1
/
5

ネクストビートの女性役員2人をベンチマーク。誰もが憧れるバリッバリのキャリウーマンになりたい!!

みなさまこんにちは。ネクストビート編集部です。
本日は、20卒新卒ビジネス職・内定者である宮川さんへのインタビューを紹介します!


宮川 愛理(みやがわ・えり)

兵庫県出身。慶應義塾大学商学部商学科専攻。中学時代はブラスバンド、高校では生徒会の副会長を務める。映画「プラダを着た悪魔」のミランダに憧れ、バリバリのキャリアウーマンを志す。学生時代は学業の傍らインターンに励み、短期・長期含め6社のインターンを経験。2020年4月、ネクストビート入社予定。

インターンで経験した、0→1のやりがい。

Q.学生時代、力を入れていたことを教えてください。
A.インターンです。

高校からビジネスに興味があり、プレジデントを立ち読みするような高校生でした。東京の大学を選んだのもビジネスチャンスが多いと思ったからです(笑)。大学に進学したら、すぐにインターンをすると心に決めていました。
大学1年時は、受験情報のWebメディアを運営する学生団体で、法人営業のインターンをしていました。2年時は、ホテルのフロントでオープニングスタッフとしてアルバイトをしながらサークル活動と、順調に大学生活を謳歌していたのですが、2年生の冬に体調を崩し、テストが受けられなかったことが理由で留年することに。「私の人生このままでいいのだろうか」と自問自答の末、1年学生生活が延びるなら、もっと経験値を深めたい!という考えに至り、大手企業の短期インターンに参加することにしました。16日間でしたが、濃い時間を過ごすことができ、参加者が優秀な学生ばかりで本当に圧倒されましたね。1年生からインターンを経験し、恥ずかしながら他の学生よりはビジネススキルが高いという自負があった分、猛烈に危機感を感じました。もっともっと高みを目指したい、成長しなければ、と思い、他の企業のインターンにも応募しました。メガベンチャーで短期インターンを2社経験し、長期インターンは裁量権を持って働くことのできるスタートアップ企業を選びました。社長直下の環境で、新規事業とカスタマーサポート部隊の立ち上げに尽力し、大学の授業と両立しながら、月180時間くらいがむしゃらに働きましたね。0→1の立ち上げは、思ったように進まないことが殆どでしたが、やりがいを感じられました。業務に取り組むなかで、目標設定スキルやロジカルシンキングなど自身の弱みも認識することができ、社会人として働く会社ではそういった弱みも克服したいと思いました。

30歳までに自分の人生の舵を切れる状態にしたい

Q.就職活動の軸を教えてください。
A.人生を自由に選択できる力がつく環境を重視していました。

就活は基本的にはエージェント経由で、担当のキャリアアドバイザーの方に自分の想いを伝えて、紹介して頂いた企業に足を運ぶスタイルで進めました。
私は30歳までに、結婚・出産・独立…人生の選択をする場面に立った時、自分で選択して完遂できる力を身につけたい。業界を絞らず、その力が身につけられる環境が大切でした。力をつけるためには圧倒的な実績が必須。実績を積むためには場数が必要で、失敗を許容してくれる環境でないと場数は踏めない。失敗を恐れずに挑戦し自分自身でチャンスをつかみ取れる、裁量権のある整いすぎていない会社で働きたいと思いました。そして、ベンチマークできる人が社内にいるかどうかも重要でした。

Q.ネクストビートとの出会いは?
A.学生と企業をつなぐイベントを実施しているビヨンドカフェから紹介された、オフィスツアーです。

ビヨンドカフェの担当者から「今度ネクストビートのオフィスツアーがあるから行ってみない?」と言われて、なんとなく参加しました。
オフィスツアーでは、役員との座談会があり、CMO里吉さんからお話を聞く機会があったんですけど。私が「いまネクストビートを辞めない理由ってなんですか?」と質問すると、「僕が辞めたらネクストビートは潰れるからです。」ときっぱり仰ったことが衝撃的で。加えて、「僕が右に重心乗せたら会社は右に進むし、逆走したら、会社も逆走する。自分が指止めたら会社の動きも止まる。自分が潰れたら会社も潰れる。それくらい当事者意識をもって働いている」と公言されていて、生き方かっこいい!と思って痺れましたね~。こんな風に全身全霊をかけて働いている人が役員としている会社っていいなぁと正直に思いました。その後すぐに選考に進み、20卒新卒採用担当である小垣さんと面談を重ね、CHROである澄川さんとお会いしました。第一印象は「(映画:プラダを着た悪魔の)日本版ミランダだ!」でした(笑)。内面から溢れ出す自信と強さ。ただただかっこいいと思いましたね。出産から1ヶ月で復帰され、第一線でご活躍しているCSOの石毛さんにもお会いしました。執行役員として女性が2人もいる会社自体、今まで見たことがなかったので衝撃的でしたし、「私がなりたい像はこれだ!」と心の底から思いましたね。2人が鮮烈なベンチマークとなり、直下で働いて学びを得たいと思いました。また、選考スピードもはやく、小垣さんから「期待値が高い」と仰って頂けたことも決め手となりました。やるべきことはどこへ入社しても決まっている。期待されているからこそ、求められているアウトプットの質も高まり、成長できると思いました。

「宮川さん、何やりたい?」と言われるようになるのが理想。

Q.ネクストビートに入社後チャレンジしたいことを教えてください。
A.何でもやります!笑。

まだまだ実力もないので、営業として場数を踏むことがスタートラインだと考えています。最初に与えられたポジションで120%以上の成果を出してから、初めて「これやりたい」と言えるものだと思っているので。圧倒的な成果を出して「宮川さん、何やりたい?」と言われる存在となれるまで成長したいですね。
ひとつの目標として、5年後までにはたたき上げの事業責任者になりたいです。

最後に、この記事を読んでいる、就活生へ一言お願いします。

男性と女性で、就職活動の進め方も違うような気がしています。特に女性は、プライベートと仕事を天秤にかけ悩んでいる傾向の人が多いと感じていて。就活生の相談に乗っていると、安定や福利厚生、親がこう言っている、など自分が求めているもの以外の外部要素に引っ張られている人が多い印象です。結局は、自分が決断した選択を正解にするのも不正解にするのも自分次第。どの企業を選んだとしても、正解・不正解はないので、心からやりたいと思ったことを自分の意思で決定してほしいと思います。


20卒/総合職
20卒:創業6年9事業!社会課題に挑む急成長ベンチャーを創るメンバー募集
2013年の創業以来、まずは「子育て支援」領域の課題に対し、多様な事業を通して向き合って参りました。現在は「地方創生」の領域も加えた2領域で9つの事業を展開しつつ、海外事業、新規事業の展開にむけて準備をすすめています。 中長期的には、企業理念に基づき、「人口減少社会」に対してテクノロジーを通じた価値貢献を実現。人々のインフラとなり得るサービス群を複数構築することで、保育を始めとした複数領域へのトータルサポートを実現して参ります。 全9事業 ■保育士バンク!:保育士・保育施設向け  ・保育士の転職:保育士バンク!   ・保育学生の就職支援:保育士バンク!新卒   ・保育施設の業務管理:保育士バンク!コネクト   ・保育施設の職員マネジメントツール:保育士バンク!パレット  ・保育施設のHP制作:保育士バンク!ウェブパック  ■KIDSNA:保護者向け  ・子育て情報メディア:KIDSNA STYLE  ・ベビーシッター:KIDSNAシッター  ・保育園・幼稚園検索:KIDSNA園ナビ ■おもてなしHR:宿泊施設向け  ・宿泊業界専門の就職・転職支援:おもてなしHR
株式会社ネクストビート
興味をお持ちいただけた方は、Wantedlyで掲載中の募集職種から、ご連絡ください。Wantedly以外の経路より優先して選考のご案内を差し上げます。選考ではなく、まずは話を聞いてみたいという方も、現時点でご関心がある職種の募集ページからご連絡お願いいたします。
株式会社ネクストビートでは一緒に働く仲間を募集しています
71 いいね!
71 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社ネクストビートからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?