Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

全員みる(9)

なにをやっているのか

ノハナは、スマートフォンにたまった写真を簡単にフォトブックにでき、毎月1冊、無料(送料別)で注文することのできるサービスです。
 子どもが産まれてたくさん写真を撮るものの、なかなかプリントする時間が取れないというパパやママを中心に支持されており、登録者は125万人を超えています。
 また、「人生が変わる1分間の深イイ話」「ワールドビジネスサテライト」といった数々のTV番組に取り上げていただく等、メディアの反応も好調です。今後は、フォトブックのみに留まらず、家族の課題解決につながる新事業を様々に展開することで、日本の子育て世代にとって唯一無二の存在となりたいと考えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------
家族の思い出の「創出・保存・共有」を支援するビジネスを展開!
-------------------------------------------------------------------------------------------
■ノハナ(nohana):毎月1冊無料でフォトブックがもらえるアプリ
 子育て層を中心にユーザーの熱い支持を受け、サービス開始から3年弱で既に会員数は125万人に
■ノハナ年賀状: 家族写真で新年のご挨拶を。スマホで簡単に年賀状が作れるアプリ
■ノハナコ: 子どもの「あそびまなび」に役立つ、おでかけスポット&知育・食育の情報サイト
■ノハナマーケット: ショッピングサービスサイト

なぜやるのか

ノハナのミッションは、「1組でも多くの家族に笑顔を届ける」です。
現代の家族のコミュニケーションは、核家族化や共働きの増加などにより減少の一途にあります。また家族間で利用するコミュニケーションツールはここ数十年大きな進化は見られず、未だにメールや電話が中心です。このような現状を、コミュニケーションサービスを生み出し続けてきたミクシィのノウハウを活用して解決できないか? そんな問いかけからノハナプロジェクトはスタートし、現在に至ります。私たちはサービスを通じて、例えば1歳の男の子と90歳のひいお婆ちゃんが一緒に笑い合ってくれるような機会を増やしたいと考えています。1組でも多く、1日でも長く使っていただくことで、幸せな家族を増やし、最終的には日本の少子高齢化を解決する一助になりたいと考えています。

どうやっているのか

■エンジニア/デザイナーを中心としたプロフェッショナル集団です。

約20名の社員のうち、70%以上がエンジニア/デザイナーです。プロジェクトはなるべく小さい単位に区切り、全員が当事者意識を持ちながら業務にあたっています。

また、最新の開発手法やマーケティング手法を積極的に活用しており、開発したライブラリはOSSとして積極的に公開しています。
※詳細は下記を参照ください。
https://github.com/nohana

最新技術のキャッチアップや社外交流を目的として、勉強会の参加費用の負担を受けることができます。国内はもちろんのこと、この制度を利用して「Service Design Global Conference2014」「Agile2015」など海外のカンファレンスに参加した社員もおります。

■フラットで働きやすい組織です
毎朝のひとことコーナー(社員の持ち回り)、週1回のシャッフルランチ、定期的な目標達成会、クリスマス会・お花見など、社員同士のコミュニケーションも盛んです。家族向けサービスということもあり、女性比率が高く、お子さんをお持ちの社員も多数活躍中です。なお社員の有休消化状況や残業状況等については下記で公開しています。
https://github.com/nohana/Stats

■ユーザーと一緒にサービスを開発しています
私たちは、ユーザーをお客様(=消費者)ではなく、一緒にミッションを実現していただける友人・同志だと考え接しています。このため、定期的にユーザーを会社に招き、サービスに関する改善点についてインタビューし、施策に取り込んでいます。また時には一緒にお茶を飲みながら、カジュアルに子育ての悩みについて語り合うことで、次の事業のアイデアにつなげようという試みも行っています。

▼ノハナノハナシ 
http://blog.nohana.co.jp/

Page top icon