Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

全員みる(15)

なにをやっているのか

                            
playground 株式会社は2017年06月01日に設立*1された
                           
・コミュニケーション型電子チケット発券サービス「Quick Ticket」
・戦略コンサルティングサービス
                           
を提供するスタートアップの会社です。
                            
                            
主力事業である「QuickTicket」は、チケットの発券をLINEで行えるようにする、世界で唯一の ” 電子チケット発券システム ” です。
                            
興行主はチケット販売・管理システムと Quick Ticket をAPI接続するだけで、来場者に対して「LINEで発券して電子スタンプ*2でもぎれる電子チケット機能」を提供できるようになります。
                            
戦略コンサルティングサービスでは、電子チケットを通じて取得したデータや顧客接点を用いて、興行品質や顧客満足度、収益性の向上に向けた支援を行っています。
                            
                            
Quick Ticket は2017年2月にサンリオピューロランド(サンリオ)で先行導入されたことを起点に数多くの大手興行で採用されており、急速に成長しています。
                            
弊社が発明した「スマートフォンに直接押印できる電子スタンプ技術」は4年前より電子クーポンや電子チケットのもぎり技術として数多くの実績を有しており、「ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)」や「めざましテレビ(フジテレビ)」を始めとした数多くのメディアに取り上げられるなど、生体認証と並び、次世代の電子チケット技術として注目を集めています。
                                                       
*1… playground は Leonis & Co. の新規事業であった Quick Ticket 事業を承継する形で設立しました
*2… スマートフォンに直接押印できる電子スタンプはplayground と Leonis & Co. が共同で特許を保有する技術です
                            
                            
【参考記事】
・サンリオピューロランド オンラインパスポート(QuickTicket)
http://www.trans-cosmos.co.jp/company/news/170207.html
                            
・LINEやFacebookに送れる電子チケットシステム
http://jp.techcrunch.com/2017/06/01/trans-cosmos-establishes-new-e-ticket-company-playground/
                            
・エンターテインメント業界に特化し、電子チケット発券とマーケティング支援サービスを提供する「playground」を設立
http://www.trans-cosmos.co.jp/company/news/170531.html

なぜやるのか

                            
「リアルイベントに、デジタル革命を。」
                            
                            
人間の生み出していった科学技術のうち、発電の普及は音響技術の発達を、そして音響技術は、5万人を熱狂させるリアルイベントの開催を実現していきました。
                            
このように、技術には「人々がエンターテインメントに熱狂する」そんな環境作りを可能にする力があります。
                            
                            
私たちは、「人々がスマートフォンを持って当たり前にデジタルを使いこなすようになった今、デジタル技術をリアルイベントに持ち込むことができれば、現在では想像できないほどの熱狂を実現できるはず」と考えています。
                            
100万人を一つの熱狂に巻き込むようなリアルイベントを作り出すことで、ユーザーは一生忘れられない思い出を味わい、人生をさらに彩ることができると、私たちは確信しています。
                            
                            
私たちは、そんな「人生を彩るエンターテインメントを提供できる世界」を作るために playground を立ち上げ、日々進化しつづけています。

どうやっているのか

                            
■ デジタル領域の技術力とコンサルティング力を付加価値に、公演の力を増幅させる「デジタル時代の音響装置」を作る
                                                        
私たちはデジタル領域を背景とするエンジニアとコンサルタントです。公演の制作や、舞台の演出は行いません。
                            
一方、公演のエネルギーを観客の熱狂に変えてリアルイベントを成功させるには、音響装置を始めとする会場の各種装置、そしてファンとのコミュニケーションを可能にする仕掛けが重要な役割を果たします。
                            
私たちは、エンタメ業界で不足していたデジタル領域の技術力とコンサルティング能力を付加価値とし、興行の力を増幅させる装置を提供することで、デジタル時代にふさわしいリアルイベントの実現に貢献していきたいと考えています。
                                                                                                                
■ 文化祭のときのように夢中になって、新しいリアルイベントの実現に挑戦する
                           
                            
大企業が社会を回すための存在であるとするならば、スタートアップは世界を変えるための場といえます。
                            
今まで誰もやったことのないことへの挑戦には、人から指示を受けたり求められてから動くのではなく、主体的に行動する「自走すること」が必要です。
                            
一人ひとりが自分の「こうしたいんだ」というエゴともいえる意思を源泉に、私たち自身も熱狂的に働かなければ、成功することはできません。
                            
                            
playground は「校庭」という意味です。
                            
これは、一見意味がないと思われることにも、純粋にかつ夢中になってのめり込んだ、あの頃の中学・高校時代の部活や文化祭のように、ワクワクしながら無我夢中に挑戦する場にしよう、という意思を表しています。
                            
リアルイベントにデジタル革命を起こすため、私たちは文化祭のときのように夢中になって挑戦をしていきます。
                                                        
また、自分が最期死ぬときに、「全力で楽しんだ、面白い人生だった」そんな風に思いたい人と一緒に仕事がしたいと思っています。そして、その瞬間を一緒に作っていきたいと思っています。
                                                                                                                
■ 「何事にも熱中できる」そんなあなたが私たちには必要です!
                            
                            
一見すると意味のないと思われるものにでも、自分で意味を見出し夢中になれる、というのは一つの才能だと思います。私たちには皆様のそんな素晴らしい才能が必要です。
                            
エンタメ × デジタルで「100万人を熱狂させるリアルイベント」の実現に、一緒に挑戦してみませんか?
                            
皆様のご応募を心よりお待ちしております。

Page top icon