スピンアウトの可能性に共感して - 大手電機メーカーからやってきた MyRefer Tech Lead

籔下 直哉(やぶした なおや):Tech Lead
パソコンに詳しい友人がきっかけで、情報系の大学に進学後、大手電機メーカーに就職。スピンアウトするというMyReferに強く熱いものを感じ、2018年7月にパーソルキャリア新規事業部のMyReferにジョイン。


MyReferにジョインして1年ながら、テックリードとしてMyRefer Tech組織を牽引する籔下さん。大手電機メーカーから未経験のWEB業界に飛び込んだ彼は、その勢いを落とすことなく更に組織を強くするため奔走しています。

大学では一番厳しいネットワークの研究室へ


── 籔下さんは情報系の大学に通われてましたが、昔から情報系に興味があったんですか?

高校の時にめちゃくちゃ仲のよかった友人の影響です。彼は文系でしたがすごくパソコンに詳しくて、ホームページを自分で作ったり、当時の最近の流行とか、ここでは言えないような悪いことも含めていろんな知識を持っていたりしたんです。それがすごいなと思って一緒にやり始めたのがきっかけで、情報系に行こうと思いました。

情報系の大学に行ったものの、実は二年生くらいから全然勉強しなくなっちゃったんですよ(笑)
でもいざ三年生になって大学院に行くのか就職するのかを真剣に考えたときに、せっかく情報系に入ったのになんのスキルも持たないまま卒業することになるのか…と、ふと冷静になって。やり直せる範囲でやり直そうと気合を入れ直して、当時一番厳しいと有名だったネットワーク系の研究室を敢えて選んで入りました。

当時の僕はネットワークとかよくわかっていなかったんですが、研究室には「こんなふうになりたいなぁ」と思える先輩や同期がいたので、頑張りがいがありました。先生は噂通り厳しかったので正直何回も辞めてやろうと思ってたんですけど、必死に食らいついた結果徐々にネットワークのことがわかってきて、更にその上のレイヤーのことも自然とわかってくる感じが楽しかったです。


── なるほど、就職先は大手電機メーカーで、そのままネットワーク周りには携わってましたよね?

就活する時期にちょうどスマートフォンが爆発的に流行りだしたんですけど、これ一つでなんでもできる世の中がすぐに来ると思ったのがきっかけです。そこに携わることがインフラやアプリケーションを全部網羅した、それこそ世の中の仕組みを理解できるエンジニアになれるんじゃないかというのが大前提の思いとしてありました。
そのためのステップとして、まずはキャリアネットワークに携わって経験を積むためにその分野に強い企業に就職したいと思ったので、僕が就活中に話を聞いた中でも国内でもダントツだった企業に入社を決めました。

入社後はやりたかったことドンピシャの部署に入れてもらえたのはよかったんですが、キャリアネットワーク機能の仮想化とかを扱っていたので、最初は本当にちんぷんかんぷんでした(笑)
キャリアネットワークを仮想化する流れが2011年ころから出てきて、そのアーキテクチャを標準化するということを僕たちはやっていたんですが、その最前線でリードを保ちながら戦っていくという経験ができて、すごくやりがいがありました。


── 転職を意識しだしたのはいつごろ、どういったきっかけだったんですか?

もともと漠然とWEB系に行きたいなと思っていたんですが、きっかけは3つありました。

1つ目は、僕が4年目のときに「他の会社に行っても通用するエンジニアになれ」と部長に言われたことです。当時、社内でも高く評価されていた優秀な方が所属する部門が解散となった際に、部門のメンバーが社内に再配属されていく中、その方は他社に引き抜かれて転職したことと部長から聞きました。優秀な人はちゃんと社内外から評価されるし、どこでも食っていける実力があるんだなと思ったことを今でもはっきり覚えています。

2つ目は、同じくらいの時期にWEB系企業の知り合いに一緒に仕事しないかと声をかけられたんですけど、持ちかけられた業務内容が全く開発業務ではない内容だったんです。僕は開発業務がやりたいって言ったんですけど、WEB系の開発業務はやったことないし無理でしょって言われてすごく悔しい思いをしました。確かにやったことはなかったですが、自分の開発力を外に発信できていないんだという気づきと、WEB系の開発だってできるんだということを証明したいと強く思いました。

3つ目は、転職を考え始めるよりも一年くらい前に仮想化に関するある技術がすごく世間で話題に上っていて、僕も情報収集とか勉強会に行くのが好きなタイプなのでもちろん流行りだした時期にキャッチアップしてたんですけど、僕が在籍していた組織で話題に上ったのが一年後とかだったので、もっとアンテナ張ってる環境に身を置きたいという意識が強くなりました。

この3つが立て続けに起こったので、せっかくならWEB系の企業に行こうと転職の意向を固めました。


── そこから実際に転職をするまで3年くらい時間がかかっていると思うんですが、転職するにあたってどんなことをされたんでしょう?

色々探してはいたんですが、転職して外の企業でやっているけるかわからないし…と思ったので、力試しを兼ねてまずは社内のWEB系の業務を扱っている部署に異動させてもらいました。

異動先ではプログラムを書ける人自体少なかったこともあり、社内でめちゃくちゃ評価してもらいました。ただやはり手を動かせる人がいるのは貴重だということで、定期的に実施していた面談でも上司や部長が僕に辞めてほしくないからと、どんなことがやりたいのかを聞かれることが徐々に増えてしまって。
僕としては異動願いを出した時点で、1年そこそこで転職すると決めていたので申し訳ない気持ちが先に立ちましたが、割と手も動かせたし、技術的なチャレンジや、仕組み・ツールの導入も一通り実施できたので転職するためのネタは作れたかなと。

ただ、個人的な話になるんですが、その時期あたりに家を購入したり、子供が生まれたりして、生活基盤が安定してきたのでタイミング的に転職の機会を逃してしまったんです。
でも、一回目の異動も、家を購入したときも、子供が生まれたときも、今は転職時期ではないとすべて自分に言い訳をして先延ばしにしていたので、このままだと何も変わらないと思い、嫁と相談して転職を決意しました。


転職の決め手はスピンアウトの経験ができる


── MyReferにはなぜジョインするかを決めたんでしょう?

本当は僕、toCがやりたかったんです(笑)
toCというか大規模なインフラをやりたいって気持ちがあって。基本的には、toCでデカいサービスをやっていて、世間に認知されているデカいインフラをもってて、新しい技術つかってて、そこで死に物狂いでついてって1年経ったら成長してるんじゃないかって算段で転職活動をしていました。
人材業界に興味があったわけではないんですけど、人材系相当量のデータを持っている企業だったり、大規模インフラを持っている企業だったり、あとは趣味でやってたこともあって機械学習系の事業を扱っている企業ををメインに見てました。

なんでMyReferに決めたかというと、最大の理由はスピンアウトって話です。その話がなかったらここを選んでなかったです。
新卒の就活時代から、少数精鋭のベンチャーってのも憧れてたんですけども、自分は実力ないなと思って見ないようにしていたってところがあったんですね。

でもそんな引け目が気にならないくらい、20年ぶりサイバーエージェント以来というのも可能性の1つとして強く熱く感じました。鈴木さんとの話でスピンアウトする上でのメリットとかを聞かせてもらって、大手ならではの悪いところを取っ払いたいとか、開発のスピード感とかエンジニアに対するリスペクトとか、事業の意思決定の速さとか、僕が転職する中で課題視していた観点とか共感できるものが多かったのでそれならここにしようと思いました。
あとはタイミングですかね、スピンアウトを経験するって人生でなかなかできないなと思ったので。


── MyReferにジョインしてどうですか?

一言で言うと楽しいですね。
MyReferに入るまでは、勉強と仕事と趣味でやってたプログラミングと3本柱だったんですけど、ここに来てからそれがギュッと融合されて、勉強会に行ったりだとか新しい技術書読んだりだとかで、うちのサービスにこれやったらもっと使えるんじゃない?とかを振り返って新しい技術を取り入れるとかそうのがすごい楽しいなって。

4月からテックリードを引き継いだので、自立自走組織を作ろうという気持ちは受けつつも、人が増えることによってそれがどこまで出来るんだっけ?というのは課題視しているので、組織化の舵を今後どう切るのかというところを考えなければならないフェーズなのかなとは思っています。今のところは自分でリーダーシップ発揮して、それやりましょう、導入していきましょうって流れを作って、みんなついてきてくれてる状態かなと。すごい良いサイクルで回ってるのかなと感じますね。


エンジニアにとってチャレンジングな時期


── 今後やっていきたいことはなんですか?

ひとつはMyReferっていう会社はTech組織なんだよっていうのを全面に押し出していくのもミッションだと思っています。そういう意味で採用まわりも関わっていきたいですし、他にも技術広報という役割もあって、僕が1発目にTechブログの記事を書いたり、外部イベントに参加してエンジニアとの繋がりを築いたりしていて、今後は勉強会登壇など積極的にやっていきたいと思っています。

もうひとつは、新しいインフラを取り入れながら整備して行くのがミッションかなと思っています。具体的なことでいうと、AWSに移行するとかを中心にやっていきたいなと。
会社としてのくくりだけではなく、エンジニアとしても面白いフェーズだと思っているので、技術を刷新していくとか、インフラレイヤーとサーバーサイドレイヤーとフロントレイヤーでそれぞれやっていって、更にサービスも開発しないといけないので、めちゃめちゃチャレンジングだなと思っているんですよね。

そこに向けてTech組織も拡大していきたいとは思っています。
先述した技術刷新まわりが一通り終結すれば割といろんなところで情報が出せるんじゃないかなと思っていますし、そこにコミットしたい人って多いと思うんです。
他にも、例えば業界知識とかその辺にアンテナ立ってる人は非常にありがたいですし、新しいことをやるんだったら今まで使ってた言語とかインフラとか忘れてゼロベースて考えられるんで、そこに対してある程度コミットできる方に参画していただけるのも嬉しいですね。
逆に、仕様とかリードはそんな関心なくて、技術ばっかりの人でもそれなりにマッチするとは思ってます。活かすも殺すも僕ら次第かなと思っていて、一定のスキルがあれば絶対にワークしてくれるフィールドはあるので、僕たちの今のフェーズでチャンレンジしたい方をお待ちしています。

株式会社MyRefer's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more