1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【社内取材】コロナ禍に出会った入社直前21卒世代に聞いた、オンリーストーリーの第一印象。

今回は、4月に入社を控える21卒メンバーの一部にインタビューを行いました!

※noteで読みたい方はこちらから!!

新型コロナウイルスの影響を受けて大きな環境の変化の中で挑戦を続けてきた3人。

オンリーストーリーでの内定を獲得後、インターン期間を経た今、オンリーストーリーとの出会いや印象に残っている経験などを伺います。

メンバー紹介


木村(写真 右)
21卒・営業部

提案書、資料作成
そのほか営業チームのサポート業務
田畑(写真 中)
21卒・カスタマーサクセス部

担当企業への定期訪問
サービス運用・活用支援
森(写真 左)
21卒・カスタマーサクセス部

代理店・パートナーへの訪問

オンリーストーリーを知った経緯

木村:最初は新卒のエージェントの方にオンリーストーリーをすすめてもらいました。

そこから人事の責任者の方とお話しした時に、他の会社とは違いしっかり個人として向き合ってくれて、自分が本当にやりたいことが見えてきたということがきっかけで興味を持ちました。

田畑:僕は元々多少学歴コンプレックスがあって、これをどのように乗り越えていくかを新卒のエージェントの方と一緒に考えていました。

今までの人生を振り返ってみると、自分が活躍してきたシーンがあまりなく、社会人になるにあたりその自信がないセルフイメージを払拭したいと思いました。そこで「成長せざるを得ない環境」ということを就活軸に置いて会社を探すなかで、エージェントさんにオンリーストーリーを紹介していただきました。

森:僕はたまたま行った就活のイベントにオンリーストーリーが来ていて、そこで人事の方が「20代で社長と一緒に仕事が出来ます」と言っていて、それがかっこいいと思ったのがきっかけです。

オンリーストーリーの第一印象

田畑:僕はいい意味でガツガツした一面を持った会社だなと思いました。(笑)当時人事として対応いただいた同じ学生インターン生とお話しする機会があった時に経営者の方々と直接仕事ができるという業務内容の話を聞いたり、面談の際に弊社代表の平野が書いた「どうぶつの森より、ドラクエ派の人へ」という記事を勧められて読んだ時に、入社したら成長せざるをえない環境だと確信しました。

また、この会社に入社できたら自分のコンプレックスから抜け出せると思ってこの会社に行きたいと思いました。


森:僕は当時対応いただいた人事の方に選考進みますと伝えたら、時間作ってくれてロープレなど手伝ってくれて「なんでそこまでしてくれるのだろう」と思いながら、とてもいい会社だなと思った記憶があります。

あと入社の決め手になったのは、選考中のプレインターンの中で同じ大学生や新卒一年目の人たちが高いレベルで働いてるのをみて危機感を感じたときです。ここにいれば自分もなりたい自分に向かって成長ができる、と感じました。

入社の決め手

田畑:正直、選考中にお互いの相性を見定めるプレインターン期間の後、結構当時の自分にとっては厳しく感じるフィードバックをもらって、この会社に入って自分はやっていけるだろうかと思いましたね(笑)入ったら成長は間違いなくできるけど、その分最初は辛いこともあるだろうなあとも思いました。

でも、結局はここで踏み出さないといけないと思ったのとフィードバックの内容が心に届くもので今後の自分にとって必要だと感じられたこと、最後に会社にいる同年代くらいのメンバーの活躍が刺激的だったのが大きいです。

木村:私はプレインターン終わった後も不安で、人事の方にずっと相談していました。相談してもまだ不安が残っていた時に、人事の方が社長と食事の機会をセッティングしてくれて、本音で話せる時間を作ってくれました。

その時にこの会社が大好きだし理念も共感してるけど、ここで戦力になれるか不安ですという気持ちをぶつけたら、「そんなに好きならやるって決めて、その選択を肯定すればいいだけ」とすごく簡潔に言ってもらって、それが決断する大きな要因となりました。

森:僕は大学の部活動が強豪の体育会系環境だったので、先輩をみていても就職先に大手を選ぶ人が多い中で、その道もいいなと思っていました。でも当時色々と背景があり、一番考えていなかった部活を辞めるという選択肢を頭に入れたのが大きいです。

ただ、その選択を取れずにいた期間もありました。その時にオンリーストーリーに出会って、この機会を逃したらもう一歩踏み出せる機会はないと思い、部活をやめました。そのおかげでオンリーストーリーに入社するしかないと思えるようになりました。

入社してみて実際は…

森:僕たちの代はちょうど新型コロナウイルスの流行時期が重なりリモートワークが始まった直後だったので、いきなり何もわからない状況で在宅ワークからスタートした感じでした。イメージでは新人には仕事がある程度待っていても割り振られているものだと思っていましたが、在宅環境ではより一層新人かどうかは関係なく自ら周りに関わりに行ったり自分で仕事を取りにいかないといけない環境だったという点は予想外でした。

田畑:実際には、在宅だからそういう姿勢が必要だったというよりも出勤していても積極的な姿勢は必要で、それはベンチャーならではの特徴だなと今はわかります。十分な案内やサポートがないと、人によっては「はいっ」と背中を押されて崖から落とされるような感覚になるかもしれません。ただ、だからこそ成長できる機会があると思います。

僕は入社前に人事の方からそういうリアルな環境について聞いていたので、入ってみてのギャップはなかったです。

森:もう一つ言うと社長や取締役とこんなにフランクに喋れるんだと言うのがすごいギャップでした。

インターン3日目で社内オンライン交流会が開かれると聴いて、参加してみたら社長と取締役、顧問の方がいて…。いきなり役職者の人と話せるのが驚いて緊張もしましたが、みんな話しやすい方ばかりで安心しました(笑)

印象に残っている出来事・経験

田畑:僕は5月ぐらいに目標として掲げていた指標を達成した時は嬉しかったです。次の月で倍の指標を設定されてたのですが、それも達成できた時も本当に幸せでした!

木村:私は入社3日目ぐらいに新サービスのLP作ってみてと言われて、本当に裁量権があるんだなと思いました。その時はまだスキルも知識もほぼなかったので、かなり大変でした(笑)でもそれがあったおかげで、成長できるこの環境に慣れてきたのでありがたかったです。

森:実は僕と田畑は一度選考に落ちているんですが、それでもこの会社で働きたい想いがあったのでお互いに再度チャンスをもらったタイプでした。そのチャンスを活かせてオンリーストーリーにいるわけですが、スムーズに入社できた訳ではないからこそ今ある熱量も抱けていると感じます。

成長を促す社内の取り組み

田畑:コアになってる部分にクレドがあるから、価値観などが違ってもみんなの考えにズレがないように感じ、挑戦がしやすい環境があると感じています。

森:毎朝3分ほどクレドについてどういう認識をしてるのか、どうしたら体現できるのかを話し合っているんです。

木村:クレドなどの本当に大事なことは、代表や役員がいいタイミングで共有してくれるので、一人一人が落とし込めていると思います。理念に救われている部分があるので、インターンとして入社した当時よりももっと会社を好きになっていっていると思います。

森:クレドに沿って社長たちも自分たちの弱い部分などを開示してくれるので、自分達との距離が近く感じますし、自分たちにも出来ると思えます。

ロールモデル、尊敬する先輩

田畑:同じ事業部の山本さんです。フィードバックをくれるだけでなく、忙しい中でもスケジュール入れてくれればロープレ付き合うよといってくれて、その先輩の期待に絶対に応えたいと思います。

木村:私は入社を決めたきっかけにもなった人事責任者の小林さんです。

組織的な発言もできるし、一人一人の雰囲気を見て1on1を組んだりする配慮もしてくれて…など、すごい良い人であると同時に強さも感じて憧れています。

森:僕が尊敬してるのは、社内のいろんな場面で活躍されている山崎さんです。

最初に上司としてついてくれたのが山崎さんで、ビジネスのロジックなどひとつもわからない大学生だった僕に一から全て教えてくれたのはありがたかったです。さらに山崎さん自身は自分がどういう風に生きていきたいか、それを実現するために何をするべきか常に考えているのもかっこいいです。

求職者、候補者の方へ一言

田畑:この記事を読んで、共感してくれた人には確実におすすめできますね。一緒に楽しみながら働けると思います。

森:メンバー全員から、入社を決めた僕たちの選択を肯定しようと思ってくれているのが伝わるので、迷ってるなら一歩踏み出してみて欲しいなと思います。心強い先輩たちが待ってくれています。

木村:皆さんいろんなバックグラウンドをお持ちだと思いますが、どんな人でもオンリーストーリーは受け入れてくれると思います。ぜひ興味がありましたら来てみてください。


社長に直接質問ができるイベント

SaaSベンチャーって?社長に直接質問ができるスペシャルミートアップ!

募集内容

22新卒採用!船に乗る側でなく、船をつくる側になりたい人、Wanted!

会社概要

株式会社オンリーストーリーは、約3000社が登録する審査制・決裁者マッチングプラットフォームを運営しています。利用者はいつでも・どこでもクラウド上にある決裁者プラットフォームにアクセスし、経営課題の解決に繋がる出会いを入手できます。

*決裁者マッチング支援アプリ「ONLYSTORY」
 完全無料&オンライン完結!
 いつでもどこでも決裁者同士マッチング!

完全審査制決裁者マッチングアプリ|ONLY STORY | オンリーストーリー

*決裁者限定の商談マッチングサービス「チラCEO」
 年間マッチング10,000件以上!

BtoB企業専門の決裁者アポ獲得サービス〜チラCEO〜

株式会社オンリーストーリーでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう