1
/
5

ワークライフバランスを考えつつ仕事に全力投球【EC事業部 社員紹介】

こんにちは。株式会社日昇 広報担当のカキウチです。前記事「WEBを通じて商品を「売る」ということ」では、【販売促進・WEBデザイングループ】2名の仕事のやりがい・楽しいこと・大変なことなどを聞いてみました。引き続き今回は「中途採用の2人が日昇に入社した経緯」「日昇ってどんな会社?」について対話してもらいました。

販売促進・WEBデザイングループとは

販売促進・WEBデザイングループのミッションは「商品の良さを引き出した撮影画像と文章で、販売につなげていくこと」。照明・家具・雑貨商材の撮影と商品ページ制作により、EC事業の売上を伸ばすべく奮闘しています。
販売促進・WEBデザイングループが企画・選定・ページ制作した商品は、運営店舗であるライト照明の専門店Beaubelleインテリア北欧雑貨店kakkoなどで販売されています。

メンバー紹介

ミツダ(画像左)…当社主力商品である照明と家具の商品ページ制作を担当している。制作グループのリーダーとして後輩への指導も行う。3児の母。短時間社員制度を活用しながら仕事とプライベートに全力投球。

キヤマ(画像右)…新卒一期生として2018年4月に入社。主に雑貨ジャンルを担当し、今まで未経験だった商品撮影を特訓中。日々活躍の場を増やしている。

子育て世代でも働きやすい職場

ミツダさんはどういう経緯で日昇に入社したんですか?

(ミツダ)
私はクリエイティブな仕事に興味があり、映像業界で働きたかったんです。上京して専門学校に通い、卒業後はアルバイトで業界に入りました。それだけでは食べていけないのでアルバイトを掛け持ちしていたんです。

そしたら次第に掛け持ち先の仕事の方が面白くなってきて。CDショップなど店舗のディスプレイの委託を受ける仕事でした。その会社でがんばるうちに正社員登用してもらえたんです。

数年働いた後、結婚を機にパートナーのふるさとである愛媛への移住を決意しました。

愛媛では、子どもが小さい頃はアルバイトでチラシのデザインをやっていたんですが、正社員でバリバリ働きたくて。そこで出会ったのが日昇です。デザイン系のスキルを活かすことができ、今に至ります!

おおー!日昇をよくぞ見つけてくれました!って感じです!
ミツダさんが入社した5年前と比べて会社が変わったなと思うところはどこですか?

(ミツダ)
5年前からは想像できないくらい変わってますよね。社員が増えたこと、そして、会社が大きくなっていく過程で制度や福利厚生がしっかりしてきました。まさに今、私が入社した頃にはなかった「短時間社員制度」を活用中ですし!

そうですよね。今どんな感じで仕事をしているか、説明してもらえますか?

(ミツダ)
はい。私は2年前に3人目の子を出産し、産休・育休制度を約9ヶ月利用した後に復職しました。そして「短時間社員制度」を活用しています。現在、他の社員よりも1時間早く帰社しており、残業はありません。子供の幼稚園・保育園のお迎えの時間に間に合うので助かっています。たった1時間の短縮と思うかもしれませんが、夕食の支度・お風呂の時間など、細かいところでちょっとした余裕がありがたいです。

ミーティングの時間を私のために調整してもらったり、限られた時間の中で仕事を終わらせないといけなかったり、確かに大変なことはあります。しかし、一緒に働く仲間も、私の事情に配慮して臨機応変に対応してくれていて感謝、感謝です。

日昇は子育て世代が多いから、他の会社と比べてミツダさんの状況が受け入れられやすいのかもしれませんね。男性・女性関係なく、理解が進んでいると思います。

(ミツダ)
そうは言っても最初の頃はチームのメンバーに必要以上に気を遣ってしまって、疎外感を持つことはありました。だんだん折り合いがつけられるようになってきましたけどね。最近もう1人、産休・育休明けで復帰したメンバーがいるので心強いです。少しずつこういう事例が増えていくことで、会社の風土が変わっていくんでしょうね。

(キヤマ)
結婚・出産を経て仕事を続けている先輩方が会社にいることは、私や他の後輩社員にとっても心強いです。私もできるだけ長く日昇で働きたいと思っているので、将来のことを考えるときの具体的なビジョンになります。
今後、相談することがあるかもしれないので、そのときはよろしくおねがいします、笑。

愛媛で「好きなもの」に関わって働ける職場

次に、キヤマさんは新卒一期生として入社しましたが、就職活動はどんな感じでした?

(キヤマ)
日昇が目に止まったきっかけは単純に「雑貨」が好き、「SNS」・「写真」が好き、「ネットショッピング」が好きということからでした。企業説明会に参加してみてEC事業の奥深さを知り、自分も関わってみたいと思えました。

「インテリアの分野に仕事として携わるには都会でないと。」という先入観があったのですが、愛媛県の伊予市でもできるんだ、と気づきました。それでぜひチャレンジしてみたいと思ったんです。

私の友人は金融系の企業を受ける人が多くて。私だけ周囲と違う職種の就職活動をしていたので、ちょっと孤独でした、笑。そこで周りに流されずに動くことができ日昇と出会えたので、後悔しない就職活動ができたと思っています。

未知の分野に飛び込むことには勇気がいりませんでしたか?

(キヤマ)
不安はありましたが、面接では熱意を伝えるしかないだろうと思って。

華やかな業務ばかりでないことは、説明会や面接で会社の話を詳しく伺ってきたので覚悟していました。むしろ、撮影前の下準備やルーチン作業など、地道にコツコツやらないといけない仕事の方がウェイトを締めていると思います。

また少数精鋭で作業に当たるため、新入社員でも裁量が大きくプレッシャーを感じることがあります。

先輩たちのフォローと、好きなものに関われる喜びがあるから、仕事が大変でもがんばれています。

日昇で採用担当をしていると、「インテリアが好きだから」という理由での応募はよくあります。でも「好き」だけじゃやっていけないですよね。

(ミツダ)
必要なのは「スキル」と「やり抜く力」かなと思っています。キヤマさんを始め新卒社員はモチベーションが高くて、いい意味で真面目。周りの人にもいい影響を与えてくれていますよね。

デザインや撮影などの「スキル」をこれから身につけられれば、1年後、2年後の活躍がとっても楽しみです。

(キヤマ)
そう言っていただけると更にがんばれます!

(ミツダ)
そうそう。さっきの質問。「5年前から会社が変わったこと」の1つに採用と教育面があるかも。カキウチさんが専任してくれることで、若手社員の育成に力を入れられています。

キヤマさんのように社歴がまだ浅い社員が早く即戦力になってくれるよう、現場の私たちからもしっかり教えて、バトンを渡していきたいなって思いますよ。

私としては、特に教育の部分は取り組むべき課題が山積みだと思っています。
まだまだ個人の力量に頼っていて、会社としての仕組み化ができてないなって。
少しずつ改善しているので、長い目で見ていただきたいです。

(キヤマ)
個人的には自分が教える立場に早く回らないと、という思いです。
自分が苦労した部分は改善して、私の後輩には楽させてあげたいなって。

お二人ともありがとうございます!みんなで少しずつ会社をよくしていきましょう!

【2019.1追記】業務効率化のため組織変更を行い、2018年12月にメンバーと役割分担を一部変更しました。取材時と現在では事実に相違が出てくるため、現状に即した内容に記事を改変しました。

株式会社日昇's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more