【Working Style-前半】「コーチングとカスタマーサポートは天職」というNoomilyに魅力を聞きました✨

みなさま、こんにちは!採用チームのTomoyoです。
今回は栄養学や行動学のバックグラウンドをもち、セカンドキャリアでNoomにジョインしたAkemi(仮)さんの紹介です。現在彼女は、ライフスタイルコーチ・カスタマーサポート・研修担当として幅広いシーンで大活躍!様々な課題に直面しながらも、自分らしく前向きな姿が印象的な彼女のインタビューを前半&後半に分けてお届けします。


ー自己紹介をお願いします。

好きなことは、旅行。ヨーロッパを中心にひとり旅をするバックパッカーでした。
ひとり旅も好きですが、最近は二人旅も好きになりつつあります。

この4年間、ヨガを続けていて、メンタル含め体調管理をヨガで行っていると言っても過言ではありません。第一印象はよく世渡り上手だったり、器用そうに見えるようですが、ザ不器用です。失敗をしてばかりの人生ですが、失敗したり、落ち込んでも、どこかで絶対起き上がる!のがこれまでの私の人生。


ー現在のNoomでの業務内容と働き方を教えてください。

業務内容は、コーチング、カスタマーサポート、バックオフィスのことが中心です。

具体的には、コーチングでは、毎日ユーザーさんとやりとりをして、その方の目標に向かって一緒に計画を立てて、時にはユーザーさんの職場や家庭でのストレスについてチャット形式でお話しします。

大学と大学院で学んだ行動学と栄養学も活かしながら、あくまでもユーザーさん個人個人にあった無理のないやり方を考えて一緒に歩んでいくことを心がけています

カスタマーサポートは、主にお客様からのメールでの問い合わせに一件一件コツコツと対応、返信をしていきます。個人のお客様と会社をつなぐの窓口なので、いろんなご意見をいただくことがあります。難しい案件が来た時は、カスタマーサポートチームの垣根を超えて、コーチングのチームとも一緒になって考えて対応するような業務です。また、アメリカ本社や韓国チームのエンジニアやスタッフとのミーティングを行って、日々の課題解決に努めています。


ーNoomにジョインする前のエピソードを教えてください。

前職では、シンクタンクで論文を書いたり、イベントマネジングをいました。ノーベル賞授賞式に招待されるような、超ハイレベルな人と一緒にお仕事をさせていただいて充実していました。ただ、身内の不幸や家族が体調不良になったのをきっかけに、それまでできていた毎日の生活が簡単にできなくなって、週5でオフィス勤務がかなり難しくなっていっていました。


ーではNoomにはどのようなきっかけで入られたのですか?

きっかけはもっと個人レベルで誰かの役に立ちたいという思いが前職で強くなっていたからです。何かを良くする(現場を良くする)には、現場ではなく、政策レベルで変えていかないと変わらない、というお仕事でした。目の前の人にサービスを提供したり、手助けして、「ありがとう」と言われることがすごく好きな私には、少し不向きであったとも思います。

そんな中、今まで学んできた栄養学の知識も提供しながら直接ユーザーさんにチャット形式でお声掛けをして、お役に立てるお仕事がすごく魅力的に思えました。また、家族の体調不良をきっかけに、少し家でもできるような仕事を探していたのも事実です。週5勤務のフルタイムですが、週1回はリモート作業にさせてもらって、通勤時間の往復約2時間の間に実家ですべきことができて、とても助かっています。

Akemiさんありがとうございました!次回は、仕事への想いや将来の展望に迫りたいと思います。

そして、最後になりましたが、本年中は誠にありがとうございました。2019年もNoomをどうぞよろしくお願いいたします。それでは、みなさま良いお年をお迎えください。(食べ過ぎに注意しなきゃ・・・笑)

※こちらの情報は[2018/12/28]時点の情報となります。

Noom Inc's job postings
【Working Style-前半】「コーチングとカスタマーサポートは天職」というNoomilyに魅力を聞きました✨
Tomoyo Fontaine
Noom Inc / 人事・採用チーム
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more