1
/
5

なにをやっているのか

登録者100万人突破!ブラック企業で働くペンギン・パンダとその上司が繰り広げるコメディアニメです。
異世界転生した地球でカレコレ屋(何でも屋)を営む3人が主人公のアニメ。Plottで今一番伸びているIPです!
◆会社概要|成長中のエンタメスタートアップ企業 『Next Creative Studio』をビジョンに、IPコンテンツを企画・制作・プロデュースする会社です。YouTube・TikTok・WEBTOONなど新世代のプラットフォームから大ヒットIPの創出を目指しています。 SNS動画領域においては、過去累計再生回数50億回。月間再生5億回を超えるIPコンテンツを保有しており、月間ユニーク視聴者数はのべ1000万人以上です。 今後はIP数を更に増やしつつ、平行して新規の事業領域にも参入予定です。 ◆Plottを代表するYouTubeアニメ 人気急上昇中の『混血のカレコレ』 チャンネル登録者数200万人、累計再生回数24億回 TVアニメ化達成の『テイコウペンギン』 チャンネル登録者数140万人、累計再生回数15億回 講談社とタッグで手掛ける『ハンドレッドノート』 チャンネル登録者数56万人、累計再生回数3億回 ◆Plottとは? Plottは小説などを書く前に作る「プロット」のことを指します。「オモシロイを生み出すコンテンツをずっと作っていきたい」との想いを込め、コンテンツの構想を示す“プロット”を社名にしています。また、プログラミングなどで使用される「++」(インクリメント/加算処理を行うこと)を、「Plot」とかけ合わせて「Pott」と表示し、「コンテンツをエンジニアリングする」「ずっと成長し続ける」との意味も込めています。 ◆Plottだから実現できることは? 【デジタルネイティブに刺さるアニメ制作】 Plottのチームはほとんどが20代中心。若いチームの感性をそのまま活かした、若者に支持されるアニメ制作を実現しています。前職はさまざまで、テレビ業界のAD、マンガアプリのディレクター、出版社勤務、Web広告代理店勤務、ソーシャルゲームディレクターなど多岐にわたります。エンタメ系コンテンツを通じて、次世代のクリエイティブを創造できるチャンスが広がっています。 【データによる数値化と感性による新コンテンツの誕生】 YouTubeチャンネルの企画運用が中心となるため、視聴者の反応はすべて数値化された状態で確認することができます。もちろん数値をベースにした判断だけでなく、感性も加えながらIPコンテンツを制作できるのがPlottの強み。これまでの発想にとらわれない、新しいコンテンツを誕生させています。

なぜやるのか

◆Plottのミッション(メンバー共通の目的) 『日常に温度を。世界に熱狂を。時代に灯火を。』 目の前の人の日常を少しでも温かくするようなコンテンツを作りたい。 世界を熱狂させるような大ヒットコンテンツを作りたい。 コンテンツ史を動かし、時代に名を残すようなレジェンド級コンテンツを作りたい。 そんな想いから、このミッションを掲げました。 Plottをエンタメのホットスポットに。 エンタメに狂わされた人が集い、新たなエンタメを生みだしていく場所がPlottです。 そんな場所で、一緒に新しいエンタメを生み出しませんか?

どうやっているのか

◆Plottのビジョン(メンバーと共に目指す未来) 『Next Creative Studio』 Plottのアイデンティティは「青い灯火」。 青は知性や理性、信頼、平和の色。 火は感性や揺らぎ、情熱、衝動のモチーフ。 青い火は、赤い火より熱く、より思考する。 Plottは 感性と知性を高いレベルで合わせ持ち、 永久スタートアップとして挑戦し進化し続け、 IP創出・IPビジネスの両面から仕掛けることで、 時代に灯火を灯すような大ヒットIPを生み出し、 日本を代表する次世代のクリエイティブスタジオになる。