エンジニア女子は将来も働いていける?PLAN-Bで見つけた働き方、そして生き方

こんにちは、PLAN-Bです!

今回はシステム開発本部でエンジニアとして活躍する、小林洋実さんをご紹介します。

PLAN-Bに転職した理由やシステム開発本部の働き方、これからのキャリアについて女性目線で語ってもらいました。

仕様・スケジュールの話合いもQAの依頼も、何でもやります

―― 現在のお仕事内容を教えてください

私は現在システム開発部に所属し、Reallo(※)という広告効果測定システムの開発を担当しています。2018年4月以前はJuicerというDMPサービスの運用・開発を担当していました。どちらのシステムもいわゆる上流工程から任せてもらえているので、プロダクトオーナーやメンバーと仕様やスケジュールを話し合ったり、QAをお願いしたりと、何でもやってきました。

PHPとSQLをよく使いますが、AWSを使って機能に必要なインフラを組んだり監視をしたりもします。最近はDevOpsの立場として、システム運用の他にもユーザーの価値を考えていろいろと改善を行ったりしています。
私は元SIerで受託の開発経験が長かったのですが、今はユーザーやIA事業部にもたらす価値を考えて提案・開発を行い、フィードバックをもらいながら作っていくことができるので、とても面白いです。


(※)Reallo
広告レポーティング機能やアトリビューション分析、予算再配分機能を搭載した広告運用者向けシステム。

「どこに住んで・何をして・どんな働き方と生活をして、生きていくのか」、妥協したくないからPLAN-Bに決めました

―― どうしてPLAN-Bに中途入社されたのでしょうか?何か決め手はありましたか?

私は2度転職をしているのですが、振り返ってみると、いつも自分のやりたい生き方を実現できる環境を求めて転職をしていたと思います。

「どこに住んで・何をして・どんな働き方と生活をして、生きていくのか」

私はそのどれにも妥協したくないと、ずっと思っていました。
PLAN-Bは選考で、私が5年後・10年後どうなりたいのかをちゃんと聞いてくれました。そして、「若い頃は仕事優先で働くけども、家庭を持ったらそちらも大事にしたい」という私の思いも理解してくれました。

会社の利益のためだけではなく、私の人生のことを考えてくれているし、会社の雰囲気も自分に合っている気がしたので、素の自分で働いていけると思いました。「ここなら自分のキャリアを作っていけるし、チャレンジができる環境もある。妥協しない人生を作っていけるな」と感じて、入社しました。


スキルもコミュニケーションも。メンバーに助けられることがいっぱいです

―― 入社して苦労したことはありますか?

入社早々、自分が持っていたWeb開発のスキルとは別のスキルが必要になったので、その習得で苦労しました。入社してすぐ、Juicerのビッグデータをお客様が分析に使える形に加工する案件を担当したのですが、それまで使っていたSQLとも違うし、効率的なワークフローや性能など考えることがたくさんあって、毎日他のメンバーに助けてもらっていました……。当時は大変でしたが、新しいスキルを身につけられたので、今となっては苦労してよかったなと感じています。


今の課題は、交渉力の向上です。

最近は事業部全体だったり開発エンジニア全体だったり、そういった“みんな”で協力をして仕事を進める機会が多いです。価値を作るにはどう案件を進めたらいいか話し合ったり、開発部内でどうノウハウを共有するかなどを考えたり……そういうときに必要な交渉力はまだまだ足りないので、周りに助けてもらいながら頑張っています。PLAN-Bの開発は、エンジニアが課題の解決策やアイデアを自ら提案し、改善する機会を作っていくことが多いので、もっと主体的に動いていかなければと思っています。


「将来も働いている自分が想像できる」、そんな職場だと思います

―― では、PLAN-Bに入社して良かったことは何でしょうか?

毎日を一緒に過ごす仲間が“すごい”です!
システム開発部には、SE・インフラエンジニア・フロントエンジニア・データサイエンティストといったいろんな種類の人がいます。私のような受託出身もいますし、サイト制作出身・ゲーム業界出身・新卒などバックグラウンドは様々です。

各々の経験や、普段集めている情報、勉強会に参加した内容などを共有する仕組みがあるので、どうやってスキルを作っていくのかが知れてとても参考になります。それぞれの分野にスペシャリストがいて、しかも縦割り感もなく、困ったら力を借りて進めていくことができるのでありがたいです。

また、開発部は女子が少ないのですが、だからこそなのでしょうか、みなさん良くしてくれています。上司との距離も近く、定期的に面談もあるので、仕事やプライベートで考えていることを何でも聞いてもらえて助かっています。コンディションが悪かったり、機嫌が悪かったりすると心配もしてくれます。


―― 将来家庭を持ったときに、お仕事と両立できそうですか?

開発部には金住部長をはじめとし、人生の先輩方がいらっしゃいます。先輩方には将来結婚しても子育てをしながら働きたいこと・家庭の時間もとりたいことの話もしますし、応援もしてもらっています。
実際に家庭を持っている方はお子さんのイベントや突発的なことでお休みをとってらっしゃいますし、社内には働くママさん達もいます。そのような姿を見ると、将来自分が家庭を持っても、両立して働いていくことができると感じます。

「自分のライフステージが変わったときにどう働くか。キャリアをどうするのか。」

どこの会社でもそうだと思いますが、ここをしっかり考えて、周囲に相談して、そうやって自分の望む働き方を実現しないといけないと思っています。PLAN-Bはそれぞれが自己定義をしながら、自分で機会を作っていける会社です。


NO.1のエンジニア集団への進化を一緒に楽しめる人を、お待ちしています!

―― 今後の展望を教えてください!

今後目指すところは、仕事とプライベートとで2つあります。

まず仕事面。
エンジニアのなかではDevOpsの立場にあるので、事業部とエンジニアが一緒に成長していけるようになりたいです。今までは自分がシステムを作ることが主でしたが、最近は他のエンジニアに協力してもらったり、作ったものに対してユーザーの声を聞いたりとコミュニケーションをとって仕事をすることが多くなってきます。そこをもっとうまくできるようになって、自分のこと・開発チームのこと・事業の成長のことを考えて寄与できる人になりたいです。

また、最近海外に行く機会があったのですが、そこで「柔軟で生き生きした、仕事と生活を両立した働き方」を見てきました。いいなと思ったことは社内に持ち帰って還元して、将来みんながもっと働きやすい環境になるように取り組んでいきたいです。


―― プライベート面では、どんな方向を目指したいですか?

結婚して子育てもしたいですし、今まで通り故郷と大阪を行き来したり、好きなときに好きな場所へ行ったりしたいです。勉強会やイベントにもどんどん参加していろんな人に出会い、コラボしながら活発的に生きていきたいです。


―― 最後に……PLAN-Bにどういう人に来てほしいですか?

PLAN-Bでやっているデジタルマーケティング業界は、技術的にも変化が激しいです。実際、私は入社して1年半くらい経つのですが、エンジニア組織は当時からだいぶ変わったと感じます。既存の仕組みにとらわれず、新しいことを取り入れてみんなでやっていく仕組みがここにはあるので、興味を持ってチャレンジしてくれるような方(女子歓迎)に来てほしいです。

また、今後は金住部長(our boss)と一緒にNo.1のエンジニア集団を作って行くので、その変化を一緒に楽しんでいける人がいいですね。会社もどんどん変わっています。話を聞くだけでも面白い人たちがPLAN-Bにはそろっていると思うので、いいなと思ったら、ぜひ会いに来てほしいです。

株式会社PLAN-B's job postings
Anonymous
C7975da1 5a0b 4445 8baf a5f84b55a1b6?1548286899
14925461 1163662650380147 5219159522672209843 n
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
794f1202 9bf9 48db 9391 f6fd6b0c7f0c?1500602744
16 Likes
Anonymous
C7975da1 5a0b 4445 8baf a5f84b55a1b6?1548286899
14925461 1163662650380147 5219159522672209843 n
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
794f1202 9bf9 48db 9391 f6fd6b0c7f0c?1500602744
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon