【新卒インタビューVol.5】「僕、ネクストビートに一目惚れしたんです」エンジニア職新卒第1号が語る成長軌跡

みなさん、こんにちは! ネクストビート編集部です。
今回は、ネクストビート18卒内定者でありエンジニア職の新卒第1号となる近藤君にインタビューしてみたいと思います!

近藤 豊峰(こんどう あつみね)

プロフィール

新潟県出身。どん底だった高校時代から『自らを変えたい』と思い立ち金沢工業大学に進学、情報工学を専攻する。学生エンジニアとして大学ベンチャー企業に所属し、自社サービスの立ち上げや外部委託業務などに携わる。また同企業の学生代表や部門リーダーも兼任し、リーダーシップを発揮する。大学3年の秋にネクストビートを知り、その魅力に惹かれ入社を決意。長期インターンを経た後、新卒2期生としてネクストビートに2018年4月入社予定。

オンラインゲームに明け暮れた僕がエンジニアの一歩を踏み出すまで

Q) 近藤さんがエンジニアとしての勉強を始めたきっかけを教えてください!

A) 大学に入るまではプログラミングとか一切したことはなくて、高校生の時は自室にPCを置くことになったことを機に毎日オンラインゲームに明け暮れていたんですよね。そのせいで授業はほぼすべて睡眠時間になってました。笑 高校3年生のときにさすがにこのままではダメだなと思い、猛勉強を始めたんです。そんな時に当時の担任の先生に金沢工業大学を勧めてもらい、受験することを決めました。その後どの学科を受けようか考えたときに、「PCが好きだから」という理由で今自分がいる情報工学科を志望したことがエンジニアとしての勉強を始めたきっかけですね。

なので、別に「エンジニアになりたい!」という熱い想いが元々あったわけではないんですよね。

Q) 大学に入ってからはどのようにプログラミングのスキルを身に付けていったんですか??

A) プログラミングはほぼ初心者だったので、入学当初は周りの学生とのスキルの差にただただ驚きました。1年生ながらエンジニアとして企業に出向している人がいたり、学校の履修管理システムに侵入している人なんかもいたりしましたね。笑

そんな周りの優秀な学生の存在が刺激になり、自分も授業以外での活動に力を入れようと思ったんです。それから様々な活動に参加していく中でプログラミングを勉強してスキルを身に付けていきました!



自己成長を追い求め続けた大学生時代~エンジニア以外の経験から学んだこと~

Q) 具体的にどんな活動をされてきたんですか??

A) 大学1年生のときに地域イベントの盛り上げ等を行うプロジェクトに参加し、マイコンを使って光のアートの制作等を行っていました。その活動の一環で参加したお祭りの動画があるので、もしよければ見てください!https://www.youtube.com/watch?v=ExUIxGfhlSI

また、より実務的なスキルを身に着けたいと考え大学二年生の時にベンチャー企業に長期インターン生として参画しました。その企業は学生主体で運営している企業だったのですが、自分は地域のお店を大学生にレコメンドするサービス(http://www.cirkit.jp/)の立ち上げにサーバーサイドのエンジニアとして携わっていました。けれども入社してまず感じたのが、「自分には何の知識もスキルもない」ということでした。同世代ながらインターン生としては先輩である他の学生はすでに様々な実践的スキルを会得していて、自分の知らない多くの知識を持っていました。やはりそこでもまた自分のスキルに不安を感じたんです。

Q) そのような中で、成長したなと思えたのはどういったときですか?

A) 大学2年生の秋ごろに先輩の引退に伴い、立ち上げに関わったサービスの事業責任者を担当させてもらうことになったんです。その際にエンジニアとしてだけではなく、初めてチームのマネジメントや店舗営業等様々な経験をしました。

特に店舗営業では1か月間で当時の登録店舗の半数を超える受注を達成することができ、自分としても大きな自信を身に付けることができました。しかし、営業の経験をして一番良かったと感じているのは、「サービスを利用する側の視点をより深く理解することができた」という点です。それまでは「自分はこういうものを作りたい!」、「この機能を使ってみたい!」といった「俺俺コード」を書こうとする姿勢が強かったんですが、使い手の視点に立って開発することの大切さに気付くことができました。

この事業責任者という経験と、ユーザー視点で開発することの大切さを知ることができたというのが、自分の中では大きな成長になったなと感じています。

Q) 色々な活動をされてきたんですね!就職活動はどのタイミングで始めたんですか?

A) 就職活動は大学3年生の夏頃から始めました。サマーインターンでは東京のベンチャー企業2社のインターンに参加して、その時に東京の学生のレベルの高さに驚いたのを覚えています。サマーインターンは想像以上にタフな内容で、スキル的なレベルの差ももちろんなのですが、自分のマインド面の弱さも感じました。

サマーインターン参加後は、「このままでは就職活動で東京の学生に勝てない」と思い、個人のスキルをより高めることのできる新しい環境を探し始めました。その時にちょうど研究室の教授から、地域の保育園の業務支援システムの開発依頼のお話をいただいたんです。その依頼が1人で開発から実装までを任せてもらえるということで、外部のシステム開発を1人で行うという経験がこれまでなかった自分にとって良い成長の機会になると思い引き受けることに決めたんです。

Q) それはどんな内容の依頼だったんですか?

A) その依頼というのが、園内で管理されている児童票や保育日誌、指導計画といったありとあらゆる書類をすべてデジタルデータとして一元管理できるようにしたり、園児の登園・降園を打刻し保育料金を計算できるようにしたりというものでした。正直、一学生が取り組む内容としてはとても複雑で大掛かりな内容だと感じたことを覚えています。

実際にシステムの設計から取り組んでみると、そのあまりの大きさと複雑さから初期の設計だけで2~3週間もかかってしまいました。さらに、その後の保育園とのヒアリングの中で修正が必要な箇所が幾つも出てきてしまい、何度も設計の見直しとシステムの修正を繰り返したりと、システムの開発は難航しました。そのためこの時期は平日休日問わず、朝から晩までオフィスに篭って延々と開発をしているときもありました。システムの納入日という明確な期限が設けられている中、終わりの見えない開発をずっと続けるというのは精神面でも体力面でもとても大変でした。

ですが、自分が主体となってシステムを開発することで気付くことができたことも多くありました。例えば、こんな設計をすれば仕様の変更が発生しても最小限の変更だけで済むぞ、といったシステムの設計に関しての新たな知見を得ることが出来たり、こんな実装にすれば保育士の方々がスムーズに情報の登録ができるようになるぞ、というようにサービスの利用する側の視点の理解がさらに深まったりするきっかけを得ることが出来ました。3ヶ月以上にも渡る辛い時期ではありましたが、エンジニアになる上で必要な考え方や知識を沢山得ることができた期間でした。この経験があったおかげで、今の僕があると思っています。



エンジニア新卒1号として入社を決断した理由

Q) 本当に常に成長を追い求めて挑戦し続けているんですね!素敵です!ネクストビートはどのように知ったのですか?

A) ネクストビートとの初めての出会いは大学3年生の10月に行われた逆求人イベントでした。そこでCTOである衣笠と出会ったんです。一目惚れでした。「ここまで自分の理想に会う会社があったのか!!」と感じたんです。その後もいくつかの企業と面談等でお会いし、魅力的な企業もたくさんありましたが、ネクストビート以上に自分に合う企業はないと感じ、入社を決めました。

Q) いわゆる一目惚れってやつだったんですね!入社を決断するほどに惚れ込んだポイントを教えてください!

A) ポイントは2つあります!!

1つ目は事業内容です。保育園の業務支援システムを開発しているときに、保育園の経営だったり業務内容のアナログさに本当に驚き、解決すべき課題を強く感じていました。そこに対してネクストビートはいち民間企業として真摯に対峙し、しかもそこだけに留まらず保育園、保育士、保護者の3者のプラットフォームを構築することで統括的に保育に関する様々な課題を解決できるという点も魅力でした。また自分自身の経験を発揮できるなと感じたのも大きな魅力でした。

2つ目は一緒に働く人です。自分が出会った当時は100人を超える規模で様々な事業を展開している企業にも関わらず、エンジニアが7人しかいませんでした。たったそれだけの人数でこのクオリティのサービスをいくつも作ることができると聞き、本当に優秀なエンジニアの方が多いんだろうなと感じました。この点は、内定者インターンをしてみて確信に変わりました。

また、フェーズとしてもこれから本格的にエンジニア組織をつくっていくという段階で、かつエンジニアとしては新卒1号ということもありマネジメント等の開発以外の様々な経験ができると感じたことも大きな魅力でした。

Q) 現在は内定者インターンとして働いていただいてますが、どんなことをしているんですか?

A) 現在はKIDSNAコネクトのASP事業部にジョインし、主にフロントエンドの実装を担当しています。KIDSNAコネクトではフロントエンドのライブラリとしてAngularを使っています。Angularを使うのは初めてなので最初は戸惑うこともありましたが、本当に優秀なエンジニアの方々の近くで日々大きく成長しているのを感じるため毎日が本当に楽しいです。今後はネクストビートの主要な開発言語でもあるScalaを使ってバックエンドの開発も担当させていただく予定です。

実際に中で働き始めて感じたのは、自分なんかが言うのも恐縮なんですがエンジニアの方々が優秀すぎるってことですね!コードの見やすさや使いやすさ、理解のしやすさがこれまで自分の見てきたコードとは比べ物にならないレベルの高さでした。また、皆さんコードを書く速さやコミットの速さもとてつもないのですが、それでいて常に正確なことに驚きました。こんなに尊敬できる方々とこれから肩を並べて一緒に働いていくことができるということに本当にワクワクしています!



一緒に働く次の新卒に期待すること

---ありがとうございます!それでは最後に今後一緒に働く未来の仲間に一言お願いします!

近藤:ネクストビートのエンジニア組織はまだ規模が小さく、少数精鋭でプロダクトを運用している状態です。なので、入社すればたとえ新卒であっても、即戦力として扱われプロダクトの開発にジョインすることになると思います。

そんなわけなので、新卒という肩書に甘えず、絶えず研鑽し自身を高めていけるような、向上心と熱意を持っている方に是非とも入社して頂きたいなと思っています。

少しでも興味が湧いた方、是非ネクストビートのオフィスに一度遊びに来てみて下さい!エンジニア一同皆さんのご来訪をお待ちしています!

---近藤さん、ありがとうございました!


株式会社ネクストビート's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Anonymous
Anonymous
A2420a69 e9cc 44b5 9f12 0867af2ffb55?1524853272
Anonymous
28 Likes
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Anonymous
Anonymous
A2420a69 e9cc 44b5 9f12 0867af2ffb55?1524853272
Anonymous
28 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon