あの有名な女性向けアプリの中の人が、スタートアップに転職してみた話

【社員インタビューvol.5】

こんにちは。ookamiの小野寺です。

気づけばもう12月ですね。

12月といえばやっぱりクリスマス!

先日、とある社員の厚意で、

弊社オフィスにもクリスマスツリーが設置されました!パチパチ

(ほんとは周囲からたかられたという噂も)

これでみんなワクワクしながら仕事ができそうです!

さて、恒例のインタビューですが!

今日のお相手は今年の春に入社したookamiの偏食iOSエンジニア、

こばさんをご紹介します!

ライバルは野菜🥕🥒

早速ですが、こばさんは野菜嫌いで有名です。

私は、大人でここまで野菜を毛嫌いする人に初めて出会いました。

物心つく前からなぜか野菜を食べようとすると

吐き気がしてどうしても食べられなかったらしいです。

みんなでランチに行っても

いつも自分が頼んだメニューに乗っている野菜をみんなに配りまくっています。

肉と米があれば生きていけるそうです。

最近は、彼女が作ったほうれん草のおひたしなら

食べられるようになったと得意げに話してくれました。

今後もこばさんの野菜チャレンジを応援して行きたいと思います。

さあそれでは、インタビュースタートです🎤

群馬の(ド)田舎でバスケに勤しんだ少年時代

まずは自己紹介をお願いします!

群馬出身です。大学入学と同時に田舎を飛び出して埼玉にきました。

(埼玉が都会かどうかの議論はここでは割愛)

中学1年から大学4年までずっとバスケ漬けの生活でした。

バスケ以外に、何かをした記憶がないです。

高校の夏休みとかは、4日間くらいしか家に帰ることができませんでした。

高校の体育館に部活みんなで毎日泊まらされていました。

それと、0時間目という朝学習があって、毎日7時半から授業があったんです。

3年間無遅刻無欠席で皆勤達成ととてもストイックな高校生活でした。

大学でもバスケ部に所属してずっとバスケしてました。

あと、バイクにハマって友人と休みの日によくツーリングに行ってましたね。

バイト代は全てバイクのカスタムに(笑)

さすが群馬育ち、やることがイカツイです・・・

そんなこんなで大学を卒業して、

新卒で大手IT企業にエンジニアとして入社しました。

うさぎさんアプリからオオカミさんアプリへ

前職では、かの有名な女性向けのアプリ開発をしていましたが、

入社から数年して、新しいことをしたいと思い、転職活動を始めました。

転職活動の軸はなんだったのですか?

いちばん大切にしていたのは、

「プロダクトを作る過程を大切にしているか」

という点でした。

なぜそこにこだわっていたのですか?

僕はもともと新しいもの好きでした。

中学生くらいでiPod Touchが出た頃からずっと

いろんなアプリを使うのが好きなんですよね。

好きなものだからこそ、安易に課金をしたり広告を出したりせずに、

使ってくれてるユーザーと向き合って開発をすることが

大事だと思っていました。

たまたま開いた代表からのメッセージ

転職活動中に、Wantedly上で代表の尾形からメッセージが届き、

読んだ次の日に面接をして、すぐに入社を決意しました。

入社したいと思った要因はなんでしたか?

グッドデザイン賞を受賞するほどデザインにこだわっていたり、

リリース後数年が経過し、ユーザー数が増えているのに(正確な数字は内緒ですが🙇)、

未だに課金も広告もほとんど出さず

しっかり長期間プロダクトに向き合っている点です。

なるほど!まさにこばさんの「転職活動の軸」にぴったりだったんですね!
(※弊社はPlayer!というスポーツエンターテイメントアプリを開発するスタートアップです。)


ookamiに入ってみて

ookamiに入って一番よかったことは何ですか?

どんどん技術的な挑戦ができることです。

具体的には、

一つの機能に対して全ての工程に関わる事ができます。

今はアプリのPush通知周りの実装から検証までを担っているのですが、

技術の選定→実装→効果検証→改善という

PDCAサイクル全てに関わることができます。

新しい技術にチャレンジすることにもポジティブで、

プロダクトをよりよくしていくことに努力を惜しまない会社です。

ふつうの会社でエンジニアをしていると、実装することがゴールで

その後のプロセスには関われないことが多いと思うので、

自分で全部できるのは珍しいと思います。

いわゆる「裁量権のひろさ」でしょうか!

前職では、明確な作業区分があり自分の担当箇所のみを考えていればよかったですが、

今は全ての工程に関わることになるので、全体のマイルストーンを考えながらやる必要があります。

やりがいがあり面白いぶん、責務が大きくなり

「やってやるぞ」という気持ちが強くなりました。


ookamiにはどんな人が向いてる?

いつも書かれている通り、

本当に変な人が多いので、

楽しいことが好きな人にとっては

とても面白いと感じることができる会社だと思います。

あと、プロダクトのことを一番に考えられる人!

ついでにスポーツも好きだったらもう最高の環境です。

未来予想

3年後のookamiはどうなってると思いますか?

港区の高層ビルに移転してると思うなあ〜。

しかし弊社は「オフィスっぽくない」オフィスであることに強いこだわりを持っているので
(今は一軒家オフィスです🏠)
こばさんの希望的観測は当たるかどうか怪しいです

あと、その頃は30歳をすぎてるから(現在27歳)、

あまり手を動かすことはせずに、

「みんなの責任とるおじさん」になってたいなあ〜。

(※「みんなの責任とるおじさん」とは、大企業でよく見かける

「おじさんが全部責任取ってやるから何やってもいいぞ!」と言ってくれる、

仕事はしないけど気前は良い上司のことです)

この発言でみなさんお気づきかと思いますが、ookamiはほぼ20代の社員で構成されているので
30歳になるともう「ベテラン」です。

今後の目標

おじさんになるまでに、Player!を自分の手でもっと成長させたいです。

それと同時に、「責任とるおじさん」ポジションが生まれるくらいに

会社も大きくしたいです。


ありがとうございました!


次回はいよいよookamiの超人CTOふーみんさんが登場します!

創業秘話から筋肉話まで何でも聞けちゃうかも!?

お楽しみに!


ただいま弊社ではエンジニアインターンを絶賛大・大・大募集中です!

少しでも気になった方はページ下の募集をチェックして見てくださいませ!お待ちしております🐺

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社ookamiの日常はこちらからチェック (🐺Follow us🐺)

Twitter:https://twitter.com/ookami_info

Facebook:https://www.facebook.com/playerapp.tokyo/

Instagram: https://www.instagram.com/playerlive/

Blog:https://www.wantedly.com/companies/ookami

Player! Download: https://itunes.apple.com/jp/app/apple-store/id897872395?mt=8

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ookami, inc.'s job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings