【座談会】新卒3年目が語る、プラスディーで働くおもしろさ

プラスディーで働くおもしろさややりがいを伝えるため、入社3年目・同期同士の三人で座談会を開催しました!

メンバーは、第一事業本部(Webサイト・アプリ・SNSなどのデジタル分野を中心に、広告物を企画・制作する部署)の岡崎・竹内と、第二事業本部(映画やミュージックビデオなどの映像コンテンツをプロデュース・制作する部署)の松本の三人。

<対談メンバー>

岡崎淳 第一事業本部 プロジェクトマネージャー 2016年入社 (写真中央)

竹内しおり 第一事業本部 プロジェクトマネージャー 2016年入社(写真右)

松本成翔 第二事業本部 VFX/コンポジター 2016年入社(写真左)

なお、ファシリテーターと記事執筆は、入社2年目の晏(えん)が担当しました。就活生のみなさんと近い目線で取材させていただいたので、ぜひご一読いただければ幸いです。

3人の就職活動とプラスディーとの出会い

---みなさんは就活をどのように進めていましたか?

岡崎:何か表現することがやりたくて主に広告業界を受けていました。ずっとカメラをやってたのもあって、考えてることやアイデアを具現化するのが好きだったんです。すでにできあがってるモノを売る営業じゃなくて、ないものを作るところから関わりたかった。

松本:「何か作る」っていうのは譲れないところだった?

岡崎:そうだね、クリエイティブなことに関わって仕事がしたかった。僕は「作ること」や「クリエイティブ」に惹かれて入社したけど、竹内はまたちょっと入り口が違うよね。

竹内:あ、でも私も小さい時からイラスト描いたり、パソコンでHTMLタグ打ちサイトを作ったり、何かを作るのが好きっていうのがベースにあったよ。ただ、学生のときは教育や人材に興味があったから、そういう業界のインターンシップに行ってたし、就活しはじめたときも教育や福祉、人材業界を中心に見ていました。でも就活を進めるに連れて、広告業界に絞るようになって。

岡崎:広告業界に絞ったのって、どんなきっかけがあったの?

竹内:インターンに行く中で、すごく尊敬できる上司がいたんだけど、その人は、前職で広報やマーケティングの仕事をされていて。その人が教育や人材のスキルだけじゃなく、前職の経験を生かして活躍しているところを見て、最初から興味のある業界に入ってその中だけで知識を深めるんじゃなくて、どの業界でも必要なスキルをつけてから移るのもいいなと思って。それで広告業界がいいかなと思って調べるうちに、プラスディーに出会ったんだよね。話を聞きに行くと、携わる領域はデジタルも映像もイベントもあるし、企画から制作まで一貫して取り組んでいる、ということを知って、幅広い力をつけられそうだな、と思って入社を決めたんだよね。

---ちなみにどこからプラスディーを知ったのですか?

竹内:Wantedlyです。コピーにすごく惹かれて。「誰かがつまらないというこの世の中は、僕たちにとってはたまらなくおもしろい。っていう。すごく秀逸だなと思いました。

※2016卒新卒採用から使用している採用コピー。2019新卒採用でも使用している。

岡崎:あー、そのコピー見たの覚えてる。やっぱり会社として楽しむ姿勢があるよね。

竹内:そうそう、すごく会社の姿勢を表しているなーと思ったし、あとは新卒採用サイトって結構美談っぽくまとめている会社もある中で、プラスディーの採用サイトは働く中での辛さとか失敗とか、ちょっとネガティブとも取れることを書いてて。等身大の姿勢が伝わってきたのも好印象だった理由の一つだね。

松本:フランクだよね。

竹内:そう、会社説明会でも「うちの会社は、ここはまだこれから伸びていくところ」っていうふうに、まだ足りないところをそのまま伝えてくれたのもすごく信用できるなって感じた。

松本:僕はなんでもすぐ興味がわく性格で、ライブの映像や音、イベント、あとはプロジェクションマッピングとかデジタルアートがやりたいと思ってた。たまたまプラスディーを見つけて、応募してから一回面談して、そのときにミュージックビデオの制作現場に参加してみないか、って声をかけられて。もともとミュージックビデオが好きなのもあったし、一回雰囲気を感じてみようと思って参加した。

竹内:松本くんには映像案件で困っているときに助けてもらったなー。あのときはほんとありがたかった(笑)

岡崎:僕も一回助けてもらった。専門的なスキルがあるから、僕らにはできないことをさっとできるから、ほんとかっこいいなっていつも思ってます(笑)


まだ若い会社だからこそ、任せてもらえる

---それぞれのいまの仕事内容をざっくりと教えてください。

岡崎:webやアプリのディレクション、あとは紙モノ(ポスター・パネル)などの制作進行ですね。最近は、カメラマンとして稼働することもあって、広い職域で仕事できるのは嬉しいです。

竹内:私はサイト制作やコンテンツ制作の進行、 SNSやメディアサイトの運用などをやっています。一つの企業のプロモーションを包括的に担当していることもあります。

松本:僕は、映画やミュージックビデオなどのCGやアニメーションを作っています。

---入社前と入社後で何かギャップはありましたか?

竹内:特にないですが、強いて挙げるなら、社内にそこまでノウハウがなくても引き受けて、探り探りで進めることもあるんだなっていうところですかね。

岡崎:確かにあるね。それって、竹内の中ではどう捉えてるの?

竹内:いい面も悪い面もあると思っていて。難易度が高いもの引き受けてクライアントに自信を持って出せるのか、っていうクオリティの担保のところの不安要素は正直ある。でも、やったことないことをやるってことは会社が伸びるってことでもあるし、個人個人のスキルアップに繋がるっていうメリットもあるよね。もちろん本当に無理なら受けないんだろうから、上司や先輩たちはやれるって確信があるんだろうね。

松本:僕も、ふつう新人に任せてもらえないような案件のCGを受け持つことがあって。こないだは映画『銀魂』のCGで、エイリアンとかカブトムシとか動物のアニメーションを担当したんだけど、そのタイミングではまだ(作業に必要だった)3Dのソフト使いこなせてなかったんだよね。その状態で任されたから、内心では「ちょっと厳しいな」と思ったけど、やってみたらうまくいった(笑)

岡崎:普段そんな業務をしてるんだね! やっぱり事業部が違うと関わることが少ないから、こうして話を聞くと新鮮だし、全然違うことをやってるなって実感する(笑)

松本:そうだね(笑)あと、CG作るときって、3Dデータをつくる人と2D上でくっつける人が別々なのが一般的なんだけど、プラスディーでは両方を一人で担当することもあって。その面でもふつうだと経験できないようなところ、今までできなかったことも自分で調べつつこなしてきたから、できることが増えたね。

岡崎:任せてもらえる仕事が大きい分、難易度が高いことを試行錯誤しながら乗り越えていく楽しさとか気持ちよさはあるよね。「俺、仕事回してるなー」っていう爽快感がある。

それぞれのプラスディーで仕事をするおもしろさ

---仕事の中でワクワクする瞬間、やりがいを感じる瞬間はどんなときですか?

岡崎: 社内・社外問わず仕事のコミュニケーションをとっているときですかね。相手が自分を一人前の社会人として扱ってくれて、対等に話ができるのが楽しい。おかしいと思うところはちゃんと主張して、一緒に考えて折衷案を出したりして。ぶつかるときもあるんですけどね。

竹内:真剣にコミュニケーションをとっているからこそ、だよね。私は最近だと、古民家宿のサイトを作ったときかな。大きくない予算で、素材も限られている中で、どうやったら一番効果を出せるかな、って他のサイトを分析しながら自分で設計やライティングをして、デザイナーやエンジニアと話しながら、和風のサイトだったから縦書きにして、とか色々こだわりを持って作って。で、公開して二週間くらいで、今まで全くなかった予約問い合わせが3件も入ったみたいで。それってサイトが魅力的だったから予約してくれたっていうことかなって思えて、めっちゃ嬉しかったなあ。

岡崎:お客さんの役に立っていることがわかると、嬉しいよね。

竹内:そうそう、お客さんもそうだし、その先のサイトを見ているエンドユーザーにまで「いいな」と思ってもらえるような、意味のあるものができると、すごく嬉しい。あと、個人的には、規模の小さい会社が「困った」っていう状況で助けになれた、“マイナスのところをプラスにできた”、という内容の仕事だと、テンションがあがるかな。松本くんはどう?

松本:自分が関わった作品を、「映画館で観たよ」って友達から連絡が来ると嬉しい。あと、学生時代のスキルって今よりも10分の1以下くらいだったと思うから、昔より技術が上がっているって実感できるのも嬉しいね。

岡崎:そうやって技術が目に見えて上がるのがわかるっていいよね。新しいことって先輩から教えてもらう感じなの?

松本:いや、自分で学ぶことが多いかな。でも技術だけで完成できるものでもなくて。監督からまだ固まっていないデザイン画を渡されて(CGを)「作って」って言われることもあるから、そのときは自分でイメージを膨らませるしかないんだよね。

竹内:理解力や想像力も必要なんだね。

松本:そう、映画だと絵コンテとかVコンテとかあるけど、ミュージックビデオだと制作時間が限られてることが多いから、イメージがまだ固まってないときに作業に入ることもあるね。

---みなさん同期で入社して3年目を迎えますが、どういうときに「成長した」と実感しますか?

岡崎:最初の頃は言われたことしかできなかったですね。自分の考えや主張がなく、クライアントに言われたまま「はい」ってイエスマンになっていたことが多かったと思います。何が正しいのかわからなかったからですしね。でも、今は知識がそれなりについてきたこともあって、自分の考えを持って案件を進められてると思っています。自立した一人の社会人として振る舞えるようになったなって。竹内は、どう?

竹内:いろんなところで感じるけれど、岡崎と同じように、頼まれたことからやって、上司に相談しながら実行にして、徐々に自分だけで進めていけるようになって、そういうことの積み重ねで少しずつお客さんとも信頼関係を築けていけたところかな。最近では、なんでも一人で進めようとしすぎてちゃんと報告しなさい、って言われることもあるけどね(笑)

松本:自分は、まだ抜けているところもあるけど、ざっくり「こんなことして」「これが映ってるから消して」って指示があったときに、すぐに必要な作業のイメージが湧いてくるようになったところかな。あと新しいソフトを使えるようになってきた。

必要なのは運の良さと身軽さ

---就活は人や会社との出会いありきなので、運に左右ところも多いですよね。みなさん、運はいい方ですか?

岡崎:運はいいですね。悪いって思ったことはないです。たとえ思うようにいかないことがあったとしても、なんとかなる、って常に思ってます。あと、仕事とは関係ないんですけど、ブルーノ・マーズのチケットが8枚当たったっていうのも、すごく運良くないですか?(笑)

一同:(笑)

岡崎:これはマジですごいなと思った。8枚だよ、一回の応募で。4枚余ってるんで募集してます(笑)

竹内:え、ほんとに!? 行きたい!

岡崎:じゃあ後で渡すわ(笑)

竹内:やったー。私は、岡崎と違ってそんなに自信があるわけじゃないけど、「運がいい」って思ってると、運気が良くなってきそうな気がするから、運はいいと思ってる。運が悪い、ってネガティブに考えていたら、本当に引き寄せてしまいそうだし。ポジティブに考えるようにしてる。捉え方次第だよね。

松本:僕も竹内さんと同じで、もともと楽観的なので自分で勝手に運がいいなって思っていて。ときどき、ゲーム感覚で仕事をしているようなところがあって、こんな感じかなってやってたらそれがうまくハマって、ラッキー! ってなることがあったり。あと、案件関係でも、好きな案件ばかり降って来ることが多いので、そういう意味でも運がいいと思ってます。

---最後に、就活生へのメッセージをお願いします。

竹内:就活中は、いろいろ悩んだり迷ったりすることが多いと思うけど、就活参考書とか見てもよくわかんないと思うので、実際に希望する業界の人に会って話したり、インターンに行ったりするとイメージが湧いて、動きやすくなると思います。

松本:僕もそう思う。自分の場合、周りの学生がけっこう弱気だったんだよね。「この会社はレベルが高いから無理だ」って。僕はとりあえず受けてみようって思う方だったので、とりあえず動き出して就活始めて。で、プラスディーに入れていま好きなことができてるので。やっぱり前向きに考えて、動くことかなと思います。

岡崎:僕は、就活のとき社会人に対してすごくネガティブなイメージがあった。「あー終わった、あとはもう働いて、社会の歯車として動いていくしかないんだ」っていうイメージがあったんだよね。でもそんなことはなくて、意外と社会人は楽しいので、絶望しないで頑張ってください!(笑)


株式会社プラスディー's job postings
Anonymous
097dc1a0 2d39 4afa 8ef6 48e0afca0286?1511200809
Anonymous
3b29efe1 1ea1 4add 8a24 ecdaf7148a25?1520935850
51b30a56 f456 4e87 8b2f 92b6a11f7bcc?1528884009
C295017e a900 4f0e 872a 216348c31683
6 Like
Anonymous
097dc1a0 2d39 4afa 8ef6 48e0afca0286?1511200809
Anonymous
3b29efe1 1ea1 4add 8a24 ecdaf7148a25?1520935850
51b30a56 f456 4e87 8b2f 92b6a11f7bcc?1528884009
C295017e a900 4f0e 872a 216348c31683
6 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon