【マーケティング_kawai】~多くの人の心を動かすきっかけを作りたい~

■kawai

関西大学社会学部卒業。新卒として化学樹脂メーカーに入社。製造工場での生産管理および既存顧客に対する提案営業に従事。2019年株式会社NinNinにマーケティングとして入社。

■NinNinに入社したきっかけ、決め手は?

TabiTabiというサービスに将来性を感じたことです。 これからやってくる時代を見据えたIT×旅行というビジョンに共感し、自分がそのサービスの拡大の一翼になれると思うととてもワクワクしました。 当初はサービスに関心があるというだけで面接を受けましたが、TabiTabiのマーケティング部門にはまだ社員がおらず、未経験でも学習と経験を積みながら主体的に企画運用に関わることができるという話を聞き、そんな貴重な環境はここしかないかもしれない!と思い入社を決めました。

■入社後に感じたNinNinならではの面白さはありますか?

NinNinは日本全国から海外旅行好きが続々と集まるユニークな環境で、本社には世界一周経験者が何人もいます。さらに海外在住リモートワーカーも多く所属していて、他では聞けない興味深い話をたくさん聞くことができます。また急成長中のNinNinでは毎月新しいメンバーが入社し、いつもフレッシュな気持ちでいられます。


■マーケティングの仕事内容は?

マーケティングの仕事はひとことで言うと、TabiTabiをみんなに知ってもらえる仕組みづくりをすることです。 広告やPRイベントを通してひとりでも多くの人にTabiTabiを使ってもらえるよう、企画から運用まで行なっています。 マーケティングはサービスのブランディングやコンセプトづくりからはじまります。サービスをどう変えるかが仕事ではなく、今のサービスを誰にどう知ってもらうかが重要で、常に市場動向に関心を持ち、分析や検証データを読み解きながら日々いくつもの仮説を立てPDCAを回しています。

■仕事のやりがいや面白さとは?

多くの人の心を動かすきっかけになれることにマーケティングのやりがいを感じます。 例えばマーケティングの大きな仕事の1つである「広告運用」は、たくさんの時間をかけて試行錯誤してようやく人の目に触れるものです。その結果が数字に現れたり「広告でTabiTabiを知った」という声を聞くと、自分の業務でTabiTabiを知ってくれる人が増えたんだと実感することができます。 一方でどんなに良いサービスを持っていてもマーケティングが良くなければ誰にも使ってもらえません。常にその責任感と緊張感に追われるマーケティングは、他の職種とは少し違ったやりがいが感じられるのではないかと思います。


■この先NinNinでやってみたい事は?

マーケティング体制を急ぎ確立して、旅行業界でのマーケットシェアにどんどん食らいついていくことです。 TabiTabiはそれができるサービスを持っているのに、マーケティング体制がまだまだ整っていないのが現状です。 TabiTabiでは常に新しいことを考えていて、昨日「あれをやってみたい」と言ったことは今日には形にしなければならないスピード感で動いています。 そのスピードにつまずかずに追いつきながら、大手企業に太刀打ちできるようなマーケティング運営体制を築いていきたいと思っています!

株式会社NinNin's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings