【広報は見た!】実情が見えないベンチャーの教育体制・・・その真相と企業の本音に迫る。

こんにちは。GWがもう遠い過去のようで、驚きを隠しきれていないプルークス広報の硲(ハザマ)です。
7月の半ばまで祝日がないなんて、信じられません。本当ですか?

そんな私のことはさておき、19新卒の方々は就職活動真っ只中ですね。
就職が決まったら、入社後どんな生活があるのかな〜と不安になっている人も多いと思います。

定例会でのブログでも少しだけプルークスの研修について触れましたが、先日社内で気になる勉強会が行われていたようなので、潜入調査をしてきました。(TOP画像は潜入調査をイメージしています。)

ベンチャーって、研修や勉強する機会なんてないんでしょ?というイメージの方も多いと思いますので、この機会にプルークスの中のことも少しだけ知ってもらえると嬉しいです。

勉強会・研修・プルークス大阪デビューの3部構成でお送りします。

仕組みから考える!プルークスの勉強会。


す、すごい。みんな真剣な表情をしている。こんな真面目な顔見たことない(それは流石に嘘)。

メンバーをよく見ると・・・4月以降にご入社された方々です。

今回は、テレマ勉強会を行なっていたようです。
リーダーからの話だけではなく、4月に入社したばかりのメンバーたちが業務を開始してみて感じたことを話し合い、どのように仕組みを作っていくのが良いかを全員で考えていました。

こちらは5月入社の西村さん。頼もしい。(その向こうでバッチリカメラ目線の佐々木さんが気になる。)

もちろん、業界やプルークスでの仕事の知識は先輩社員の方が豊富にあります。
しかしそれだけではどうしても既存の考えに固まってしまうため、プルークスでは常に新しく入社した方の意見も取り入れています。新しい意見はとても新鮮で、実際に働く社員が仕組みを考えることによって、常に働きやすい環境を作っていくことが大事だと考えています。


宮原リーダーも熱が入っていますね。

各々知識や経験を持ち寄り、営業スキルを高めるための勉強会となったのでした。
また面白そうな勉強会があれば、潜入したいと思います!

ベンチャーの研修、どんな感じ?

先日のブログで紹介させていただいた「全部署体験研修」

それってなに?なんでやっているの?と色々お聞きいただくことが多かったので、改めてご紹介できればと思います。人事の山本さんに聞いてみました。


新卒で入社するということは、中途採用での入社とは違い初めて「会社」という場所に身をおきます。
「学生」から「社会人」に肩書きが変わるとはどういうことなのか。
もちろん、流れに身を任せていれば自然と社会人になることはできます。しかしそうではなく、プルークスを選んで入ってきてくれた方には自分を持って仕事に向き合う社会人になってほしい。

そんな思いから、今回の研修がスタートしました。

全部署研修を通して、どのように社会・会社が回っているのか、自分たちが周りに与えられることはなんだろうか。そして仕事をきちんとやりきることとはどういったことなのか。そういった点を身につけ、どこにいっても自分らしく生きていけるマインドセットができたら と思っていました。

営業・制作・アシスタント・インサイドセールス・営業企画・採用・広報・総務・経理・法務、、、
それぞれの部署の全社員と関わりながら、様々な仕事にチャレンジをしてみた2人。

実際に、この全部署研修を終えた新卒ガールズはどんな思いなのでしょうか。

杉山さん、カメラを向けても集中力が高いですね。プルークスパーカーの着こなしがベテラン級です。

「入社から1ヶ月正直大変なことばかりでした。
 しかし、前向きに業務に励むことができています。
 ビジネスマナーの徹底、会社・事業・仕事内容の理解とアウトプット、やりきる癖をつける。
 できなかった時は、原因を考えてきちんとプランを立て直し実行することを続けたいです。」


カメラを意識しまくりな土肥さん。(その向こうで同じくカメラを気にしている久次さん)

「達成するということを考えるようになりました。
 目標を立てると、粘り強くチャレンジすることができます。
 基礎固めは大事だけど、そこからクリエイティブを自分なりに広げていくことを忘れない。
 常に定量で振り返って、次の課題や行動を明確化していきたいです。」

4月2日の入社式とは見違えるほどたくましくなっていくプルークスの新卒。
初受注が楽しみですね。また皆様にもブログを通じてご報告したいと思います!


