1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

大手企業の営業経験からトップセールスの彼が見つけた予防医療事業のやりがい・魅力とは?

いつも爽やかに、丁寧な対応でお客様とお話をされる姿が印象的な宮田さん。今回は、予防医療を通じて成長したことや他業種とは違う営業の仕方などを教えてもらいました!

佐藤:宮田さんが、NKメディコに入社するまでの経歴を教えて下さい。

宮田:大学を卒業後は大手不動産会社にて分譲マンションの営業と、大手IT企業にてECサイトのコンサルティング営業として、主に営業のポジションで社会経験を積んできました。2019年1月にNKメディコ入社後も営業として、主に関東・東北エリアでLOX-indexという脳梗塞・心筋梗塞の検査を中心とした予防医療検査の導入をして頂ける医療機関の開拓営業を行っております。

佐藤:ずっと営業畑でキャリアを積んでこられているんですね!今まで経験された業界とは全く違う、予防医療への道を選ばれたきっかけは何だったんですか?

宮田:大きく2つあります。1つ目は社会人経験を積む中で自分でビジネスをやりたいという気持ちが強くなったことです。大手企業で事業規模の大きい業務の経験を積んでいくことにやりがいを感じてはおりましたが、将来的な独立を視野に入れた時に、与えられた環境の中ではなく「自分でサービスを提供していく立場になりたい」という気持ちから、事業により近い環境で成長できるNKメディコへの転職を決めました。

2つ目は社会人経験の中で急激に体重が増加し体調を崩してしまった時期があったことと、自分の父が脳梗塞で半身不随になってしまった経験がきっかけで、健康に対しての意識がより高まりました。私は運動習慣・食生活を変えることで体調を改善することはできましたが、父は改善できない状態になってしまいました。病気はより早期に、改善できるうちに対処する必然性を強く感じる中で、予防医療を手掛けるNKメディコに出会いました。
予防医療のグローバルリーディングカンパニーとしてビジョンを掲げる企業で事業に従事し、将来はヘルスケア領域で自らもサービスを手がけることを目標にNKメディコへ入社いたしました。

佐藤:ご自身のやりたいビジョンが実現できる環境と、予防医療の大切さをもっと世の中に広めていきたいという思いがあって、NKメディコへの入社を決められたんですね!予防医療というサービスをご提供するNKメディコの営業は、他の業種と違って独特な営業の仕方をされているのかな?と思うのですが、宮田さんが今携わっている仕事内容を教えて下さい。

宮田:脳梗塞・心筋梗塞のリスク検査を中心とした、各疾患に対する検査サービスを導入いただくための営業活動が業務の中心となります。営業活動の中では営業各メンバー1人1人が担当エリアを担当し、そのエリアの責任者として活動をしていきます。
営業活動に関しては、検査サービスの導入をしていただくにあたって、健康診断・人間ドックのオプション検査として、既存の検査とあわせて医療機関で活用しやすい形を提案しています。受診者のニーズを捉え受診率の向上や、受診満足度につなげて頂くといった、コンサルティングのようなお手伝いもさせていただいております。提案の際には、出張ベースで医療機関へ訪問し、医師や事務職の方と商談するのはもちろんのこと、10名規模から、多い時は100名規模の参加者の前で検査についてのプレゼンを行うこともあります。
そのため相手に【伝える力】は業務を通じて身につけることができたと思います。また、併せて担当エリアが広く、スケジュール調整も自ら行うため【段取り力】や【徹底した時間管理術】も自然と身についていきます。


佐藤:100名の前でプレゼンですか!?それは度胸もつきそうですし、伝える力もかなり上達しそうです!!他の業種の営業も経験された宮田さんが感じる、予防医療の営業職のやりがいや面白さって何ですか?

宮田:医療機関で予防医学の中核を担う、健診・人間ドックの項目に自社の検査サービスが浸透していくのが何よりもやりがいとして感じる部分です。リスク検査に関してはある程度浸透してきてはいるものの、医療機関にとってはまだ馴染みのないもので導入までのハードルが高いのは現実です。しかし、商談、プレゼンを通して検査の意義を理解いただき、導入まで至るプロセスにはハードルが高いからこその達成感を得ることができます。また、そのための営業スキルが求められます。
特に私が担当しているエリアである東北は、脳梗塞・心筋梗塞による死亡率が高く、そのようなエリアで検査を導入し、検査の有用性を高く評価いただいた時の達成感は格別です。また予防医療に関する知識はもちろんのこと、実際に訪問するエリアでの活動の中で、その土地の食や文化に触れる機会も多くエリアへの愛着も沸いていき、知的好奇心も増えていくのは面白い部分でもあります。

佐藤:予防医療の意義を伝えることの難しさや苦労もある一方で、その思いが相手に伝わるときこそ、一番の喜びだと思います。担当するエリアや相手を好きになるという点も、営業として身に付けなければならないスキルのひとつですよね。

営業マンとして、すでに高いスキルを持った宮田さんが、NKメディコに入社する前と今と比べて、成長した!と感じる部分はありますか?

宮田:NKメディコの働く環境によって習慣化スキルが圧倒的に増えたと感じております。NKメディコに入社してから圧倒的に「読書」「相手に物事を伝えるために文章を書く・プレゼンテーションを行う」「学習をする」習慣が増えましたが、これは共に働く社員1人1人の質の高い活動報告や、定期的に行うプレゼンテーションに触れることのできる環境だからこそ得られたものです。共に働くメンバーの仕事への意識と伝える能力の高さが、私のスキルを底上げしてくれていると日々感じております。

佐藤:周りのメンバーからの刺激も多く受けていらっしゃるみたいですね!営業メンバーは出張も多く、体力的にも大変なこともあるかと思います。予防医療の会社だからこそ、自分の健康には日頃気をつけているかと思いますので、ぜひ宮田さんのストレス発散方法や、独自の回復方法を教えてください!

宮田:私はとにかく運動をすることでストレスを発散しております!私の夢は生涯アスリートで世界最高峰の障害物レースで優勝することを目標に日々トレーニングもしているのですが、必ず1日に1時間トレーニングをすることで自然とストレスが消え去っています!

(↓こちら宮田さんが参加されたレースの様子だそうです!す、、すごい!!)

また子供の頃から、食べることと水族館に行くことが好きなので、出張の際には時間を見つけてはその土地の名産品を食したり水族館にぷらっと行ってはエネルギーをいただいております。

佐藤:やはり健康の基本は、運動と食事ですね!水族館もお好きだったんですね!なんか意外です。。笑

最後に宮田さんはどんな方と一緒に働きたいですか?

宮田:【会社のミッション/バリュー/ビジョンに共感してくれる人】と【すぐ行動できる人】です。私は行動することに関しては特にこだわりを持っていて、同じベクトルに向かって一緒にハマるくらい行動してくれる、そんな熱量の高い人と働けたら嬉しいです。

佐藤:ありがとうございました!

株式会社プリメディカでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう