夢を目指しながら働く

株式会社パフに入る前

今、連ドラ脚本家業をしながら、パフで広報担当をしています。 はじめまして、皐月彩です。     中学生のころからずっと脚本家を目指し続けていました。 正直、就職する気なんかみじんもなかったんです。   でもある日、脚本家の師匠にこんなことを言われました。 「あなたの作品は未熟だ。人を愛していないことがわかるから」 その言葉は私のトラウマとなりました。     師匠が言った通り、私は人が嫌いでした。 人と話すのも、気を遣いすぎてしまう性格から避けて避けて大学生に。 なんとなくうまくいっていたから、これでいいやと思っていたんです。   でも、それが作品ににじみ出ていた。 人の心を動かすべき脚本家なのに。矛盾している自分に気づきました。     変わりたい。 人に興味を持ち、社会に興味を持ち、自分自身が頼られる人間になりたい。 そのために、部屋で、大学で原稿だけに向かうのをやめて就活を始めました。   私の就活の軸は絶対に脚本家になる目的と一緒にする!と心に決めていました。 ずばり、それは「明日会社に行くのが楽しみになる社会をつくる」こと。   そのために選んだ仕事が、このパフの仕事です。

現在

現在、会社で広報担当をしています!

インターン生を募って行う社会人訪問プロジェクト 「100×10チャレンジ」が主に私の担当になります。   実は、私はこのインターンの出身。 人嫌いを治したい!同学年の友達を作って、気持ちを知りたい! そんな思いで申し込んだ大学3年生の秋。 今でも、あの時一緒にインターンをしていた子たちと連絡を取っています。

私がこのインターンで得た気づきは ・人は思ったよりも自分を嫌いじゃない! ・人は自分の話に耳を傾けようとしてくれている! ・人は、それぞれ違う人生を持っていて面白い! というものでした。

就活からは当時まだかけ離れていたかもしれませんが、 脚本家しか道がないと信じて疑わなかった過去に比べると 「もっと外の世界のことを知りたい」という気持ちが深まっていました。

あの仕事しかしたくない! この業界にしか興味がない! そもそも、就活なんてしたくない!

そんな学生時代の私にそっくりな学生たちに このインターンプロジェクトを広めたい。 そんな思いで仕事をしています。

株式会社パフについて

私が脚本家業をしながら会社に勤められている理由。

それはたぶん、パフの中に 働くことへの満足=人生の充実 という基本姿勢がしっかりと根付いているからだと思います。

社長はシンガーソングライターになりたい! 中途で入ってきた社員は一生劇団員でいたい! 新卒バリバリ営業マンが愛車を一生愛し、その愛を広めたい!

一人一人が個性豊かな夢を笑顔で語ってくれる環境だからこそ、 私も胸を張って、「日本一の連ドラ作家になりたい!」と 笑顔で宣言できているんだと思います。

だからといって、仕事そっちのけで夢を追いかけているわけではありません。 パフにはお取引先から「あの人は仕事ができる!」と評価いただいている社員がたくさん所属しています。

一流の夢を叶えるには 一流の積み重ねが必要。 自分の力だけで仕事は成り立っているのではない。

そんな当たり前のことを毎日意識しているからこそ パフの社員は仕事も!夢も!と欲張りになれるんです。

今後どういうことをしていきたいか

社会人訪問型のインターンをしているので、 お取引先の方に、学生がお伺いする機会がうちの会社にはたくさんあります。

その時に、「皐月さん、すごい人なんだよ~」と 話題に上れるような、仕事も脚本もできる社員になります!

株式会社パフ's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Picture?1522985244
Picture?1522985005
B81a1c24 4845 4691 b0e8 8fd7943bd596?1527506075
Picture?1523030912
9 Like
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Picture?1522985244
Picture?1522985005
B81a1c24 4845 4691 b0e8 8fd7943bd596?1527506075
Picture?1523030912
9 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon