What we do

AKASHI(ソニーのクラウド勤怠サービス)
ドライアイリズム(眼科診断アプリ)

オハコは、「ヒト・モノ・コトをつなぐ、最良の接点をつくる」をビジョンに掲げるデザイン&テックカンパニーです。 私たちは事業を通して、「すべてのデジタルプロダクトにデザインされた体験価値をインストールしたい」と考え、様々なデジタルプロダクトの具現化に携わってきました。 私たちのメイン事業はエクスペリエンスデザイン事業です。顧客のサービス課題の理解・分析から入り、最適なチームとプロセスをビルドし、ユーザーインサイトのリサーチを通してコンセプトを策定した上で、デザインとテクノロジーの力によってデジタルプロダクトに体験を吹き込んでいきます。 また、2018年2月からは、「プロダクトマネージャの偉大なアイデアを可視化する」をコンセプトに、プロダクトマネジメントツール「Proris」( https://proris.team )をインハウスプロダクトとして開発しています。

Why we do

今やデジタルプロダクトは、日々の生活の上で欠かせないものになりました。 システム(仕組み)としてのアプリケーションは当たり前になりましたが、それが使う人中心に設計されているかというと、そうではないものが多かったりします。まだまだ人がシステムに合わせています。 現在こそ、スタートアップにおいてはUXやUIは浸透していますが、それでも広く見渡してみると、まだまだユーザー体験が伴っているデジタルプロダクトは少ないのが現状です。 すべてのデジタルプロダクトにユーザー体験をインストールする。 それがオハコの存在意義であり、そのために我々自身が最良の接点として、ビジネスとユーザーの橋渡しになることを使命に掲げています。

How we do

ビジネスサイトとデザイナー、エンジニアでチームを組み、密なコミュニケーションと活発な議論を何よりも重視しています。 チーム一丸となって顧客サービスの課題分析〜ユーザーリサーチ、コンセプト策定を担当し、プロダクトの具現化や改善を手掛けていきます。 それぞれの専門を持ちつつも、自分の専門以外にもアイデア出しやレビューなどに関わり様々な視点から、顧客のサービスに体験価値を吹き込むべく取り組んでいます。 また、開発手法としてスクラムをベースにアジャイルな開発を回しながら日々プラクティスを模索しています。 <以下の記事もご覧ください> 【CEOインタビュー】前編:組織作りを通して、見えてきた未来 https://www.wantedly.com/companies/ohako-inc2/post_articles/71472 【CEOインタビュー】後編:今後の展望と、求める人材 https://www.wantedly.com/companies/ohako-inc2/post_articles/71640 【インタビュー】デザインディレクターが語るオハコのコーポレートブランディング https://www.wantedly.com/companies/ohako-inc2/post_articles/68522

Page top icon