This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

Member Interview 「趣味が仕事に!」ロケーション解析をより身近なものへ

ナイトレイの主力サービス「inbound insight」の生みの親とも言える金城さん。ナイトレイにジョインしたきっかけと「inbound insight」の誕生秘話、これからのビジョンに迫りました。

新規サービスを作りたくてナイトレイへ

新卒で入った会社はSIerで二年間ほど在籍して、プログラマーからSE、プロジェクトマネージャーとしてサービスの実装と設計の工程を経験しました。最初はプログラミングが出来るようになっていって楽しかったんですが、徐々に設計側に移ってしまいプログラミングができなくなっていったんです。そこで「もっと自由な環境で新規サービスを作りたい」と考えたのが転職のきっかけでした。

趣味から初めたロケーション解析

転職をする前から趣味でSNSの位置情報データを解析して地図上にマッピングするツールを開発していたため、転職の際はそれをビジネスで活用できる会社を探しました。そこで見つけたのがナイトレイです。 ただ僕の入社当時のナイトレイは、ロケーション解析技術を用いたデータ提供事業がメインだったので、新規サービスの開発については追い追いできればいいかと考えていました。

やりたい事が自由にできる

僕のナイトレイ入社当時(2015年4月頃)、訪日外国人観光客が急激に増加。クライアントからも「訪日外国人の観光動向を知りたい」という要望をよく聞く様になっていたんです。 ・石川さん(社長)が社員の「やりたいこと」を非常に重視していること ・訪日外国人の観光動向解析のニーズがあったこと から社長と話し合って「inbound insight」の開発を始めさせてもらう事になりました。

そこからはとてもスピーディーに進んでいき、開発開始から約2か月で「inbound insight」がリリース。日経新聞など各種メディアにも掲載され、現在4300社(2月現在)が登録するサービスにまで成長しています。 これだけ見ると、結構順調だった様に見えますが、苦労はもちろんありました。 SNSデータを使うSNS解析プランは以前から趣味でやっていたこともあって可視化方法についてはある程度イメージがあったのですが、ドコモや経済産業省などの統計的なデータを使った新プランの開発には非常に苦労しました。 まず、普段使っているデータと性質が全然違うため、慣れていなかったのもありますね。あと、UIに関してもデータをよりわかりやすく可視化するのに試行錯誤しました。とても苦労した分、クライアントのニーズごとに選べるほど、プランの数が充実してきているので、続けてきてよかったと感じています。

ロケーション解析をより身近に

今後は、訪日外国人のロケーション解析だけでなく、車の移動ログや商業施設の周遊データなど、幅広い分野のロケーション解析にチャレンジしていきたいですね。最近では、アプリの移動ログを活用した位置情報ビジネスが急激に増加していて、様々な位置情報関連データの解析が求められるようになっているかと思います。ロケーション解析は複雑な側面はありますが魅力ある分野だと思っているからこそ、今までナイトレイはやってきたし、業界をリードする企業としてチャレンジしていく使命も感じていますね。

▼ナイトレイではインフラエンジニアとして一緒に会社を成長させてくれる仲間を募集しています!一緒に働きたいと思った方はこちらから!

株式会社ナイトレイでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
52708394 f908 42fb a945 7f5eb670ab1d
E75bb3ee 0953 4e51 81a0 eb21c750977b?1505784000
Anonymous
36106872 3893 4a56 afd0 e4ecc3b6ff31?1502458111
Cc1942d2 6ae9 4342 9a03 2ccbd0547c75?1502799752
10 いいね!
Anonymous
52708394 f908 42fb a945 7f5eb670ab1d
E75bb3ee 0953 4e51 81a0 eb21c750977b?1505784000
Anonymous
36106872 3893 4a56 afd0 e4ecc3b6ff31?1502458111
Cc1942d2 6ae9 4342 9a03 2ccbd0547c75?1502799752
10 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon