1
/
5

なぜやるのか

段階の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年以降も、県民誰もが住み慣れた地域で療養生活を行えるような体制を構築するため

どうやっているのか

意見の言いやすい職場環境作り、施策立案・組織活性化に向けた取組・連携を推進しています。