キャリアカウンセリングの技術を活かして、会社をリードする面白さがある。キャリアトレーナーの仕事 #4

こんにちは!ポジウィル広報のひーやんです。

人生は、タイミングがものを言う。やりたいことがあるならば、飛び込むタイミングを間違えてはいけない──。今回の社員インタビューを終えた瞬間、ふとそんな言葉が頭をよぎりました。

そのタイミングを制したのが、第4回目の主人公「ほってぃ」こと堀田光一と、「かおり」こと池本佳織です。

ゲキサポ!キャリア(以下、ゲキサポ)」のキャリアトレーナーとして活躍する2人。それぞれフリーランスや大手企業といった全く異なる環境からスタートアップのポジウィルに正社員として転職しました。2人の目から見たポジウィルを紐解くと、今のフェーズだからこそ得られる価値が見えてきます。

正社員としてジョイン。一人ではなく、仲間とともにWillを叶えられる

ひーやん:今日はよろしく願いします!はじめに、お二人のこれまでのキャリアを知りたいです。以前はどんなお仕事をしていたんですか?



ほってぃ:フリーランスのキャリアアドバイザー(以下、CA)をしていました。

元々は貿易事務やフィールドセールスとして働いていたのですが、今後のキャリアに悩んでいた時に、たまたま出会った転職エージェントの方(前職の先輩)がとても親身になって相談に乗ってくれたんです。彼のカウンセリングを通して内省のきっかけをもらえたことで、自分がどんな未来を切り開いていきたいかが見えてきたんです。自分がやりたいのは、彼がやっているような「人に本気で向き合う仕事」だと分かり、お願いして彼の所属している会社に入れていただきました。小さな会社だったのですが、1年ほど働いたところで、先輩方の退職をきっかけに独立しました。

ひーやん:先輩の存在が大きかったんですね。なぜ、ポジウィルに正社員としてジョインを?

ほってぃ:一人でできることの限界を感じていたことと、社会へのインパクトを生み出す仕事をしていきたいと感じていたからです。

実は、CAの仕事をするうちに、葛藤が生まれてしまって……。キャリア面談を通して、一人ひとりの人生を良くすることはできるかもしれないけれど、もっと社会を根幹から変えるようなことに携わってみたいと考えるようになったんです。

そんな時に、ポジウィルに出会いました。専属のキャリアトレーナーが転職活動に伴走する「ゲキサポ!キャリア」は、無理やり求人を紹介せず、求職者側の人生そのものを応援するというコンセプトが、既存のサービスと大きく違っていて、面白いな、と。自分たちのサービスを通して、社会を変えていくのだという思いが伝わってきたので、ジョインしました。

ひーやん:かおりさんは、どんなキャリアを歩んできたんですか?



かおり:私は女性が自分らしくより幸せな人生を送るきっかけを作りたくて、自分の人生を変えてくれた留学ビジネスで起業し、3年間会社を1人で運営していました。ただ、留学エージェントでは人生を変える「きっかけ」は作れても、その後のキャリアに活かすまでのサポートが出来きなかったこと、そしてほってぃと同じく、1人でやることの限界を感じてしまいました。

そこで、大きな組織のキャリア領域で経験を積んでみようと、リクルートに転職。リクルーティングアドバイザー(以下、RA)として製造業の企業を担当してきました。

ひーやん:リクルートは優秀な人が多くて、とてもいい会社のイメージがあります。

池本:いい会社でしたよ。年収も、やりがいも文句ナシ。メンバーも優秀で本質的な議論ができる人が多かったですし、お客様にも恵まれていました。でも、私の思考性とは合わないと感じてしまったんです。私は完成された組織で働くよりも、未完成でも試行錯誤しながら道を築いていくほうが好きなのだと、入社してから気づいて。仕事は好きだったのですが、自分の思考性のズレが、心の中に引っかかって、ずっとモヤモヤしていました。

そんな時に、元々友人だっためいちゃん(代表・金井芽衣)に再会しました。一緒に話していくうちに、自分が本来叶えたかったwillを思い出していったんです。

ひーやん:どんなことだったんですか?

かおり:「悩める女性が自分らしく、より幸せな人生を送るためのサポートや発信をすること」でした。私が留学エージェントを立ち上げたのも、コンプレックスだらけの自分が留学を通して変われたから。かつての私と同じように、悩みを抱える女性が自信を持てるきっかけを作りたいと考えていたんです。その気持ちを思い出した時に、ユーザーさんの“キャリア”を通して、幸せな人生を送るためのサポートができる「ゲキサポ!」は、私にピッタリかもしれないと思いました。

めいちゃんも、「かおりちゃんが叶えたいことを、私たちと一緒に実現していこう」と言ってくれました。ゲキサポも去年の秋にローンチされたばかりで、まさにこれから自分たちの手で道を作り上げるフェーズ。会社の規模感やフェーズが自分の思考性にあい、また自分のwillと事業内容がマッチしたので、迷わず正社員としてジョインを決めました。

ユーザと徹底的に向き合い自立支援。それがポジウィルのトレーナー

ひーやん:入社後は、キャリアトレーナーの仕事をどんなふうに進めているんですか?

ほってぃ:Zoomでの60分間のオンライン面談と、LINEのチャット相談で、2ヶ月間ユーザーさんの転職活動に伴走しています。面談では、ユーザーさんの幼少期から現在までを人生を棚卸し。約10回の面談を通して、今後の人生の方向性を探っていきます。

ひーやん:そんなに遡るんですね!


STEP1,2を終えたら、職務経歴書の添削模擬面接など具体的なアクションをしていきます。

ほってい:ユーザーさんが自分の人生を振り返りやすいように、初回の面談の前に自己分析と事前ワークをしてもらいます。

かおり:事前ワークシートでも、そこまで聞くの⁉っていうくらい、ユーザーさんに対して深掘りをしていますね。自分で気づけなかった強み・弱みを明確にしていくんです。

ほってぃ:面談を始めてからは、ユーザーさんが何にモヤモヤしているのかを分析するために、現職の不満をヒアリングします。次に「ゲキサポが終わった後にどうありたいか」というゴールを設定。ゴールに向けて「どんな行動をしていくのか」「面談で何をするのか」を話し合います。

ひーやん:こちらが一方的にアドバイスをするのではなくて、ユーザーさんが「どうしたいのか」を引き出していくイメージですか?

ほってぃ:そうですね。大切なのは、ユーザーさんが「どんな会社に転職したいか」ではなく「どうありたいか」転職を成功させることも大事ですが、ゲキサポがフォーカスしているのはユーザーさんの「人生の軸」です。軸を見つけられないと、自分のマッチした会社や職種を選べず、同じような壁にぶつかってしまうから。ユーザーさんに、納得のいくキャリアを選んでもらうためには、本人にとって揺るぎない「軸」を醸成することが欠かせません。

かおり:ユーザーさんの人生と向き合い、自立をサポートする立場ですから、私たちも決して手は抜けません。そのため「しっかりと寄り添える数しか担当しない」という点も特徴です。大手の転職エージェントだと、1人あたり100人を担当をすることも多いのですが、ゲキサポはその1/5程度一人あたり15人。量よりも、“深さ”を大切にしています。

ほってぃ:「ユーザーさんからお金をいただく」点も特徴的ですよね。2ヶ月で30万円以上もするので、入社前は「高額だし本当にユーザーがいるのかな?」と疑っていたんです(笑)。でも、入ってみて納得。高額だからこそユーザーさんの本気度が高いし、キャリアトレーナーも緊張感を持って取り組めていると思います。

かおり:ほってぃは、ユーザーがいるか不安と言っていたけれど(笑)ちゃんと多くの方にご利用いただいています。これまでポジウィルのサービスを利用してくださったユーザさんは、2000名ほど。事業は急成長しています。私たちは、ユーザーさんの大切なお金をいただいている立場。その金額以上の価値を届けていきたいという使命感を持って、日々向き合っています。

ユーザーさんとはオンラインで面談しています

キャリアトレーナーの経験があるからこそ、様々な業務にチャレンジできる

ひーやん:キャリアトレーナーとして正社員入社した後は、どのようなキャリアパスがあるのでしょう?

かおり:2つあります。1つめは、キャリアトレーナーとして成長すること。2つめは、正社員だからこそ、キャリアトレーナー業務にプラスしていろんなところにチャレンジできることです。

ひーやん:キャリアトレーナーの経験があるからこそ、様々なことにチャレンジできるのはすごく魅力ですね。

かおり:そうですね。ほってぃは採用にも関わっていますし、私もこれまでの起業経験と自分のwillを活かして、女性向けキャリア&ライフコーチングの「ゲキサポ!Woman」を立ちあげて、事業責任者を務めています。新規事業立ち上げに得意分野で関わったり、会社を良くしていくという意味でどんどん手を挙げてメンバーになれる。スタートアップの今だからこそ、自分の経験を生かしながらキャリアの幅を広げていくことができると思います。

ほってぃ:自分のやりたい気持ちもそうだし、自分の行動によってチャンスをつかめる可能性にあふれていますよね。

自分の経験を生かし幅を広げるメンバー


ひーやん:自分の手で道を作っていける面白みはありますよね。最後に、ポジウィルのキャリアトレーナーに合うのは、どんな人だと思いますか?

かおり:転職エージェントやキャリア支援の経験ももちろん必要ですが、何かしらの成功体験や、やり遂げた経験のある人が向いていると思います。人と向き合う立場のキャリアトレーナーが、人生に対して後ろ向きだと、ユーザーさんを導くことはできない。自分で目標を立てて、やり遂げた経験のある人は、どんな状況でも物事を前向きに捉え、ユーザーさんを導いていく力があると思うんです。

ほってぃ:僕は、自分のキャリアや自己について深く内省して、それを乗り越えてきた人もいいなと思います。そもそも悩んだ経験が少ない人だと、ユーザーの気持ちがわからない。

自分の弱さと向き合って、克服したり受け入れてきたりした人だったら、きっとユーザーに寄り添いながら、一緒に道を築いていけると思います。

ポジウィル株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more