1
/
5

なにをやっているのか

データを一人の人として捉えるプロダクト『KARTE』
「顧客を知る」を様々な軸でビジュアライズすることに取り組んでいます
プレイドは「データによって人の価値を最大化する」をミッションに、 様々なプロダクトを展開しています。 これまで企業におけるマーケティング領域の課題へのアプローチを起点として事業を拡大してきましたが、2021年にはカスタマーサポート領域の事業を展開する株式会社RightTouchを設立。 ファースト・パーティ・データを活用することで、生活者の体験をいかに向上できるかー。 プレイドは今後もさまざまな職種の課題にKARTEを軸としてプロダクトを展開し、顧客中心の企業活動を支援します。 KARTEでどんなことが実現できるのかより深く理解することが出来る『KARTEプロダクトツアー』もございますので、ぜひ一度ご視聴ください。 【プロダクトページ】 KARTE(あらゆるサービスのCX向上に):https://karte.io KARTE for App(アプリ向け):https://rightsupport.karte.io/ KARTE Datahub(データ統合):https://karte.io/product/datahub/ KARTE Blocks(サイト運営管理):https://karte.io/product/blocks/ KARTE Signals(広告配信最適化):https://karte.io/service/signals/ KARTE RightSupport(カスタマーサポート向け):https://rightsupport.karte.io/ KARTEプロダクトツアー(KARTEが目指す世界観を動画で):https://youtu.be/C_zOA8wtNUY 【メディア掲載】 KARTEはいかにCX市場のルールメイキングを進めたか https://ascii.jp/elem/000/004/047/4047632/ 企業の競争優位性を高める“3つのX”──CX・DX・EXの重要性を上場プレイド取締役が解説 https://signal.diamond.jp/articles/-/487 Web集客からWeb接客の時代へ。3年後の企業成長率を変える「CX」とは? https://www.youtube.com/watch?v=rk0NHeZNUHI プレイドが自律・分散型チームをつくる上で大切にしたコト https://www.wantedly.com/hiringeek/interview/rc_ttb9/ 「非効率にいこう。」というメッセージの意図をお伝えします https://blog.plaid.co.jp/n/ne54032d91f4c 【自社展開メディア】 XD(クロスディー):https://exp-d.com/ XD MAGAZINE:https://store.plaid.co.jp/pages/about_xd_magazine CX Clip:https://cxclip.karte.io/ note公式アカウント:https://blog.plaid.co.jp/ PLAID Engineer Blog:http://tech.plaid.co.jp/ PLAID VOX:https://anchor.fm/plaid-vox/episodes/HRracchiPLAID-edum8r

なぜやるのか

オフィスはGINZA SIX、仕切りのないフロア
フリーアドレスで好きな場所で働くことができます
Mission「データによって人の価値を最大化する」 私たちは「人の創造性」を引き出すテクノロジーで世界を変えていくことを目指しています。 世界で爆発的に増え続けるデータをすべてシステムに委ねてしまうと、現在の技術ではデータの本質的な価値を引き出すことができず、単調な分析や結果に収斂してしまいます。 多様で複雑なデータ、その価値を最大化するためには「人の創造性」が不可欠です。 現在、人の発想力や柔軟性に敵うアルゴリズムは存在しません。だからこそ、私たちは大規模で複雑な非構造データを「直感的に」人が扱えるようにすることで、人の柔軟なアイディアや感性をミックスしながら、「データと人の相互作用を起こし双方の価値を最大化すること」を実現していきます。

どうやっているのか

オフィス内に構える広大な芝生スペース、使い方は自由
ディスカッションやブレスト、セミナー開催などにも使用できます
【働く環境】 本当に面白いことをするためにも"世界に価値観を押し付けて" 前に進むことが出来るように、メンバーの自由度を担保し、発想の生まれやすい環境を重視しています。偶発的なコミュニケーションから良いアイディアが生まれることも多いため、オフィスは仕切りのないオープンスペースになっており、どこでもすぐにディスカッションが始められるよう、壁は全面ホワイトボードになっています。 また私達は、「メンバーへの最大の報酬は、プロダクトや事業そのものにある」と考えています。 働く場所 / 時間 / 経費 / 給与などの環境を「手段」と捉え、それらを「過剰」に満たすことでプロダクト / 事業に最大限集中できる環境設計をしています。 社員がより事業、プロダクト、クライアントに向き合えるように環境への投資は惜しみません。 MacBook Pro 16inch or 13inch / デュアルディスプレイ / ハーマンミラー or エルゴヒューマン / iPad(希望者付与) / コーヒー、エスプレッソマシーンなど、働きやすい環境を用意しています。 【メンバーの出身企業】 博報堂、P&G、Salesforce、Adobe、経営共創基盤(IGPI)、ベイカレント・コンサルティング、アビームコンサルティング、IBM、オリックス、ソニー、NEC、Fujitsu、ファンケル、楽天、リクルート、ヤフー、DeNA、サイバーエージェント、グリー、ベルフェイス、一休、wealthnavi、Speee など 【メンバーの出身職種】  営業、事業開発、マーケティング、カスタマーサクセス、カスタマーサポート、人事、エンジニア、起業 など