Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
社員との共通のつながり (0)

基本情報

  • 創業者

    加茂 倫明
  • 設立年月

    2016年9月
  • 社員数

    6 メンバー

メンバー

全員みる(47)

なにをやっているのか

  • 『理系のキャリアを革新する研究データベース LabBase(ラボベース)』を運営しています。研究者版LinkedInのようなサービスです。

  • 50社以上の優良企業様にご利用いただいております。

【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創る】

私たちは研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創り、科学と社会の発展に貢献したいと考えています。また、閉鎖的だったアカデミアをオープンにすることによって、産学連携など、外部との関わりも促進したいと考えています。

2017年2月には、アカデミアのヒト・モノ・カネ・情報の課題のうち、ヒトの課題を解決するため、『理系のキャリアを革新する研究データベース LabBase(ラボベース)』をリリースしました。「研究者版LinkedIn」のようなサービスで、これまでアプローチが困難であった理系院生や研究者のダイレクトリクルーティングを可能にするサービスです。
現在では登録学生数が4000名を突破し(2017年12月時点)、理系院生の登録シェアは日本一になりました。
クライアントサイドは、Amazon Web Services、パナソニック、本田技研工業、メルカリ(敬称略)をはじめとした50社以上の企業様にご利用いただいており、内定実績も発生しております。

また、2017年5月には、『研究の未来をデザインするメディア Lab-On(ラボオン)』をリリースし、理系学生や研究者に向けた価値あるコンテンツの制作・提供も行っています。

今後は、Lab×HR領域で培った研究者とのネットワークを武器に、周辺の研究関連市場(産学連携市場・試薬市場・研究機器市場・論文出版市場 etc.)に事業を拡大していきます。例えば、「研究機器のシェアリングエコノミー」や「試薬の在庫管理&注文クラウドワービス」などなど、やれることはたくさんあります。

POLは、LabTech領域のトップリーダーとして、研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造していきます。

なぜやるのか

  • 研究者やアカデミアの課題を解決し、科学や社会の発展に貢献します。

  • ICC KYOTO 2017 カタパルトで優勝しました。

【社会的意義と、巨大なブルーオーシャンでの大きな事業可能性】

インターネット・太陽光発電・レントゲンなど、社会を大きく前進させる画期的な科学技術が生み出されてきた研究室。
今後も、研究室から多くのイノベーションが生まれると思われます。

しかし、日本の科学は停滞傾向にあると言われており、その裏側には多くの課題があります。

POLは、研究者や理系学生・アカデミア全体・企業のR&D部などの研究関連の課題を解決し、科学や社会の発展に貢献したいと考えています。

また、事業の観点からしても、LabTechはとても可能性のある領域だと思っています。
研究関連市場は、巨大な市場でありつつも、まだテクノロジーが入っていない未開拓な市場でもあります。
国内だけでも研究人材市場4000億円、研究委託市場1.6兆円、試薬市場4000億円、機器市場2000億円など、巨大な市場が隣接しているというのが、LabTech市場の構造です。

日本ではまだ事例の少ないLabTech領域ですが、欧米ではここ数年でLabTechスタートアップが多数誕生し、大きな成功事例も出てきています。
例えば、研究者向けSNSのResearchGateが、1億ドル以上調達し、世界中で1200万人以上の研究者に使われていたり、研究者と企業をマッチングするScience Exchangeが、NASAやSpaceXをはじめとした名だたる企業に使われていたり。

POLは、LabTech領域に大きなポテンシャルと社会的意義を感じ、この領域のトップリーダーになるべく、LabBaseをはじめ研究者の可能性を最大化するサービスをどんどん創っていきます。

また、事業を国内市場に留めるつもりは毛頭なく、海外展開を視野に入れて戦略を立てているので、グローバルサービスを創りたい方にもおすすめです。

どうやっているのか

  • メンバーの誕生日は必ずオフィスでお祝いします。

  • 四半期に一度の投資家集会。強力な投資家陣が支援してくれています。

【「全員経営者」「ベテランと若手の融和」「仕事も人生、楽しくやろう」】

POLは、現在(2017年12月時点)役員2名、社員4名(+3名が入社予定)のスタートアップです。チームは、上記に加え多数のインターンメンバーで成り立っています。

平均年齢27歳と若い組織ながら、
・取締役/Co-founderの吉田は、元々ガリバーインターナショナル(現IDOM)の専務取締役を務め、現在はFiNCの社外取締役も務めているベテラン経営者
・元グリーで執行役員/開発本部長を務めていた梶原氏が技術顧問として参画
・スタートアップを共同創業しリードエンジニアを務めていたメンバーが社員として参画
・リクルートで事業責任者を務めていたメンバーが社員として参画
・リクルートで営業部長を務めているメンバーが入社予定
・エグジット経験のあるメンバーも複数参画
などなど、経験豊富なメンバーも多く在籍しています。

経営者意識/オーナーシップを強く持ったメンバーが多く、情報と裁量権を最大限もらえる環境の中で、活き活きと働き、日々成長しています。トップダウンではなく、メンバーの意見やアイデアを吸い上げつつ一緒に考えるという経営方針で、フラットでオープンな組織風土になっています。

また、「仕事も人生の一部なので、楽しくないと意味がない。」と考えており、目標達成に向けて全力で真摯に取り組む中でも、笑いの絶えないポジティブで明るい会社です。

オフィスは銀座線京橋駅から徒歩3分、銀座駅や東京駅からも徒歩10分以内という便利な場所にあり、浴室や休憩スペースもあるアットホームな環境です。1月にはメンバー拡大に伴って新オフィス(最寄駅は小伝馬町駅、三越前駅、東日本橋駅)への移転が決まっています。

▼2017年4月にはシードラウンドで5000万円の資金調達を実施しました。投資家はBEENEXT、CyberAgent Ventures、Draper Nexus、Beyond Next Ventures、エンジェル投資家4名で、熱を持ってPOLを応援してくれています。
【関連記事】
http://thebridge.jp/2017/04/pol-seed-funding)

▼「理系人材の活躍やイノベーションの鍵」として日経テクノロジーオンラインと日経BP社「リアル開発会議Summer第8号」に掲載
【関連記事】
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/371541/071000010/

私たちについて

私たちは研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創り、科学と社会の発展に貢献したいと考えています。

その第一ステップとして、アカデミアのヒト・モノ・カネ・情報の課題のうちヒトの課題を解決するため、『理系のキャリアを革新する研究データベース LabBase(ラボベース)』を運営しています。

使っているツール

グラフで見る 株式会社POL

※ 本グラフはWantedly上の登録社員による統計です。

ソーシャル

私たちについて

私たちは研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創り、科学と社会の発展に貢献したいと考えています。

その第一ステップとして、アカデミアのヒト・モノ・カネ・情報の課題のうちヒトの課題を解決するため、『理系のキャリアを革新する研究データベース LabBase(ラボベース)』を運営しています。

スペース

POL's News
私がPOLで、はたらく理由

ストーリー

投稿

株式会社POLの募集

もっとみる

地図

〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町1-7 日本橋ノースプレイス3F

関連記事

Page top icon