「物が売れない時代」今買われているのは、安い物より、売り手のストーリー。

–––ものが売れない時代だ。

仕事柄、経営者にお会いする中でそうした嘆きの声をよく耳にします。

オンリーストーリーが提供しているサービスのひとつである、経営者の方への無料取材。


経営者の方にお会いし、お聞きした様々なお話を記事に落とし込むわけですが、経営者様と会えば会うほど、今の時代に物が売れないと嘆いているのが、僕の取材先企業様だけではないということが分かってきました。


では今の時代、世の中ではいったい何が売れているのでしょうか。

答えは、ストーリー。
商品棚に並んでいる商品の背景にある、売り手や作り手のストーリーです。

お客様は店に着いた時点で、何を買うのかを決めてしまっている。というのが
インターネットが普及した情報社会の現状です。
要するに、棚の陳列をどんなに工夫しても買い手の気持ちは動かしづらくなっているのです。

それでも似た商品がたくさんある中で、お客様からよく選ばれる商品というのは必ずありますよね。
その選ばれる商品こそがストーリーのある商品なんです。
「誰が、どんな気持ちで、どんな苦労の末に製品化までこぎつけたのか。」
そういったストーリーに共感するからこそ、人はその商品を買うのです。


僕たちは、商品に秘められた作り手のそんなストーリーを、多くの人に見てもらうお手伝いもしております。

オンリーストーリーの作るストーリーブック「OURSTORY」が、これからもたくさんの方のストーリーを広められるように、あなたも力を貸してくれませんか?



ものを売るために必要なのは、詳しい製品情報や大胆な値下げ作戦ではない。
https://note.mu/yamong/n/nb281482c9510?fbclid=IwAR1f30LGE-yD8mgKUZotn3QXG6BQreGnnuNIHoqUqcA1kSWZmxYlW0CqbrE

株式会社オンリーストーリー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more