【社員インタビュー】「自分を試してみたい」悔しさをバネに確実に前へ。

インタビュー対象者

溝呂木佑介 テルル事業部 入社2年目

ズバリ、どんな人?:とにかく負けず嫌いです!



入社のきっかけと、その決め手を教えてください。

元々は居酒屋店に勤めており、転職を考え始めた頃に求人サイトで見つけた携帯販売に興味が湧きました。
職場に着いてまず思ったのが、活気の凄さと従業員とお客様が楽しそうに話している様子がとても印象的でした。
初めは知識や経験も無い私が働いて行けるのかと不安にもなりましたが、充実した研修制度や、何より年功序列では無く実力次第でキャリアップが出来るシステムに魅力を感じ、負けず嫌いの私はこの会社で「自分を試してみたい」という感情が強く芽生え入社を決意しました。
また、福利厚生面でも充実し、家庭を持つ私でも働きやすい環境であることもポイントでした。



人生の中で一番熱中した事はなんですか?

高校で始めたバスケットボールです。
当時、30人いる部員の中で未経験の私はレギュラーの座を掴む事は容易では無く、ベンチで応援をするばかりの日々が続いていました。
しかし悔しさをバネに、練習が終わったあとも仲間同士で自主練習を続け、半年後にはレギュラーを掴み取り地区大会で優勝、最終的に高校3年生の時には主将を務めました。

その経験は今の仕事でどのように活きていますか?

入社後、テルルには個人ランキング制度がある事を知りました。高校でのバスケ同様、やるからには1位を取るという意識を持ち日々の業務に臨みました。しかし、入社から2ヶ月程が経った時点でも、未だにランキングは100位前後...あれほど悔しい思いをしていたのは高校以来でした。とにかく負けず嫌いなんだと自分でも思います笑
その後は家で勉強したり、家族や友達に協力してもらいロールプレイングを積み重ね、4ヶ月目には遂に3位を取る事が出来ました。

現在はテルルランド春日部店で店長を務めております。バスケ部時代同様、自分の意思だけでは無く、店舗スタッフの意見から気付かされる事も多いです。
チームで切磋琢磨し、悔しさをバネにひたむきに取り組む。この感覚はスポーツでも仕事でも、根底で通じるものがあると感じています。



休日はどのように過ごされていますか?

最近は子供が自転車に乗りたがっているので、朝から公園で自転車の乗り方を教えてます。終わったら家族皆で買い物に行ったりしますね。
今年は、会社のホリデー休暇制度(5連休)を使い、家族旅行を計画中です。

仕事で疲れた日でも、子供の寝顔見ると疲れが吹き飛ぶって良く聞きますが、父親になって本当に吹き飛んでます笑
私が一生守って生きたい『宝物』です。

今後ピーアップでどのようなことを行なっていきたいですか?

今は店長をやっておりますが、来期にはエリアを統括するチームリーダーになる事が今の目標です。                                             そして、5年後にはテルルを束ねるマネージャーになっていたいです。
まだまだ未熟ですが、テルルは頑張れば頑張った分評価をしてもらえるので、挑戦し続けようと思います!                          


テルルの詳細はこちらから
株式会社ピーアップでは一緒に働く仲間を募集しています
株式会社ピーアップ's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon