Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

☆2017年上半期MVP☆受賞者インタビューVol.1

『ルーキー賞 "楽しいに貪欲な男" 嶋田悠輝』


前回、2回に分けてご紹介した、「2017年上半期マイネットグループ グループ総会」

記事はこちらから ↓

600人が集結!全社総会を執り行いました①

600人が集結!全社総会を執り行いました②


後編で「MYNET GROUP AWARDS」についてもご紹介しましたが、

今回はこのAWARDSでMVPに輝いたメンバーに話を聞いてきました!


嶋田 悠輝 -Yuki Shimada- Director


今回、嶋田が受賞したのは「ルーキー賞」(2016年4月以降に入社・参画したメンバーが対象)。

どうして嶋田はルーキー賞に輝いたのか、

嶋田とは一体どんな人物なのか、

それでは、さっそく参りましょう!


―「ルーキー賞」受賞、おめでとうございます!率直に、壇上に立った時の感想を教えてください。

壇上から見た景色は・・・真っ白でした(笑)

照明が眩しいのと、自分の頭の中も真っ白なのと、とにかく、白かったです(笑)

ただ、プロジェクトメンバーへの感謝の気持ちと、他の、さらに大きな賞の受賞者の方の凄さを感じていました。



―インタビュー冒頭から大型新人(ルーキー)感を漂わせてきますね・・・。

受賞のポイントでもある、現在の仕事内容をみなさんに分かりやすくお願いします!

今は、プロジェクトのディレクターを任せていただいています。

プランナーの実務もやっていますが、基本的にはゲームバランス調整、商品設計、スケジュールを引いて他のメンバーに仕事を割り振るという内容です。

私のプロジェクトメンバーは、各自、自分の仕事をしっかり管理してくれているので、とっても助かっています。

みなさん本当に優秀なメンバーです。

メンバーのおかげで、私は自分がやりたいと思うことができています。


ー「やりたいと思うこと」って具体的に何ですか?

私の一番の考えとして、"自分が楽しくないと思うものを作っても楽しくない"というのがあります。

今のプロジェクトでも、"このプロジェクトで自分は何が楽しいか"・・・それを考え続けています。

「やりたいと思うこと」というのは、自分が「これは楽しいと思えること」です。



ー自身が「楽しい!」と思うことでも、メンバーに「それは違う」と言われることってないんですか?

もちろんありますよ!

ただ、ゲームを面白く・楽しくしたいという気持ちはみんな同じで、

ひとつの提案に対して見る角度が違ったり、単純に伝えたいことが上手く伝わっていなかったとか、

そういうことで"意思のズレ"が生じて、「楽しい/楽しくない」の違いになってしまうことがあるんです。

同じ気持ちでいても、人それぞれ、見ている視点や角度によって見え方って変わるものだと思いますし。

あと、みんな同じものが好きってわけでもないですしね。

けれども、メンバーとは「楽しい!」と思える方向性が合っているんですよ。

方向性が合っているメンバーと一緒に「楽しいもの」を目指す苦労は、あまりありません!

あとは、自分よりもっと「楽しい」ことを持っている人に乗っかって、さらに「楽しい」をつくっていくこともアリだと思っています。


ー嶋田さんにとって「楽しい」はとても重要なんですね!でも、仕事ですし、「楽しくないこと」ってやっぱりあるのでは?

そうですね。責任もありますし、もちろん心から「楽しい!」と思える仕事ばかりではありません。

でも、私は楽しくない中にも自分なりの楽しい部分を見つけてやっていくのが得意なんです。

というより、どんなことでも楽しい部分ってきっとあると思うんですよ。

例えば、学生時代アルバイトでのり巻きをつくる工場で働いていたんですが、

酢飯の上にカニカマだったりきゅうりだったりを乗せていく作業が延々と続くんです。

来る日も来る日も同じ作業の繰り返し。嫌になる人もきっといると思います。

でも私は、そこでも「楽しい」を探し始めるんです。

実際、酢飯に具材を如何に速く、そしてきれいに乗せることができるかに「楽しい」を見出しました。

きゅうりを中心にしてカニカマの位置を正確に定めたり、崩れやすい穴子の持ち方を工夫したり・・・。

あれ、何の話しでしたっけ(笑)

とにかく、どんなことでも自分なりの「楽しい」を見つけることで、毎日楽しいことができているんです。



ー「楽しい」に貪欲なんですね!

ー今回ルーキー賞を受賞されたわけですが、半年後のAWARD、もしかして狙ってます?

狙っています…!

が、私個人の賞ではなくて、チーム賞がほしいですね。

今回新しくなった「MYNET GROUP AWARDS」って、成果に対して認めてくれるものじゃないですか。

チームの頑張りが会社に認められるのはとっても嬉しいことだと思うので、ディレクターとしては目指していきたいところです。

チーム賞って、私たちの指標でもある「利益が社会からの通信簿」という部分にしっかり注力できているチームに贈られるものだと思うので、

その部分できちんと認められてチーム賞を取りたいと思います!


ーなんて頼もしいルーキーなんだ・・・!!まだ入社2年目、社会人も2年目ですよね?

はい、若造ではありますが、この若造に「大丈夫~?」とも言わず信頼していただき、いちディレクターとして接して下さる周りの方々や環境がとてもありがたいです。

去年の今頃なんて、デザイナーとしてプロジェクトに配属されたばかりなのに、プランナーの方が考えたものに口を出したりしていて、かなり生意気なヤツだったと思います。

でも、以前の上司はそれを良しとしてくれたんです。

一人のメンバーの意見としてきちんと耳を傾けてくれました。

私自身をきちんと、一人の、一人前のメンバーとして迎え入れてくださったこと。

身勝手にも思えるような私の「楽しい」の追求についてきてくれるメンバー。

このように、認めてくれる人がいるからこそ、私は今、やりたいことができているのだと思っています。



ーなんだか、メンバーや周りの人たちへの愛を感じますね。

本当に、いつもありがとうございますとしか言えません。

「楽しい」を追求させてくれるこの環境にも、感謝です。


ーもう、ルーキーの域を超えてますね!超えてました!!

・・・それでは、最後に一つ。次のルーキー賞の方へ一言お願いします!

それは恐れ多すぎます・・・・・。

私なんてそんな・・・。


ーさっきの輝きどこいったんや!!



というわけで、トップバッターはルーキー賞受賞者/"楽しいに貪欲な男" 嶋田悠輝のインタビューでした!

いやー、本当に「楽しい」に貪欲な男でした。

しかし、それが周りに認められているからこそ、力を発揮できているのですね。

一緒に「楽しい」を追求できる仲間がいるなんて、それこそ「楽しい」!ですよね!!


NEXT is...

次回は、MVPを受賞した2つのPJのディレクターそれぞれに話を聞きに行きたいと思います!

Coming Soon...!!!!!!!!!!!

株式会社マイネットでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=20&width=20
1 いいね!
Anonymous
Picture?height=20&width=20
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon