新規部署の立ち上げってどんな感じ?インサイドセールスの立ち上げストーリーを聞いてみた!

有働 禎章・左
インサイドセールス
これまで医療システムや機械メーカーなどの営業を経験。2018年10月にPALに入社し、インサイドセールスの立ち上げに携わる。
西田 真人・右
インサイドセールス
前職は派遣事業を行う会社で10年営業を行う。PALに入社後、派遣営業マネージメントを経験後、インサイドセールスチームの立ち上げリーダーとしてゼロ立ち上げを牽引。入社3年目。


物流業界のデジタルシフトを目指して、新規事業が次々と立ち上がっているPAL。今回は新設のインサイドセールスチームの2人に、立ち上げ過程とこれからについて聞いてみました!

―まず、インサイドチームの立ち上げ経緯と最初の取り組みについて教えてください。

西田さん:インサイドセールは、営業部門の強化を目指して約半年前にスタートした新設の部署になります。お客様と最初にコミュニケーションを取り、フィールドセールスへとつなぐ橋渡しを行うインサイドセールスですが、PALでは初めての取り組みでしたので、手探りでのスタートでした。

有働さん:私は昨年10月下旬に入社してすぐにインサイドセールス部の立ち上げに参画しました。これまで外勤の営業の経験があったので、外から見た違う目線でチームを作りあげていくことが求められていましたね。入社後はインサイドセールスについて学びながら、まずは自分でやってみるということで、最初の2か月はひたすら企業に電話してアポ取りを行いました。その後は得た知識を体系化して、仕組みづくりを行っていきました。


ー新規部署の立ち上げの中で、難しかったことはありますか?

西田さん:インサイドセールスは、顧客の情報をヒアリングし、ニーズが高まった適切なタイミングで営業担当にパスしていくので、お客様から必要な情報を漏れなく聞き、次につないでいくことが重要でした。その頃は、ああでもない、こうでもないと手を動かしながら、必要な項目を洗い出してはシステムの改修に取り組んでいたよね。

有働さん:そうですね。取り組んできたことを仕組みに落としていく難しさを感じましたね。ばらつきがあった項目を標準化することができ、やるべきことが明確になりました。1月以降はアルバイトの方が入社されたので、これまでの仕組みを移管しつつ教育や体制作りに力を入れました。その頃には、チームのスキルアップのため、営業担当を巻き込んで、トークスクリプトのブラッシュアップなども行いました。

ー立ち上げから約半年ですが、軌道に乗り始めたのはいつからでしょうか?

有働さん:チームとして一体感が増してきたのは特にここ数か月です。最初は1名だったアルバイトも今は3名になり、メンバー同士が互いに学びあって成長していると感じます。インサイドチームは直近2か月はアポイント取得の目標を連続で達成しています。達成するとみんなで祝勝会という名の飲み会を開催しています!

西田さん:新設の部署なので、社員もアルバイトも関係なく、みんなで作り上げていっているという感覚です。みんな仲がいいですし、分からないことはなんでもすぐ聞けるようコミュニケーションを大事にしています。私たちインサイドチームがお客様に提案しているのは、物流業界の生産性向上のソリューションなので、チームの活躍がデジタルシフトを推進していると感じます。


ー最後に、これからのインサイドチームについて教えてください。

西田さん:インサイドセールスチームは、まだまだ過渡期でやるべきことが沢山あり、だからこそのやりがいも大きいです。新規事業を任せてもらっているので、会社から二人に期待を持ってくれていると感じます。自分たち発信で、よりPALに合ったインサイドセールスの仕組みを作りあげていきたいです。

有働さん:インサイドセールスチームは、様々な職歴の人が集まっていますし、セールス経験だけでなく幅広い基礎力がつく場所だと思います。スキルアップを目指している方や新しいことにチャレンジしたいと考えている人にはぴったりだと思います。そういった方と一緒に成長していけたらと思っています!


株式会社PAL's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more