1
/
5

【入社エントリ】初めての転職、スタートアップにおける仕事の驚きと成長実感

自己紹介

初めまして、3/1にネクイノに採用担当として入社しました、真鍋太輔と申します。
どうぞよろしくお願いいたします!

ネクイノに入社し約3ヶ月が経った今、私と同じように転職を考えている方の参考になれば、、、と思い、人生初の転職活動を振り返ってみました。

本記事では、私が転職をすることになったきっかけやネクイノへの入社の決め手、さらに、スピード感ある日々の業務で驚いたことや今後の目標までを綴っています。

これから転職を考えている方や、ネクイノに興味を持っていただいた方にご一読いただけると嬉しいです。ぜひ最後までお付き合いください^^

転職を考えたきっかけ

1.子供が生まれたタイミングと30代突入が重なった

前職では、新卒入社で7年間勤め、同僚にも恵まれやりがい持って働くことができていました。
そんな中、30代に突入し子供が生まれ、家族を養う責任と向き合った時に、

・これからも家族を養い続けることができるスキルが身についているのか
・井の中の蛙になっていないか

そんな不安にどうしようもなく駆られました。それをきっかけに転職活動に至りましたが、こういう方、とても多いんじゃないかなと思ってます。

2.明確なドメインを持つ、MVVに共感できる会社で、事業成長に貢献したかった

前職が受託開発がメインの会社だったこともあり、純粋な想いとして、サービスを提供している事業会社に憧れを抱いていました。
また、MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)に共感できることも非常に大切にしたいポイントでした。前職でMVV刷新プロジェクトを推進したほど、採用担当として業務の生命線だと考えているためです。
そんな会社で、採用担当という立場で事業成長に貢献できれば、ポータブルスキル(他社でも活かせる能力)が伸ばせるとも考えました。

企業選びで大切にしたこと

すでに触れているところもありますが、以下3点で転職先を検討しました。

1.主力事業としてサービスを提供していて、MVVに共感できる
2.採用業務、そのほか人事企画の業務に携わることができる
3.リモートワーク含め育児に関する理解がある

1は先述の通りで、2は元々採用担当・人事企画担当の面白みを感じていたので、引き続き同業務に携われたらと考えました。
3は、転職のきっかけにもなった子育てや自身のライフステージの変化にまつわる部分です。前職でもリモートワーク中心で環境にも投資していましたし、子育てにもコミットしたかったため、移動時間は極力減らしたい思いを持っていました。

ネクイノへの入社を決めた経緯

ネクイノは、私が先述した3つの要素全てを満たしていました。

・医療の領域で魅力的なサービス(スマルナ)/ミッションを掲げ、身近な家族の将来にも寄与できる事業である
・採用担当としてジョインし、採用・人事関連業務の上段の企画や業務整備も裁量持って担当できる
・リモートワーク×フルフレックスで、仕事と生活のメリハリを大切にしている

とても魅力的な条件で、求人を確認してからは直感で第一志望でした。笑
特に、元々OMO事業に興味があったこと、医療体験としても患者としてユーザーペインを感じていたことなど含め、ミッションにとにかく魅力を感じました。


「ネクイノに入社して、真鍋さん自身はどうなりたいですか?
 せっかくなので、真鍋さんのキャリアが伸ばせる機会にしてもらいたいです。僕もそうしています。」

この言葉は、上司の野村から最終選考時にもらった質問です。候補者のキャリアに誠実に向き合う姿勢を感じられたのも決め手の一つです。ぜひ私も、採用選考で実践していきたいと考えています。

入社後所感①スピード感がある

入社後、特に驚いたのは仕事のスピード感です。スタートアップならではの意思決定の速さ、試しに回してみるというスタイルに本当に驚きました。会議の中で意思決定→実践→フィードバックまでが終わることもあります。

そして、その変化のスピードゆえにまだまだ決まっていないこと・整備されていないこともたくさんあります。仕事を進めるうえで、優先順位をつけることがとても重要になっています。スプレッドシートで散在している情報をkintoneアプリ化して業務フローも組み込む等、、、入社2ヶ月時点でガッツリ上流の設計に携われたのも面白いポイントですね。

入社後所感②役割が広く、成果が求められる

また、組織体制という意味では、一人ひとりの裁量に委ねられる部分が非常に大きいです。採用担当として全ての業務に携わっていますが、最終的には結果が全てのため、野村からも「やり方はお任せしますので、考えてみてください」とよく言われます。

社員一人ひとりに大きな裁量が渡されるので、自由度が高い代わりに成果を求められます。採用要件をより深掘りしていくために現場担当者と週次でミーティングしたり、候補者選定+スカウト文面を作成・送付しながら、候補者・面接官の日程調整を進めたりと、よりハイレベルな採用を実現するために愚直に行動量を増やす必要もあります。

未経験業務(例 以下画像:Google Data Potalでの採用数値の可視化・分析)にもすでに何度も挑戦していて、採用担当として日々成長を実感しています。



入社後所感③ユーザーへの貢献姿勢が素敵

業務を通じて、社会貢献性の高さを日々実感しています。

例えば、月1回のリモート全社会では、ユーザーの生の声が共有されるため、アプリ利用者からの感謝の言葉などが聞けるととても誇らしい気分になります。
また、サービス提供会社であれば当然のことですが、アンケート結果に基づき仮説構築し、次なる打ち手がどんどん展開され、サービスが磨かれていくのを目の当たりにできるのがとても魅力的だと感じています。

さらに、採用活動における一例ですが、現場担当者として後と連携することも多かったのですが、以下のような発言が常に採用会議で聞けるんですよね。

「ユーザーのためにとても頑張ってくれそうな方ですよね」
「この方ならユーザーにもkind&easyを体現いただけそう」

そういう方と一緒に採用業務が進められるのも嬉しいし、そこに採用を通じて貢献できたらと私もとても頑張ることができました。結果的に魅力的な助産師にジョインいただけました!(そんな後の記事はこちらから)


各チームがいろんな形でユーザーに貢献しようとする姿勢や熱量に、驚きと誇らしさを感じます。そうした強い思いを持って業務に取り組める方とお仕事したいですね。ぜひ選考や面談等でそんなお話をお聞かせください。

今後この会社で取り組みたいことや目標

まずは採用業務でしっかり貢献し、事業成長に繋げたいと考えています。

・採用広報/リファラル等の導線設計による母集団形成
・適切な採用媒体・ATS(候補者管理システム)の選定・運用
・候補者が自社にマッチして活躍・成長いただけるかの基準整備・精度向上
・採用業務の効率化、データの可視化・分析精度の向上
・入社後スムーズにネクイノに馴染んでもらえるオンボーディング施策

など、やりたいことがたくさんあるため、愚直にチャレンジしていきます。

また、社員の皆さんのお人柄や業務内容を把握し、採用候補者に分かりやすく伝えられるよう努めますので、ネクイノの皆さん・ネクイノにご興味をお持ちいただいた皆さん、ぜひ今後ともよろしくお願いいたします^^

まとめ

初めて入社エントリを書いてみましたが、いかがでしたか?
ネクイノへの転職はもちろん、これから転職を考える方にも、何かしら気づきやきっかけとなるような記事になれば幸いです。

そんなネクイノでは、複数の求人を公開しています。もしご興味をお持ちいただいた方はぜひ以下からご確認をお願いいたします。



また、Wantedly/note等でも引き続き記事をアップしますので、フォローやいいねもお願いいたします!
ガッツリ宣伝、失礼いたしました!笑

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

株式会社ネクイノでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング