1
/
5

日本が誇る企業として成長させたい!ネクストビートのミッションをデザイナーとして体現する

みなさまこんにちは。ネクストビート広報の野間です。
本日は、デザインチーム 岩瀬へのインタビューをお届けします!

ネクストビートへの入社理由を教えてください

2010年に多摩美術大学大学院を卒業後、当時はまだ珍しかったITベンチャーでインハウスデザイナーとしてのキャリアをスタートしました。大学院で企業のCSR活動のコミュニケーションデザインを研究したこともあり、「事業会社で企業理念をデザイナーとして体現したい」という強い想いで新卒入社した企業は、社員数100人ほど。UIデザインから広告デザインまで幅広く携わる中で、広告などのコミュニケーションデザインに惹かれるようになりました。その後広告代理店に入ります。また、ふとした時に新卒の頃の想いに立ち返り、確固たる企業理念のある会社で働きたいと事業会社へ戻り、広告やブランディングなどのコミュニケーションデザインを担当するようになりました。

ネクストビートのことは転職サイトで知ったのですが、僕自身に小さな子どもがいることもあり、人口減少社会という社会課題に向き合うミッションに共感しました。デザイナーとして子どもたちの未来に貢献できる可能性を感じたことが入社の理由です。



現在の仕事内容を教えてください

ネクストビートのデザインチームにはエクスペリエンスデザインユニットとコミュニケーションデザインユニットの2つがあり、僕は後者を統括しています。まだ小さいチームですがサービスの集客に貢献するオンライン広告やランディングページ、デザイン視点での事業やコーポレートのブランド整理・開発などを担当させていただいています。

またデザインチームのチームビルディングとして、「Play with Design」というチームフィロソフィーを作り、デザイナーが思い切り力を発揮できるような環境を作ることで、会社に貢献できる強いチームを作るための取り組みも行っています。



仕事のやりがいや喜びを教えてください

ネクストビートは良い意味でかなりカオスです。各事業のデザインの方向性やブランドもまだ整理の途中なので、デザイナーとしてもチャレンジのしがいのある案件ばかりです。これからブランドとして固まっていく段階なので、自分たちの作ったものがブランドそのものになっていくのはデザインやクリエイティブに関わる人にとって大きなやりがいになるのではないでしょうか。

僕も試行錯誤しながら事業のグロースに貢献できるデザインやブランディングにチャレンジしています。いつか社会的に広く認められるサービスとなったときに、このサービスを作った一人が自分なんだと自慢できる日を想像しながら働けることはやりがいであり、喜びです。


ネクストビートの行動指針である「nextbeat identity」のどれを最も重視していますか

「Mission First」です。

デザインに正解はありません。時代や環境、背景によって様々な答えの可能性があります。また、VUCAのこの時代はあらゆることで正解というものがなくなってきているのではないでしょうか。昨日正解だったものが今日は不正解になることもあります。そのような状況の中では、決めた時間内に考え抜き、どんどんアウトプットを出し検証・改善していくことが生き抜くために大切なことだと感じていますし、インターネットにおいてはそれが比較的容易な環境だと思います。その環境を活かして、より良いものをどんどん社会に出していきたいと思います。


興味をお持ちいただけた方は、Wantedlyで掲載中の下記募集ページよりご連絡ください。選考ではなく、まずは話を聞いてみたいという方も、お気軽にご連絡お待ちしています!
株式会社ネクストビート's job postings
21 Likes
21 Likes

Weekly ranking

Show other rankings