1
/
5

【PostCoffee社員インタビュー】ロジカルさとかっこよさ、両方を追い求められるPostCoffeeのデザイン業務

コーヒーのサブスク「PostCoffee」を運営するPOST COFFEE株式会社には、スペシャルティコーヒーを広めるべく奮闘するコーヒー好きなメンバーが続々とジョインしています。このシリーズでは、PostCoffeeの中の人はどんな人なのか、ご紹介していきます!

今回は、2021年10月に入社したデザイナーの上山美波さんをご紹介。入社直後より幅広い業務を担当されている上山さんにPostCoffeeでのデザイナー職の特徴を教えてもらいました。

上山美波

大阪府出身。イヤホン専門店e☆イヤホンにて、WEBデザイナーとしてのキャリアをスタート。2020年10月に昨年10月にLIDDELL株式会社へ入社。iOSアプリのUIデザインを中心にデザイン業務を担当する。2021年10月、POST COFFEE株式会社にデザイナー/カスタマーサポート担当として入社。

Q:デザイナーになったきっかけを教えてください。
2020年の6月頃に上京したのですが、以前、大阪にいた頃にはカスタマーサポートの仕事をしていました。そんななかで、「手に職を付けたい」と思う場面があり、HTMLとCSSの本を1冊買ってみたのがきっかけです。

10代の頃に、自分でホームページを作るのが流行ったり、昔から友達のバンドのフライヤーを作ったりと、簡単なレベルですが、少しだけデザインソフトやHTML・CSSの知識があったので、「デザインできるかもしれない」と思って始めました。

買った1冊の本での勉強を数ヶ月で仕上げ、ポートフォリオサイトを作ってみたら、当時カスタマーサポートをしていた会社のデザイン部署に異動できることになりました。東京のデザイン部署へ転勤し、デザイナーとしてのキャリアがスタートしました。

Q:PostCoffeeへの入社以前にはどんな仕事をされていましたか。
先ほど上げた会社でしばらく勤めた後、インフルエンサーマーケティングの会社に入社しました。そこでは、UIデザイナーとして、自社で開発しているマーケティングツールのアプリデザインを担当していました。


Q:その後、PostCoffeeへの入社を決められた経緯を教えてください。
前職を退職した後4ヶ月くらいお休みした後、転職活動を始めました。いくつか自分の中で条件はあったのですが、1つ、大きく思っていたのは実体のある「もの」を売る会社に勤めたいという点です。

応募前には、PostCoffeeが扱っているスペシャルティコーヒーのことも全然知らなかったのですが、話を聞いていくうちにその価値がよく分かりました。それに、スペシャルティコーヒーを売ることによって、生産地の方だったり、いろんな人が救われていくということも会社として意識していることが伝わってきて、惹かれていきました。

あとは、会社の規模感も気にしていたことのひとつでした。あまり経験のない業務だとしても、いろんなことにチャレンジしたい性格なので、任せてもらえる範囲が広い、まだ少人数の会社に入ってみたいなと思っていました。

Q:現在の業務内容と、そのやりがい、大変なところを教えてください。
業務としては、主にサービスサイトのデザインと、チラシなどグラフィックデザインを大きな軸として働いています。もちろん、細かい発注作業や、CCOのアシスタントなどもします。それから、現在はカスタマーサポートも兼任しています。

やりがいとしては、デザイン業務の中だけでもかなり幅広いことができる所だと思います。今まではUIデザイナーという肩書きだけで、ロジカルにルールに則ったデザインに重きを置いて仕事をしてきました。でも、PostCoffeeのデザインは、いかに「かっこいいか」、「イケてるか」といった点もとても大切にしていると思います。私自身、まだまだですが、箱のデザインやトートバッグなどのグッズ、チラシなど自分のセンスやクリエイティビティを鍛えられる部分も多いので楽しいです。代表も副代表もデザイナーの仕事を長くやってきているので、デザインを重視しているし、長い経験のある人のそばで実際の業務をみることができるのも勉強になります。

大変なところとしては、逆にロジカルさが若干欠けている時があることでしょうか。これまで、スピード勝負で少数精鋭でとにかく走り続けてきたと思いますが、最近フロントエンド専門でやってくださるエンジニアの方がジョインしてくれたりと、これからは人が増えていくので今までよりもさらにロジカルな説明が必要になっていくと思います。なので、個人的にも、デザイナー間やエンジニア間だけではなく、他の部署の人にも意図を説明できるように意識しています。



Q:PostCoffeeへの入社前後で会社のイメージにギャップはありましたか。
この少人数で、このタスク量をこなしているのには驚きました。それぞれがさまざまな業務を横断的に、こなしていると思います。

あと、仲は良さそうという印象はあったのですが、想像より「馴れ合い」みたいなものがなかったです。もうちょっとなあなあな感じなのかもと思っていたのですが(笑)。決して仲が悪いというわけではなくて、それぞれがそれぞれの仕事をピシッと自律的に進めていたのはいい意味でのギャップでした。

Q:今後の目標を教えてください。
PostCoffeeでは、リードUIデザイナー兼ディレクターを目指したいです。UIデザインはグラフィックのかっこいい部分だけではなくて、ロジカルな部分が大きいので、どちらかといえば私の得意分野かなと思っています。あとは、今まで勢いでどうにかなってきた進行管理やディレクションなども、人数が増えていくのにしたがって、整えていきたいなと思っています。今もグングンとサービスが成長しているところですが、関わる人も増えていく分、デザインの統一や流れの整理など、今後のフェーズを想定した動きができるようになりたいなと思っています。

Q:最後に、PostCoffeeへの入社を考えている人へメッセージをください。
年齢や肩書きに関係なく、意見を言える空気がある職場です。なので、意見をはっきり言える人が来てくれたら嬉しいなと思っていいます。それから、みんなでいろんな業務を兼務している状態なので、まだこの会社に存在していないポジションもたくさんあると思います。自分で業務を拾ってポジションを開拓できるような人が来てくれたら面白そうだなと思っています!

(取材・執筆:白鳥菜都 / 撮影:下村領)

POST COFFEE 株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
POST COFFEE 株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?