Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

成長する機会って、こういうことかって気付いた。

話し手紹介

白石 夏輝   ・新卒2年目 ・入社以来2年間、ECサイトOisix.comの利用者増加に従事。 ・2016年4月から、新卒2年目では異例で、10人を超える部下を持つマネージャーに昇格。   大学4年生の時にオイシックス3days短期インターンに参加し、そこで、就活の中で初めて「この人は凄い!」と思える人に出会う。ここなら企業の看板ではなく、個人としてやっていける力を身に付けることができる環境だと感じ、オイシックスに入社。   実績: 長期インターン時代にインターンMVP獲得。 新卒1年目で新人賞獲得。

早速ですが、成長する機会って何ですか?

多くの学生も言っていることとは思いますが、裁量権はとても大切です。僕自身、就活前は「いかに成長できるか」が"裁量権の大きさ"によるものだと思って、ベンチャー企業、外資系企業を見ていました。実際社会人になってからも思いますが、いかに大きい仕事に、いかに責任を持って取り組めるかということが、大切だと思っていますね。   ですが、実際オイシックスに来て、成長のためには、それ以外にも重要なことがあるということに気づきました。

成長に必要なのは、裁量権だけじゃなかった

それは、"誰と働くか"ということです。 僕がオイシックスで働き始めて半年ほど経った時にこれを強く実感をしたエピソードがあります。   インターンとして働いて半年ほど経った時、同じ期間別の企業でインターンをしていた友達と、ワークショップで久しぶりに顔を合わせる機会があったんです。僕はそれまでひたすら仕事にのめりこんでいたので、その時に初めて、自分と人とを比較する機会を持ちました。そしてその時、同じ期間働いているはずなのに、その友達と自分でワークの成果物に大きな差があり、成長の差を感じたんです。   ただ、何でこんなに差が生まれるんだろう、と考えてみました。実際その人も同規模のベンチャーに行ったし、確かに裁量権もあったんですよ。ですが、ただ一つ決定的に違う点が見つかりました。それは、"誰と働いているか"ということでした。当時僕は、社会人経験豊富な執行役員のもとで仕事をやっていたのに対し、相手は、社会人1年目の新入社員のもとで仕事をやっていたんです。 (※ただし、単純にポジションや年数が重要というわけではありません。)   この違いがなぜ重要なのかというと、それは自分が出したものに対するインプットの質が圧倒的に違うからなんです。社会人1年目、分からないことだらけの状態で、裁量権だけを与えられても何もできるわけないじゃないですか。その時に、自分の出したアウトプットのクオリティがいくら低くても、すごく良いインプットをもらうことで、自分のアウトプットの質が一気に上がるんですよね。   もともと、就活前は「いかに成長できるか」が裁量権の大きさによるものだと思っていましたが、その経験を経て、与えられる仕事量と共に、誰と一緒に仕事をするのかということがすごく重要なんだと思いました。 

じゃあ、どんな人と働けばいいのですか

ここで僕のいう「誰」とは、「なぜ」を教えてくれる人のことです。   例えば、あなたがリンゴの広告を作れと言われ、「あまーいリンゴ売ってます」という広告を作ったとします。それに対して上司Aは「あまいじゃなく、シャキシャキを推した方がいいよ」上司Bは「あまいじゃなく、シャキシャキを推した方がいいよ、なぜなら競合企業も甘いリンゴを押し出している。売れるためには他とは違う価値、独自の価値を押し出していく必要があるんだ」と言ったとします。   次あなたが違う果物、例えばブドウを売れと言われた時、どちらが上手く売ることができるようになると思いますか?   つまり、優秀な人は、その場の解決策だけじゃなく背景にある物事の考え方を教えてくれるのです。そうであれば、あなたが次に別の仕事をすることになっても、その考え方は活かすことができます。もし逆に「なぜ」がないと、今のままではなぜダメなのかということが分からないので、次の機会の時にまた同じミスをするし、改善方法が分からないんです。   そして、多くの成功体験を積んでいて、物事の考え方を知っている人ほど、教えてくれる「なぜ」の量と質が高くなります。だからこそ先ほどのエピソードで、一緒に働く人によってそれだけの違いが生まれたのだと考えています。

成長する機会って、結局どういうことですか

長くなりましたが、ここでの話をまとめると、成長のためには裁量だけじゃなく、どんな人と働くかが重要であり、特に多くの「なぜ」を教えてくれる優秀な人と働くことが重要です。そして、オイシックスにはそのような優秀な人が多く、かつ近い距離で働くことができたから、自分が友達と会った時に圧倒的な成長の差を感じたんだと思っています。   ここに関して、一度オフィスに遊びに来ていただくとどんな社員がいるか肌で感じることができるので、興味を持たれた方は是非一度遊びに来てほしいですね。

オイシックスドット大地株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?1523125605
Anonymous
Picture?1523113464
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Anonymous
7 いいね!
Anonymous
Picture?1523125605
Anonymous
Picture?1523113464
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Anonymous
7 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon