみて感じるやりがいと大変さ

地元の地域情報誌を作成している企業と迷った結果、多くのことを知れて世界中の人にたくさんの情報を発信できるマイベストを選んだそうです。

ーー中川さんは現在どんな仕事をしていますか?

コンテンツ制作第二部のおすすめ記事チームに所属していて、現在はおすすめ記事の再編集をしています。

配属されて最初に執筆したのが食紅のおすすめ記事なんですけど、最初は選び方からランキングまでを1から作るのが大変で、上司の新井さんにアドバイスやフィードバックを受けながらなんとか書き上げました。

最初はとても大変でしたが、どうすれば効率的に仕事ができるのかなどいろいろ考えるきっかけにもなりましたし、自分の文章の癖や上手な表現方法などに関しても勉強になることばかりでした。

---入社早々多くの学びを得られたんですね。記事を書いていて、どんなところが大変だと感じますか?

読んでくれる人の参考になるように詳しく、そして商品のいいところがしっかり伝えられるように書くのは難しいですね。知らない用語もたくさん出てきますし…。自分が知らないことを知れるところに魅力を感じてマイベストに入社したんですけど、実際に全然知らない商品について記事を書くのって本当に大変だなと日々感じています。

ただ、分からないことや困ったことがあれば上司の新井さんに聞くことで解消できますし、やっぱり知らないことを知れるのは楽しいです。

ーーとても頼もしいです。実際に入社してからギャップを感じる部分はありましたか?

想像以上に大変だなと思うことはありますけど、”ギャップ”は特にありませんでしたね。ベンチャー企業はスピード感が早くて体制や方針も変わりやすいと思っていましたし、常に変化を求められると覚悟していたので。

---ベンチャー企業に入社することへのイメージをしっかり持っていたんですね。中川さんから見て、マイベストはどんな会社ですか?

働いている人がすごくいい人たちですし、とにかく成長できる会社だと思います。どの人も質問をするとすぐに答えてくださって、フィードバックやアドバイスも的確にくれるので、自分の行動次第では好きなだけ成長できる会社じゃないですかね。

「最高のコンテンツを届けたい」-これからの抱負と就活生へのメッセージ

インタビューをしていく中で、中川さんの新しい知識を得ることへの関心や成長意欲を強く感じました。

ーーまだまだ始まったばかりですが、中川さんはこれからどんな社会人になりたいですか?

効率よく仕事ができる社会人になりたいです。今はまだいっぱいいっぱいで分からないことだらけなので、上司や先輩社員への相談・提案を徹底することで成長していきたいと思います。成長していく中で、マイベストが作る最高のコンテンツをどんどん発信していきたいです。

今は1つのことにかなり時間を割いてしまっているので、マルチタスクでも時間配分を考えながらスピード感を持って働けるようになりたいですね。これから新しい仕事もやることになりますが、どんな仕事でもしっかりできるように頑張ります!

ーーありがとうございました。では最後に、就活生へメッセージをお願いします!

フィードバックされたことを次に活かして、どんどんアップデートしていけるような成長意欲のある人がマイベストに向いていると思います。学んでいく姿勢や、自分で提案する力も大切です。「自分は成長していきたい!」といった気持ちを持っていてマイベストに興味がある方は、ぜひ1度話を聞きにきてみてください。

就活中はこれからの人生を考えることも多く、1人で戦っていくことが精神的にきつくなることもあると思います。それでも、みなさんにとって最良の選択ができるように祈っていますので、最後まで諦めずに頑張ってください!


インタビューを振り返って

自分が知らないことを知れたり、視野が広がるところに魅力を感じて入社を決めたという中川さん。

中川さんの行動力や変化に対応する力は、急成長を続けるマイベストで働いていく上で大きな強みになるのではないでしょうか。その強みを活かして、これからどんどん最高のコンテンツを多くの人に届けてくれるのではないかと思います。今後の活躍を紹介できる日が楽しみです!

合わせて読んでいただきたい記事


株式会社マイベスト's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more