1
/
5

経験がないと一生言い続けるの?30代、異業種の壁を越えて出会ったカウンセラーの仕事 #3

こんにちは!ポジウィル広報のひーやんです。

今年の3月から始めた社員インタビューも、3回目を迎えました。今回、みなさんと一緒に考えたいのは、「自分のチャレンジを阻む壁」について。

「新しいことに挑戦したい」という気持ちを抱えつつも、お金や年齢、経験の有無などであきらめた経験がある人もいるのではないでしょうか。

そんな時に思い出してほしいのが、今回の主人公である「のぞみ」こと長谷部望の転職ストーリー。彼女は33歳でキャリアチェンジを決意。しかし、年齢や希望の職種が未経験であることから、転職に苦戦します。その苦境を乗り越え、ポジウィルに出会い、カウンセラーとして自分らしいキャリアの一歩を踏み出しました。

ユーザーさんの悩みを紐解き、「ゲキサポ!キャリア」への興味を育てる

ひーやん:今日は、よろしくお願いします!のぞみさんは今、ポジウィルでどんな仕事をしているんですか?

のぞみ:ゲキサポ!キャリア(以下、ゲキサポ)」のカウンセラーとして働いています。無料カウンセリングを通して、サービスに興味を持っているユーザーさんの悩みを聞き、サービスの魅力を伝える仕事をしています。

リリースから急成長を続ける「ゲキサポ!キャリア」

ひーやん:カウンセリングは、どんなふうに進めるのでしょうか?

のぞみ:ゲキサポは、ユーザーさんの転職活動に伴走していくサービス。問い合わせをする人はキャリア形成に悩んでいるため、これからの理想の姿をヒアリングしていきます。ネガティブな理由から転職を考えたのであれば、「どんな点に不満があるのか」を聞きますね。同時に、「やりがいを感じた瞬間」や「楽しかった時期」など、過去の成功体験も深掘りします。

話の内容から、ユーザーさんがモヤモヤを感じる原因や向いている職業を分析して、フィードバック。ゲキサポへの興味を膨らませてもらって、受注につなげていく役割です。

ひーやん:カウンセラーという名前からはイメージしにくいですが、セールスの要素も併せ持っているんですね。

のぞみ:そうですね。ユーザーさんの受注率がKPIに含まれるので、「個人営業」という役割に近いと思います。

ひーやん:とはいえ、カウンセリングのスキルやキャリアの知識もかなり求められますよね。のぞみさんは、キャリアカウンセリングの経験はあったんですか?

のぞみ:全くありませんでした。ポジウィルに入社するまでは、法人営業としてキャリアを重ねていたので、「個人」と向き合うのは初めての経験なんです。

ひーやん:具体的には、どんなキャリアを?

のぞみ:リクルートジョブズという、「タウンワーク」や「はたらいく」などの求人媒体を運営している会社で、9年間働いていました。九州地方のエリア採用だったので、勤務地は地元の福岡や熊本でしたね。前半の5年は、新規顧客の開拓と既存顧客のサポートをしていました。200社から300社を受け持ちながら、毎週1社ずつ新規顧客を獲得していましたね。

ひーやん:かなりハードですね!

のぞみ:おかげで鍛えられました(笑)。後半の4年は、既存顧客のサポートにフォーカス。担当社数も数十社ほどにのぼり、受け持つ顧客も、大手企業がメインでした。

9年間で培った法人営業のキャリア。30代で転換を決意

ひーやん:営業として、順調なキャリアを歩んでいるように感じました。どうして転職を考えたんですか?

のぞみ:30歳を過ぎたぐらいから、法人営業の仕事に対して「やりきった」と感じてしまったんです。私は、エリア職での採用だったので、営業以外の部署への異動もできませんでした。試しに、自分の将来設計を描いてみたのですが、この先も法人営業をしている姿が思い浮かばなくて……。このまま同じ仕事を続けるよりも、他の職種を経験して、自分の可能性を広げていきたいと感じました。

そこで、同じ職場から転職した先輩に相談をしてみたんです。すると、国家資格のキャリアコンサルタントを受けてみれば?と勧めてくれました。勉強してみたら、とても楽しくて、どんどん夢中になっていきました。試験にも無事に合格。「キャリアアドバイザーを目指そう!」と決意し、会社を辞めました。でも、そう簡単にはいかなかったんです。

ひーやん:何があったんでしょう?

のぞみ:キャリアアドバイザーを志望して転職エージェントを受けてみたのですが、「年齢的にも、未経験者の採用は難しい」の一点張りでした。ポテンシャル採用も厳しい30代の私に対する世間の目は、なかなか厳しかったです。

ある転職エージェントから内定をもらえたものの、「キャリアアドバイザーではなく、リクルーティングアドバイザー(法人営業)をお願いしたい」と言われてしまいました。

ポジウィル社員とのランチ風景

のぞみ:他にも何社か受けてみたのですが、経験のある法人営業でしか内定をもらえませんでした。結局、先ほどの転職エージェントの内定を承諾することにしました。でも、だんだん迷いが出てきてしまって。キャリアチェンジをしたくて転職活動をしたのに、本末転倒じゃないかと……。

ひーやん:そうですよね。

のぞみ:最終的には、お断りしました。とても心苦しかったのですが、自分の気持ちに嘘はつけないな、と。

ひーやん:私はその選択をしてよかったと思います。ただ、次の転職先はどうやって探そうとしていたんですか?

のぞみ:まずは福岡を出て、東京に行こうと思っていました。東京は福岡に比べて、仕事の量も幅もある。福岡に残って、限られた中で仕事を探すよりも、求人の多い東京に行った方が、自分の可能性を広げられるのではないかと考えたんです。

ひーやん:不安はありませんでしたか?

のぞみ:もちろん、不安でした(笑)。でも「1年後、自分はどうしていたいか」と自分に問いかけてみたんですよね。そこで出た答えが、「自分が後悔しない道を歩んで、笑顔で毎日を過ごしたい」だった。それならば、少しでも可能性のある方にかけようと思いました。

年齢は関係なく、できることを最大限にやる社風

ひーやん:上京してから、ポジウィルとはどんなきっかけで出会ったのでしょうか?

のぞみ:ゲキサポのキャリアトレーナーとして働いていた後輩の紹介で知りました。ずっと個人のキャリアと向き合う仕事をしてみたかったので、素直に「やってみたい!」と思えて。2020年2月から業務委託として働き始め、3月に正社員になりました。

ひーやん:働き始めてみて、どうですか?

のぞみ:もしかすると、年齢がネックになってしまうかな……と不安があったのですが、すぐに解消されました。年齢関係なく、一人ひとりがやるべきことに向かっていく。その雰囲気が、すごくありがたかったです。

オフィスにて

ひーやん:みんな年齢や経歴で、人のことを判断しないですよね。入社当初は、どんな業務を?

のぞみ:最初は、前職での経験が評価されて、カスタマーサクセスを担当していました。一人ひとりが担当するユーザー数が多いので、数百社を受け持っていた経験があれば、大丈夫だと思ってもらえたみたいです。

ひーやん:ただ、のぞみさんは、ユーザーさんの困りごとを解決するのではなく、キャリアと向き合う経験がしたかったんですよね。違和感はありませんでしたか?

のぞみ:カスタマーサクセスの仕事も面白かったのですが、ユーザーさんのキャリアに向き合いたいという気持ちが日に日に強くなっていきました。そこで、トレーナーのりこぴん(キャリアトレーナー 井下理子)に相談してみたんです。ちょうど、ゲキサポでLINEのチャット相談を立ち上げるタイミングだったので、対応を任せてもらえることになりました。そこから、カウンセラーの仕事に移行した形です。

ひーやん:カウンセラーは、ユーザーさんの悩みに寄り添いながら、法人営業のスキルも生かせる。のぞみさんに、ぴったりな仕事ですね。

のぞみ:確かに、法人営業の経験は生きています。相手の課題がどこにあって、どんな解決策を示すべきか。ただ、難しいのは、相手の感情に寄り添わなければいけない点。法人営業は「ファクト」が重視されますが、ゲキサポのカウンセリングは、相手の感情を読み解いて「共感」することが求められます。サービスの目的によって、求められるものが変わるのだと、日々痛感しますね。

分からないことはすぐメンバーに聞ける環境

ハードルは気にしなくていい。「挑戦してみたい」という気持ちを大切に

ひーやん:「年齢」と「未経験」の壁を超えた今、ポジウィルへの入社を検討している人にどんなことを伝えたいですか?

のぞみ:年齢や住まい、経験値など不安なことがあったとしても、「やってみたい」という気持ちが少しでもあるならば、大切にしてほしいですね。できないことを理由に、足踏みしている時間がもったいない。

私が今、人のキャリアに寄り添う仕事ができているのは、やりたいことを素直に伝えて、その気持ちを汲み取ってくれた人がいたからだと思います。少しでも興味があるならば、まずは口に出して行動してみる。それだけでも道は開けると思います。

ひーやん:結局、自分の夢を叶えられる人は、口に出したり、行動したりしている気がします。

のぞみ:実は、ユーザーさんにも同じことを伝えているんです。「興味がある職種があるけれど経験がない」とおっしゃっている方でも、深くヒアリングしていくと、生かせる経験があったりするもの。可能性は、自分が思っているよりも、ずっと広いものなんです。

なので、興味があるならばまずは一歩を踏み出してほしい。踏み出してしまえば、意外となんとかなるものですから。

ポジウィル株式会社's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more