This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

科学とメディアを愛する東大生が編集長!新メディア「Lab-On」にかける思いとは?

株式会社POLが最初のサービスリリースから約2ヶ月で新たなメディア「Lab-On」をオープン!研究畑からの転身、科学を愛する彼女がメディアを選んだ理由とは?

豊かな生活を支える研究への敬意

はじめまして、株式会社POLの久野美菜子(くの みなこ)です。私はPOLが運営する理系学生向けメディアLab-Onの編集長をしています。

Lab-On 研究の未来をデザインするメディア

(ぜひメルマガ登録してみてください!)

私の主な仕事は、記事の編集や管理に加え、取材をしたり記事を書いたりと文章と向き合うことです。“編集者”と言うと、文系出身かと思われがちですが、修士の1年生までは生命化学系の研究をしていました。そこで感じたことは、研究成果は多くの人が関わって生み出されるものであり、血が通ったものであるということです。

私たちの日々の生活は、様々な技術に支えられています。

現代社会においては加速度的に技術革新が進み、私たちの周りは数年前までは思いもよらなかったサービスや製品であふれています。しかしこうした技術は一朝一夕に得られるものではありません。背後には、 基礎研究・応用開発研究を支えてきた先人たちの足跡が続いています。

かつて、日本の医学の発展に尽力したドイツ人医師のエルヴィン・フォン・ベルツは言いました。「日本に科学の樹を植えようとしたのに、皆果実ばかりを求めてしまう」と。 私たちが良質な果実を得るためには、科学の樹を太く、大きく育てなくてはなりません。私はLab-Onというメディアを通じて、科学の樹が深く広く根を張れるような豊かな環境を作りたいと考えています。

「研究の未来をデザインする」新メディアLab-Onで実現したいこと

POLが運営する理系学生向けのメディア「Lab−On」は研究の未来をデザインしたいとの思いから、各研究分野の面白い記事、研究生活や今後のキャリア形成のヒントとなる情報など理系の学生にとって役立つ記事を提供していきます。Lab-Onの役目は理系の学生にとって役に立つ記事や面白いコンテンツを提供することですが、それはゴールではありません。その先には内部で完結しがちなアカデミアをもっと開かれたものにし、内外にいる人を結びつける、というメディアだからこそできることがきっとあると考えています。

ところで、社名であるPOL(ポル)に込められた思いは何でしょうか? 答えは “power of links” 、つまり繋がりの力を私たちは大事にしています。私たちの社会は様々な繋がりの上で成り立っています。人と人との繋がりはもちろん、企業だったり大学だったり研究機関だったり、様々な組織や人が有機的につながることでしなやかな社会が実現しているのでしょう。

私がLab-Onというメディアを運用する理由は、まさにそのような繋がりを生み出したいからなのです。

株式会社POLでは一緒に働く仲間を募集しています

新学期の慌ただしさもそろそろ落ち着いてくるころ。Lab-Onで記事を書いて下さるライターや編集者を絶賛募集中です!あなたも一緒に研究の未来をデザインしてみませんか?

新メディア立ち上げ!科学と社会をつなぐメディア編集者WANTED

研究の面白さを広めたい!アカデミアをオープンにするライターWANTED

Anonymous
96aa4570 8ff6 45aa 9ead 367097811614?1504359818
7f500f66 7557 4ef1 b176 b36a71a4a22b?1502774278
Picture?height=40&width=40
818619bb b0b1 4fa0 809b 2a945f2c46b2
Picture?height=40&width=40
10 いいね!
Anonymous
96aa4570 8ff6 45aa 9ead 367097811614?1504359818
7f500f66 7557 4ef1 b176 b36a71a4a22b?1502774278
Picture?height=40&width=40
818619bb b0b1 4fa0 809b 2a945f2c46b2
Picture?height=40&width=40
10 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon