かりんとうとエンジニアリングが好きすぎて休学しちゃった人に話聞いて来たよ

【連載企画】ookamiメンバーインタビューvol.3

こんにちは。

学生のみなさん、楽しい夏休みも佳境に差し掛かり、そろそろ秋学期と将来について考え始める頃ではないでしょうか?

そんなみなさんに、今日は弊社でエンジニアインターンとして働く、通称『ookamiの記事屋さん』酒井くんをご紹介します!

これを読んだら、あなたもエンジニアになりたくなっちゃうかも!?

では、酒井くんよろしくお願いします!


記事屋さん概略

いきなりですが、大学・大学院ではどんなことを学んでいたんでしょうか。

専攻は、経営工学・人間工学です。 人間とシステムとの関わりに興味を持っていたので、ユーザビリティヒューマンインタフェースを専門とする研究室に入りました。

一見、エンジニアリングとは関連があまりなさそうですが、なぜそこから、エンジニアになりたいと思ったのですか?

エンジニアは皆共通すると思いますが、僕も元々何か作る(ものづくり)ことが好きでした。 学校で何かの制作をするときは、無駄に時間をかけてたりしてましたね。 結構、細部までこだわるタイプで、全部自己満でやってました。

それと共通してか、小さい頃から料理も好きでした。大学4年間はビストロでのアルバイトに熱中しましたね。

ちなみに彼の料理に対する熱意は相当なもので、大学1年のはじめの頃、大学を辞めて調理師学校に行こうと思って実際に見学に行ったほどだったそうです。

何事も、仕組みを知って、それを自分の手で作り出すことに快感を感じるみたいです (笑)


大学4年の時に、授業でプログラミングを学ぶ機会があっ て、身の回りにあるシステムを作る方法を知ったことでその面白さに惹かれていきました。

それ以降、研究でKinectVRを扱った開発を行うかたわら、 先輩にコードレビューをしてもらいながらiOSでのライブラリやアプリ開発をしました。


休学という決断

その後、現在まで休学中ですが、なぜ思い切った決断をしてまで、インターンをしようと思ったのですか?

理由は3つありました。

  1. エンジニアリングを学びたい インターンの選考や就活で企業や他の学生に触れて、自分の持つ知識やスキルが低いことを認識しました。 スキルがないことが本質的な問題ではありませんが、作ることが好きということを体現できていなかったので、もっと実力を身に付けたいと思いました。
  2. 自分や企業を知りたい 自分がエンジニアとして企業とどう関わっていくかイメージがつかなかったので、インター ンでの経験が必要だと考えました。 自分のまわりにもインターンをやっている人がいましたが、視野が広く要領もいいんですよね。やはり企業で学べることは多いと感じました。
  3. 現状を変えたい 大学院での1年間を通して、憤りを感じることが多く、このまま同じような生活を繰り返す
    ことは成長につながらない、だったら思い切って環境を変えるべきだと思って休学することにしました。
なるほど、ものすごく考えた上での決断だったんですね。


ookamiとの出会い

数あるインターン募集企業の中から、ookamiを選んだのはなぜですか?

他にもいくつか見ていたんですけど、休学に対して疑念を抱く企業もあった中で、逆にそこを強みとして受け取ってくれたのがookamiでした。

それと、自分は UI/UX に興味があったので、アプリのデザインにもすごく力を入れていて、ユーザ体験にこだわっているところが魅力的に感じました。

僕もサッカーをやっていて、ookami のメンバーも皆何かしらのスポーツをやっていたので、そういった面でも入りやすかったですね。


現在

ookamiではどんなことをしているんですか?

現在は、SEO施策の一環で、速報記事自動生成プロジェクトを担当しています。

一部の試合(Jリーグ、Bリーグ)で、試合終了後に結果の速報記事を自動生成してWeb上に配信する、という仕事です。

(ookami では様々なスポーツの試合速報を運営しており、『Player!』アプリやWebで楽しむことができます! 気になった方はこちらから→https://web.playerapp.tokyo/live)

サーバサイドでは、Ruby on Railsで開発をしており、試合終了直後にその結果に沿った内容の記事が生成される仕組みを作っています。

一方フロントエンドでは、React.js を使って記事ページの作成を行なっており、分野に限らず開発に関わることができています。

このプロジェクトを通して、いろいろな技術的な課題にぶち当たりながら1つ1つ学んでいるといった感じですね。


インターン生が主導して1つのプロジェクトを進められるってなかなかない環境ですよね!
『成長環境』という言葉がどこよりもふさわしい会社です!


ookamiでの開発

サーバサイドでは(RSpecやCucumberを用いて)テスト駆動型で開発を進めています。

初めはテストコードを書いたことがなかったので書き方にも苦戦しましたが、仕様変更や機能追加が頻繁に行われる中で、他のコードに影響が出た場合にもすぐ気付くことができます!

テスト駆動開発(TDD)CIでのテスト自動化を導入しているおかげで、僕でも安心して開発が進められています。

社外エンジニアもプロジェクトに関わっていたり、ビジネスサイドの人も一部のファイルに変更を加えることがあるので、開発を円滑に進めるためにこういった仕組みが整っていることはとても重要です!


記事屋の誕生

ところでいつから、『記事屋』を名乗りだしたんですか?
6月のマンスリースクラム(月末の全社ミーティング)で、プロジェクトを始めてしばらく経ったので、次のTryとして「記事屋以外の称号を得る!」って言ったんですよ。

そしたらちょっとざわついて、誰もそんな称号あげてないって言われました。

そこからもっと認知してもらおうと頑張りました。

今では、記事屋って呼ばれる方が多いんじゃないですかね。

以前は社内で小さなバズりを起こしていましたが、最近はもう誰も呼んでいないことは本人はあまり気づいていないようなのでそっとしておきます


記事屋さんの今後の目標

では最後に、今後ookamiでどのように成長していきたいか、熱く語ってください!!

気軽にコミュニケーションが取れる環境にあるので、なるべくその環境を生かして周りにいる優秀なエンジニアたちからスキルを吸い上げたいですね。

開発を進めていく上で様々な問題に直面するわけですが、問題を解決する過程ででスムーズに意思決定につながらず停滞してしまうことが多々あります。

開発に限った話ではありませんが、何がより重要な問題なのかを見極めること、問題を解決可能な粒度まで分解することが重要だということを感じています。

この課題を克服していくことで、今後の取り組みがよりスムーズに進み、成長につながるはずだと思っています。

しっかりとookamiに爪痕を残したいです!


酒井くんありがとうございました!
開発について、ookamiについて、ボリュームたっぷりお話を聞くことができました!


次回予告

次回は米と肉しか食べられない、いつも野菜とにらめっこしている27歳エンジニア、KBTKさんにインタビューです!

お楽しみに!



これを読んで弊社エンジニアインターンに興味を持った方、なんとなく面白そうな会社だな、と思った方、

ぜひWantedlyからでも、Twitter、Facebookからでも弊社までご連絡ください!

お待ちしてます!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ookamiの日常はこちらからチェック (🐺Follow us🐺)

Twitter:https://twitter.com/ookami_info

Facebook:https://www.facebook.com/playerapp.tokyo/

Instagram: https://www.instagram.com/playerlive/

Blog:https://www.wantedly.com/companies/ookami

Player! Download: https://itunes.apple.com/jp/app/apple-store/id897872395?mt=8

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ookami, inc.'s job postings
Anonymous
29257893 1228445307290504 6960113465172164608 n
A7024406 dd98 4de4 817b 83ee4b92f5cf
150a8a56 c988 4f0a 91b7 906fdd0df1b9?1514712943
82f0cc33 1d34 42fe 9c28 5be1e5d38ed9?1509941186
904518a6 10a0 443f 9c73 be23f37bfd65?1533024498
10 Likes
Anonymous
29257893 1228445307290504 6960113465172164608 n
A7024406 dd98 4de4 817b 83ee4b92f5cf
150a8a56 c988 4f0a 91b7 906fdd0df1b9?1514712943
82f0cc33 1d34 42fe 9c28 5be1e5d38ed9?1509941186
904518a6 10a0 443f 9c73 be23f37bfd65?1533024498
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon