1
/
5

副業にうつつを抜かすエンジニアを社長がとっちめてやった話し

株式会社プラハ、代表取締役兼エンジニアの松原(@dowanna6)です。


突然ですが、弊社は血も涙もない会社として名を馳せております。「社員」とは「家畜」の別称であり、社員の時間は会社の時間。副業なんて以ての外です。副業をしているエンジニアは発覚次第、八つ裂きにしてやりたいと常日頃考えながら目を光らせています。

そんなある日のこと。


あっ!


松原「お前、副業してるな!」

堀「いや、違うんです!これは・・・!」

松原「問答無用だ、こっちに来い!」


副業エンジニア、堀を捕獲しました。よく見れば副業にうつつを抜かしそうな顔をしています。

松原「隠れてコソコソ何をしていたんだ。怒らないから正直に言いなさい」

堀「ennoshitaというサービスを作っていました・・・」


被疑者が副業に加担していた物証

松原「これは一体どういうサービスなんだ」

堀「結婚式の二次会を盛り上げるサービスです。新郎新婦にまつわるクイズを作成して、参加者がリアルタイムに回答できるんです」

松原「ほう・・・なぜそんなモノを作ろうと思ったのだね」

堀「最近周りで結婚式が多かったので、何か身の回りを便利にしたり、人を幸せにするツールを作りたいと考えたんです。知り合いのデザイナーとデータサイエンティストも何か作りたそうな目でこちらを見ていたので、つい・・・」

松原「どうせDMMあたりに売却するつもりなんだろう」

堀「(するどい)」

松原「値段は8167円か・・・割り切れない数字にしたようだな。いいだろう、私が手ずからサービスを体験して、その腐った魂胆を暴き出してやる」

堀「え、使ってくれるんですか」

松原「そうだ。無料アカウントをよこせ。8167円は払いたくない」

堀「(この人、社長なのにケチだな・・・)参加者20名までは無料で使えますよ」

松原「それなら話は早い。まずは使ってみよう」


続きはブログで!

Praha Inc.'s job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings