1
/
5

光触媒塗料の抗菌・抗ウイルス効果についてご紹介します

光触媒塗料とは

光触媒塗料とは、太陽光などの光によって起こる化学反応を利用し、有害物質を分解して無害化する特性を持つ塗料です。高性能な光触媒塗料ですが、多くのウイルスや細菌に対しても高い効果を発揮します。

ウイルスにはどんな特徴があるのか

ウイルスとは、ほかの生命体を介して自身を増殖・複製させるとても小さな感染性のある構造体です。主に外側の殻となるタンパク質と、殻の内部に入っているDNAやRNAといった核酸で構成されています。外側の殻をもつインフルエンザウイルスなどは消毒薬や熱湯などで不活化しやすい特徴があります。一方で、外側の殻をもたないノロウイルスなどは消毒薬などでの不活化が困難だと言われています。

光触媒による抗菌・抗ウイルスの効果とは

光触媒の活性酸素により、ウイルスの外側の殻から少しずつ分解していき、殻の内部にある核酸も分解。その後完全分解するので、不活化されるというメカニズムです。核酸まで完全分解するため、外側の殻をもたないウイルスにも効果的なので、様々なウイルスに対処できます。

PGSホームでは、抗ウイルス効果を期待される光触媒塗料として、コーティング剤の「PGSコートS」などを提供しています。

株式会社PGSホーム's job postings

Weekly ranking

Show other rankings