1
/
5

26 才で業務基幹システムの再構築をリード!BPR 推進のエース・三重野将にインタビュー

皆さんは、 "BPR" という言葉をご存知でしょうか? BPR とは、ビジネス・プロセス・リエンジニアリングの略で、企業活動や業務の流れを分析・最適化することです。

株式会社オープンハウス・アーキテクト(以下、OHA )は圧倒的な成長率を誇るハウスメーカーです。その勢いをさらに伸ばすために、積極的にテクノロジーを導入推進して業務効率化を図っています。

今回、OHA の BPR 推進部の課長である三重野にインタビューし、入社の経緯や、担当プロジェクトについて伺いました!

夢を追いかけて、築いてきたキャリア。

まず、OHA 入社以前についてお聞かせください!

新卒で 2014 年に新日鉄住金ソリューションズ(株)(現:日鉄ソリューションズ(株))に入社しました。客先の企業に常駐し、日系オンライン旅行サイトの IT 企画として、サービスのグロース企画や新規のインバウンド事業など、複数のプロジェクトに携わりました。

そこから OHA に入社したきっかけとは?

学生の頃からゆくゆくは事業を立ち上げたいという夢をもっていましたが、まずは社会人としてのスキルを磨いてから挑戦したいと思っていました。IT の流れがきていたこともあり、その知識を身につけたいという思いで前職の会社で働いていました。仕事は充実していたのですが、派遣先で働く勤務体系では組織を横断して見ることができないことをなんとなく感じていました。将来的に事業を起こすためには、会社全体を俯瞰して見えるようにならなければ、と考えるようになりました。

いろいろな会社のことを調べていた時にオープンハウス・グループ(以下、OHG)に関心が向いて、募集を見つけたので応募してみることにしました。日高常務や鈴木部長と面接をさせていただいた際に、OHG にさらなる魅力を感じ、転職を決めました。

特にOHG や OHA に興味を持った部分はどこにありましたか?

ビジネスモデルですね。都心に特化した事業で、かつ自分たちのやるべきこと・戦略が明確になっていることに惹かれました。創業社長がビジョンをしっかり持っていて、それが下にもどんどん影響を与えて事業の成長に繋がっている、すごい会社だなと思いました。

実際に OHA に入ってみてどんなことを感じましたか?

OHA は熱い思いを持った人が多くいらっしゃる一方で、建築会社として職人気質というか業務に真摯に取り組む、真面目な方も多いバランスの取れた会社だと思いました。

社員それぞれ自分のミッションや業務へのこだわりの強さがあり、そういった方々と一緒に仕事をするのは気持ちがいいなと感じています。

通常 2 年はかかる業務基幹システムを約 1 年で再構築。

入社してから取り組んでいるプロジェクトについて教えてください。

2017 年 11 月に入社して、そこからは KIZUNA-X という社内の業務基幹システムの立ち上げに携わりました。1 年 1 ヵ月ほどかけて、プロジェクトを遂行してきました。

オープンハウス・アーキテクトの契約から受注まで全てを管理するシステムなので、2 年ほどかかる大プロジェクトと見積もられていました。でもまだまだアナログな管理が主流という深刻な状況だったので、多くの工夫を重ねて、約 1 年でローンチに漕ぎつけました。

その中でどのような苦労がありましたか?

これまでエクセルで発注・原価管理してきた背景もあり、仕組みとして縛られてきたものをどのように紐解いていくのか、そしてどのように社内の皆さんがストレスなく使っていくことができるか、頭を悩ませました。システムに慣れていない組織をシステムにどうフィットさせるか、試行錯誤していましたね。

そのとき思ったのは、「人は、”これをしたい”と言うのは難しいけど、”これをしたくない”は表現できる」ということです。ある程度画面やフローなど理想を形づくってぶつける、というのを意識していました。すると、ここはこうしたい・できない、という意見を引き出すことに繋がっていき、課題点をひとつひとつ解決しながら、形にすることができました。

他に同時進行で取り組んでいたプロジェクトもあったのでしょうか?

データ分析が僕のもう 1 つのメインの仕事で、各部署の人が分析しやすい環境を整えてきました。BI ツールの導入で数値を見える化もしました。最近、社内でデータを中心に会話する人が増えてきたことを見ると、とても嬉しいです。業界的にパッションの強い人が多いけれど、気持ちとファクトのバランスが大事だと思っています。

業務内容は幅広そうですね。どのような働き方を意識していますか?

作業する以外の時間はコミュニケーションが多いです。といってもミーティングはあまり入れずに社内の人に話を聞いてまわって、どんな課題があるかキャッチアップすることを日々意識的に行っています。そこで見つけた課題を解決するためにどうしたらいいかを考えて、ミーティングを組んだりしていますね。

仕事でのやりがいについて教えてください。

何かアクションを起こした際に、社内から反応をもらえるのは嬉しいです。特に、実行予算のシステムを抜本的に変えたのですが、業務フロー自体も変更したことで、その業務に携わっている人が報われるようになり、「三重野さんのおかげだよ」と感謝を受けました。

前職は元々数字でかえってくるという世界で、それはそれで会社の成長への貢献ができていたと思うのですが、その先で誰の何がよくなったから売上が上がったみたいなところは全然見えてこなくて、あまり実感が湧かなかったんですよね。今は、いわば社員がお客様なので、自分にそのフィードバックが直接かえってくるのが嬉しいです。

次なる挑戦は、OHA らしさを引き出すこと。

今後 OHA で取り組んでいきたいことはありますか?

今までシステム導入・構築といった部分を進めてきて、これから挑戦していきたいことはその上にあります。既存のものを活かしつつ、次は社内の人たちがより使いこなしていけるような、本質的に業務を改善するシステムを推進したいです。

あとは新しいテクノロジー導入にも部署として前向きに取り組んでいきたいですね。VR ・ IoTを含めた次世代技術は建築の多くの場面で活用できるので、他社より一足先に導入し、ブランド価値を高めたり、社内の眠っている価値を引き出したりして、OHA ってこんなこともしているんだねと、話題を生み出すことに取り組みたいです。

どういった人と一緒に働きたいですか?

大きく 2 つあります。1 つめは夢を持った人です。やっぱり、夢がないと何でも達成することができないと思っています。無理でもなんでもいいから、夢を設定して、そこに向かって逆算して動ける人と、働きたいと思っています。

もう 1 つは、素直な人です。言われたことに関して、咀嚼してとりあえず考えるということができる方であれば、ここで活躍できると思います。

三重野課長と働きたい方も、多くいそうです!一緒に BPR を推進していきたい、提案力の高いエンジニア・運用担当・デザイナーなどを募集しています。
若い世代も活躍中の企業なので、年齢関係なく実力次第で様々な仕事をお任せします!挑戦マインド溢れる、あなたのご応募お待ちしております!


▼応募職種はこちら!

サービス運用担当
ウェブデザイナー
リードエンジニア
iOS エンジニア
オープンポジション


株式会社オープンハウス・アーキテクト's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings