組織に、人に、惚れこんだ!ベンチャー企業元役員が入社を決めた“ある会議”とは?

「まさか自分がPOLの社員になるなんて、思いもよらなかった」と語るのは、2019年1月に入社した新規事業部・峰村憲和さん。1次、2次と面接を重ねたものの、8割方は他社への転職を決めていたそうです。そんな峰村さんの心を揺さぶり、入社を決意させた出来事とは……?本人に直撃してみました!

「自分には事業領域に対する原体験がない」――感じてしまうPOLへの距離、踏んでしまうブレーキ

―峰村さんは、多様なキャリアの持ち主だと聞いています。改めて、経歴を教えてもらえますか?

新卒で大手メーカーに入社し、人事・労務をはじめとするコーポレート業務に4年間携わりました。その後、グロービスに転職し、法人営業・コンサルティング部門に配属。10年ほど在籍し、途中からは「グロービス経営大学院」の講師も兼任しました。

2015年に、EC事業者向けのSaaS型サービスを展開するベンチャー企業に転職し、役員を務めていました。IPOを目指していたこともあって、仕事自体はとてもやりがいがありましたね。

―充実した環境の中で、なぜ「転職しよう」と思ったんですか?

去年の9月頃、とある人材エージェントの方と知り合ったことがきっかけとなりました。それまで、転職しようなんてこれっぽっちも考えていなかったのに、会った翌日から求人情報がバンバン送られてくるようになって。大半はスタートアップ企業のものでした。それらに目を通していくうちに「もう1度、0→1に近い業務に携わってみたい」という気持ちがむくむくと湧き上がってきたんです。それから、本格的に転職活動を始めました。

―POLを知ったきっかけは?

エージェントから紹介されて知りました。転職の条件として「社会的意義のある事業」「スタートアップ」の2点を挙げていたので、まさに当てはまる会社だということで。でも、連絡をもらった11月下旬には、すでに他社の選考が進んでいたので、代表の加茂さんとの面談に行く時も、前日まで迷いに迷って。事業そのものに意義があるのは理解できましたが、研究者という領域に自分自身が原体験や思い入れがなく、距離を感じてしまったんです。

金曜夜の会議に参加。事業に対する本気度合いで、心のアクセル全開に!

―迷った末、面談に臨んでみて、加茂さんや会社に対してどんな印象を受けましたか?

加茂さんと会って、POLの事業ビジョンや組織運営の哲学には共感しましたし、興味は増しました。けれども、なかなか「自分が活躍するイメージ」が湧かなくて。次のステップは、私の経験分野である営業・CSの責任者との面談で、1度目は純粋な面談、2度目は、実際抱えている課題に対してのディスカッションでした。それでもやっぱり「自分がPOLで100%コミットしている」というイメージが湧かなかった。優秀な人が集まる会社だから、逆に私は「週1回ぐらいの壁打ち相手」、つまり顧問のような立場でも充分にサポートできるんじゃないかと考えたんです。

―でも、今はPOLに入社されていますよね(笑)。その後は、一体どのようなステップを??

その時の正直な気持ちは加茂さんに伝えました。すると、12月に入ってから今度は加茂さんから「金曜の夜に新規事業の会議があるから、いらっしゃいませんか?」とお誘いがあって。その日はちょうど、内定をもらっていた会社への最終回答期日だったのですが、先方に延ばしてもらうようお願いして、会議に参加しました。8割方は他社に行くと決めていながら。

でも、終了後「なんかよく分からないけれど、この人たちと働きたい!」という気持ちに変わっていたんです(笑)。


―ミーティング中、峰村さんに何が起こったんでしょうか???

人や組織文化に対して、とにかく、非常に惹かれるものがあったんです。
参加メンバーは、加茂さんや社員の他、学生や社会人インターンもミックスした7~8人。若さや活気にも好感が持てましたが、何より、1人ひとりに「バリューを体現しようとしている」姿勢が見られたんですよね。

経営理念については、かつて在籍していたグロービスでもその重要性を教え込まれましたし、実際にそうだと私も考えています。でも、言葉を身体に染み込ませ、体現しようとしている企業は、実はそう多くない。だから、ミッションやビジョンの達成に向けて、本気でバリューを体現しようとしている会社があるんだ、という事実を目の当たりにして、心が動きました。

純粋に、フラットに、真正面から事業と向き合える

―ご自身でも思いもよらぬ形で決断に至り、入社してから1ヵ月以上が経ちますが、改めてPOLの良いところを聞かせてもらえますか?

純粋に、真正面から、事業と向き合えるところですね。組織にありがちな「人間関係の煩わしさ」みたいなものは一切感じられない。

自分自身は、入社後1回リセットされて、マインドセットされた感があります。根源的なものやスキルは変わりませんが、当事者意識がより一層強くなりました。これまでは「ここは社長の仕事でしょ?」と勝手な線引きをして、結局70、80の力しか出せてなかったかもしれない。でも今は「POLの業務は全て、自分の仕事である」という覚悟で臨むようになりましたね。私自身、様々な職種に広く関わってきたので、その経験を全社に活かせたらいいなと考えています。

―今後、POLでやっていきたいことは?

自分のような年代の人間が入ることで、これまでの熱くて良い組織文化が変に落ち着いてしまったり、ブレーキを踏ませるようなことはしたくないです。世代関係なく、フラットな間柄でいたい。40代の私が20代のメンバーに教えられることも多々ありますから。

組織が大きくなっても、今と変わらない熱量・密度を持ち続ける組織でありたいですね。人員の増加以上に、周囲を感化できるような“バリューの体現者”を増やしていくイメージでしょうか。OKRの進捗を確認しながらお互いを称え合う「BUMP FRIDAY」はすでに“正しい伝言ゲームの場”になっている気がします。

―峰村さんの紹介でジョインした社会人インターンのメンバーにも、まず「BUMP FRIDAY」に来てもらっていましたよね。

私自身入社して、いい意味で1番驚いたイベントが「BUMP FRIDAY」でしたから、彼女にもあの場を体感してほしかったんです。

もし、会議に参加せず、面接のみだったら、私はこの組織の熱量に触れることも、今ここにいることもなかったと思います。だから、これからも、POLにジョインしてほしい人には、社内のイベントや会議への参加を強く呼びかけようと思っています。



―峰村さん、ありがとうございました!

多様性のあるフラットな組織で、共に挑戦できる仲間を募集中!

POLにはカルチャーに共感する仲間が集まり、常に高い目標を掲げて成長を続けています。現在、複数の職種にて、共に働く仲間を募集中!少しでも興味を持ってくださった方、まずは1度気軽にお話してみませんか?

新規事業開発
閉ざされたLabを開き、社会の変革を加速させる新規事業開発者募集!
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
カスタマーサクセス
企業の採用戦略の構築から採用成功までを担うカスタマーサクセス募集!
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
フロントエンドエンジニア
要としてアカデミア分野に貢献。React使用のフロントエンドエンジニア!
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
PR/広報
全国のインターン生と協力し、大学から企業まで認知拡大を担う広報@POL!
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
マーケティング,営業,イベント
急成長スタートアップで顧客に価値を届ける営業がしたい学生wanted!
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
株式会社POL's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more