大阪で、説明会してきたんやで〜


最後に、プルークス初の大阪での説明会の様子を皆様にお伝えしたいと思います!

どん!

めっちゃ来てくれました!!

本当に、来てくださった皆様ありがとうございました。実際に説明会がスタートするまでドキドキそわそわしておりましたが、続々と来てくださる関西の学生さんたちを見ているととても嬉しい気持ちになりました・・!

私は和歌山出身なのですが、大都会東京に10年いながらも関西弁(というか和歌山弁)を貫き通しているので、久々に関西弁だらけの中に身を置いて心が和やかになった気がします。この中から、来年の4月にプルークスで一緒に働けるメンバーが出て来てくれたらそんな嬉しいことはないな〜、すごい縁だな〜と、帰りの新幹線で(ビールを飲みながら)しみじみと考えていました。

ちなみに、初の大阪での説明会を行うことになった経緯は、以下のような人事山本さんの提案からです。


最近プルークス、関西人の入社多くない?じゃあこっちから会いに行こう!


決断が、早い。



落ち込んだときにはいつも
“どんな雲にも裏側には太陽がある”ってことを忘れちゃいけない


これは、スヌーピーのお話に登場するチャーリーブラウンの言葉です。
この言葉、わたしがとても大好きなんです!

水曜日、東京では久しぶりにしっかり雨が降りました。
わたしは太陽の光を浴びるのが大好きなので、いやだな〜と思っていたのですが、いつも通っている道に紫陽花が咲いているのを見つけました。

急に満開になったわけじゃないのに、気づいたら咲いている。今まで全く目を向けていなかったのに、きっと傘をさしていて少しいつもより視線が下がったから気づけたんだと思います。

こういうとき、普段どれだけ狭い視野の中で生きているんだろう と改めて自分を振り返ります。

落ち込むことがあっても、視野を広げたら、その先には新しい発見や良いことが隠れているのかも?
そういう時はいつも、チャーリーブラウンのこの言葉を思い出しています。



本格的な梅雨が始まる6月ももう目前。たくさんの紫陽花が咲くのが楽しみ!


次回は5月の締めくくりの定例ブログを更新予定です。
そして、プルークスの研修の研修や勉強会に興味を持った方は、お気軽に遊びに来てください〜!


動画マーケティングプランナー
ニーズの一歩先をいく、新しいビジネスを10事業、一緒に創りましょう
プルークスは、動画広告マーケットでマーケティングコンサルを行うスタートアップ企業です。 動画業界では珍しいコンサル出身メンバーで創業し、「クリエイティブを科学する」という考えのもと、クライアントの課題解決に向け、動画を中心としたマーケティング・PR領域で事業を展開しています。 マーケティング全体の設計から動画の企画プランニング、制作プロセスのディレクションや広告配信までをワンストップで提供し、付随して必要なwebや販促物の制作など、あらゆる機能を提供し、クライアントの事業価値向上への貢献を目指します。 実績としては、設立から3年で大手からベンチャー企業を中心に、500社2,500本以上の動画を制作し、2年連続で200%以上の成長率を続けきました。今後さらに会社と事業を拡大させていきながら、 “誰もが動画を使える世界” “そして、動画をうまく活用できる世界” この2つを実現するために、既存の事業領域に留まらず、 新しい事業を立ち上げ、日本の動画マーケットを牽引していきます。 ■実績企業 三菱東京UFJ銀行、花王、富士通、住友商事、ファミリーマート、JTB、NTTグループ、じげん、アトラエ、TSUTAYA、リクルート、竹中土木、朝日新聞、損保ジャパン、Sansan 他 http://proox.co.jp/works/ ■制作動画用途 TVCM、WebCM、プロモーション、ブランディング、展示会、採用、教育、マニュアル、商品紹介 等 ■広告ジャンル TVCM、Youtube広告、SNS広告(Facebook、Instagram、Twitter等)、サイネージ、記事広告(コンテンツマーケティング)、街頭ビジョン、トレインチャンネル 等 ■運営メディア マーケターのための動画情報メディア「動画アカデミー」 http://video-academy.jp/
株式会社プルークス



(撮影中のオフショット。笑いすぎです。佐々木さん、ご協力ありがとうございました!)

株式会社プルークス's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings