Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

全員みる(25)

なにをやっているのか

日産自動車は、その社名が示す通りクルマを作っている会社です。でも、私たちはここで「未来を作ろう」と思って集まりました。

集まったメンバーは様々で、免許は持っているものの、無事故無違反無乗車でゴールドになったようなメンバーもいれば、若くしてすでに何台もクルマを乗り継いでいるメンバーもいます。ただし、全体としてはクルマを持っている人の方が少数派。たまに開発用のクルマを運転するときも、おっかなびっくりといった様子です。
ではそんな人たちがなぜ日産自動車に集まって来たのか。それは「まだ世の中に無いものが作れそうだから」。つまり、未来を作れる。それが、私たちがここにいる理由です。

▼ ルノー・日産・三菱アライアンスとは?

私たちが所属するコネクティドサービス本部はルノー・日産・三菱アライアンス直下の組織です。

日産自動車とフランスのルノーは、1999年にパートナーシップ関係を結び、以降、資本提携はもちろん、開発・購買の共同化や、人材のグローバル化を進めてきました。また、アライアンスに三菱自動車も加わり、その効果は年々高まっています。2017年にはアライアンス全体の自動車の販売台数は世界1位となりました。特に、電気自動車や自動運転の領域では世界的なプレゼンスも大きく、約180カ国にマーケットを持っています。
そのルノー・日産・三菱アライアンス直下に、コネクティドカーと次世代モビリティサービスの開発を加速化させるべく創設された新組織が、コネクティドサービス本部です。この新組織では、最先端のWebテクノロジーと世界中のルノー・日産・三菱のクルマを通じて、世界中の人々のモビリティサービスの体験に新しい価値を提供できるような、サービスやアプリケーションの開発に取り組んでいます。

▼ コネクティドカーとは、モビリティサービスとは?

コネクティドカーとは、クルマがネットワークとつながる(コネクティド)ことを意味します。安全性の向上や自動運転の実現などクルマ自体の進化に加えて、クラウドとその先にいるエンドユーザーや様々な異業種のプレイヤーとつながることでクルマの可能性が広がります。
ただし、このコネクティドカーのもたらす「つながること」はあくまで手段であり、一番大切なのは、つながった先に何ができるかということ。その「何ができるか」という部分における体験の構築や、更に自動運転・電気自動車を組み合わせて生み出すモビリティサービスの提供がこの組織のミッションです。

なぜやるのか

▼ ソフトウエアの力が世界を変える

さて、みなさんは、新しいクルマの開発にどれくらいの期間がかかるかご存知でしょうか? 一般的に、新しいクルマを作る場合、企画から工場で生産が開始されるまで短くて2年、長ければ5年以上の時間がかかります。
これを聞いて、皆さんはどう思いますか? Wantedlyを見ている皆さんにとっては途方もない年月に感じるのではないかと思います。

IT業界の時間の流れに比べると自動車業界の時間の流れはとてつもなく遅く感じます。私たちの多くは自動車業界以外からやってきました。Web、ゲーム、SI、ECなどの業界からきた私たちは、普段から1〜2週間で動くプロトタイプを作り、それを実際に使ってみて、ブラッシュアップしてサービスを作っていくということをやってきました。
また、基本的に「作ったものを売る」というクルマのビジネスモデルと違って、サービスは「リリースした瞬間がスタート地点」です。ユーザの行動を解析し、よりよいユーザ体験を提供するために絶えずソフトウェアを更新していきます。

新しいクルマを作るのに何年もの時間をかける自動車会社が、新しい組織を作り、私たちのようなIT系の人材を採用し、ソフトウェアを内製する意味はここにあると考えています。
日産には「クルマというハードを作れる」という他には無い圧倒的強みがあります。しかし、クルマと同じ方法論でソフトを作っていたらいつまでも数年時代から遅れたものしか作り出せません。ハードとソフトは車輪の両輪で、良いハードと良いソフトがあって始めて、最高のユーザ体験が生まれると信じています。
IT業界のスピード感、方法論でソフトウェアを作り、常に最高のユーザ体験を生み出す。それが日産でソフトウェアを内製する意義だと考えています。

どうやっているのか

▼ 現場はいまだ創世記。暗中模索中。

現在集まったメンバーは様々なITやWebの会社の出身で、みなそれぞれ多くのチームで仕事を経験してきました。しかし、現在一緒に働いているチームは今まで働いてきたどのチームにも負けない、最高のチームだと私たちは自負しています。iOS、Android、Backend、どのエンジニアもパワフルで、個性的で、仕事に真摯です。強い、いいチームであると思います。

しかし、私たちは日産においては新参者です。突然現れた海のものとも山のものとも知らない連中に「アジャイルでリーンでござる」と言われても、受け入れられるとは限りません。
ソフトウェアはアジャイルに作れるかもしれないけれども、人の命を預かる「クルマ」というハードはそうは行きません。新しい組織で、新しいソフトウェアを作るとは言っても、すでに動いているシステムがあったりもします。
日産は大きな会社で、いろいろな部署があります。私たちはまだ実績がありません。アジャイルに懐疑的な見方も多くあります。それでも、会社からの大きな期待を感じながら日々仕事をしています。

私たちは今、私たちの最初のプロダクトを世に出すために、頑張っています。この巨大な組織で、どうやってサービスをリリースしていけばよいのか。社内に仲間を探し、助けてもらいながら、今までのやり方を教えてもらいそれに倣ったり、逆に私たちのやり方を広めたりしながら、一歩一歩進んでいます。

IBMの復活を描いた「巨象も踊る」という本があります。日産も十分に巨象で、その象はまだ踊りだしてはいません。しかし、踊り出す準備は着々と進んでいます。巨象が軽快にタップを踏む日はそう遠くは無さそうです。

Page top icon