1
/
5

PLAN-Bってどんな会社?人事部長に聞いてみた。

PLAN-Bってどんな会社ですか?

まずはじめに、PLAN-Bは経営の最重要項目に組織づくりを置いています。

そしてその中心に「MISSION」を掲げています。

直訳すると使命とか任務になると思うのですが、今回の場合はPLAN-Bが目指すゴール、目指す山の頂上、追い続ける目標、そんなイメージです。

とにかくPLAN-Bの社員となった人はMISSIONに向かって仕事をしていくことになります。

そのMISSIONが

世界中の人々に「!」(驚き)と「♡」(感動)を

というものです。

「!」とはお客様に「そこまでやってくれるのか!」「ここまで成果が出るのか!」と感じていただくこと。

「♡」とは顧客志向の強さやホスピタリティの高さといった「想い」の部分でお客様に感動レベルのサービスを提供していくということです。

他には「STANCE」と「STYLE」というのもありまして、MISSION→STANCE→STYLEの流れでより具体的な内容になっています。

全部で10コあるのでここで全て紹介するのは難しいですが、個人的に好きな項目を抜粋すると

・クレイジーであれ

・CHANGE or DIE

・ForYouの精神とTRUEな対話を

などがあります。

企業が公に掲げている言葉に「クレイジー」などインパクトのある言葉を使っているのが特徴ですね。

また社内用語ですが「TRUEな対話」という、年齢、上司部下関係なく、よりよい仕事をするために本音で話し合うという部分も好きです。

大上段のMISSIONは柔らかい印象の言葉なのですが、それを体現する行動指針にインパクトの強い言葉が使われています。

理想を実現するために、現場では日々泥臭く、全員が本気で仕事に取り組んでいるPLAN-Bの社風がとても良く表れていると思います。

社内で感じた具体例はありますか?

現在のPLAN-Bの主幹事業はデジタルマーケティング事業です。お客様のインターネット上でのPRを様々な手段でサポートしています。

具体的には広告プランニングやサイト制作、分析ツールの開発なのですが、そのクオリティにはとことんこだわっています。通常はシステム化してしまうようなところでも、人が介在することでお客様にとって有益になる細かな調整が可能です。要は手間暇かけてサービスを提供しているということです。

もちろんその分人件費がかかるわけですが、そこは企業努力でお客様にしわ寄せが行かない工夫をしています。例えば海外に拠点を作ってそこに生産業務を集中させることでコスト削減をしています。

お客様には価格面でも、成果面でも「!」と「♡」を提供することを継続的に行っています。

渡辺さんが心がけているスタンスはありますか?

僕個人としては新卒採用などで学生と関わる事が多いのですが、とにかくその学生に合った会社を共に探していくというスタンスを心がけています。

どんなにスキルがあっても、どんなに頭が良くても、合わない会社に入ってしまったら成長は鈍化します。もしかしたら全く成長出来ずに辞めてしまうかもしれません。

なので僕はPLAN-Bに入社するしないは別として、その学生が社会に出た時に心から頑張れる会社を一緒に探そうと思って接しています。

担当する学生からは驚かれますが、PLAN-Bの採用方針は学生ととことん向き合うということなので、それが正義なのです。

どんな人にPLAN-Bの仲間になってほしいですか?

大前提として、誰かの為を考えて行動できる人。これがなければ絶対に採用しません。その上にアツさ、コミュニケーションの気持ちよさ、賢さ、素直さ、明るさなどが乗ってきます。

もちろん表現の仕方は人それぞれなので、表層化しているかどうかは問いません。重要なのは心の底でそう思っているかどうか。

見極めるのは大変難しいですが、PLAN-Bの選考では面接以外にも面談や会食といった手段で複数の社員とお会いいただくので、いろいろな角度から判断するようにしています。

※2017年5月現在

この記事に共感したアナタ、是非一度お話しませんか!?

株式会社PLAN-Bでは一緒に働く仲間を募集しています
35 いいね!
35 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング