ANA社員からインターンシップで海外へ。そして今クオンで働く理由

株式会社クオンは創業から一貫して世界展開を行ってきました。チャットアプリ用スタンプ発のキャラクター事業にフォーカスしてから全世界30億DL(世界一)の実績を誇るキャラクター企業です。

後編では、同期入社の杉山さん(コンテンツ企画)が小楠さん(人事採用)に、クオンに対する思いや入社に至るまでの経緯をインタビューしました!

前回の記事はこちらです。

杉山:よろしくお願いします!まず自己紹介からお願いします。

プロフィール


小楠ひとみ(おぐす ひとみ)
埼玉県出身。卒業後は全日空のグランドスタッフとして国際線の運航を担当。その後渡米し、現地のツアーガイドとして、世界中からの旅行者のサポートと業務改善に尽力する。現在は株式会社クオンに入社し、管理部人事採用担当に配属。主に採用業務を行なっている。

「がむしゃらに生きた20代前半」

杉山:小楠さんはクオンに入社前はどんなことをやっていたんですか?

小楠:私も杉山くんと似ていて、いろんなことにチャレンジしたい好奇心旺盛な性格なので、結構二転三転していて…一番最初は幼少期から憧れだったグランドスタッフとして羽田空港で働いていました。語学や異文化に触れることが楽しくて、仕事を通じて自身のスキルアップにもなっていましたし、とにかくがむしゃらに毎日必死で仕事をしていました。

杉山:そこから心機一転。なぜ会社を辞めてまで、海外に移住することをきめたんですか?

小楠:働いているうちに目指すべきものが変わってきて、この環境だけで異文化や語学に触れるのは物足りないという思いが強くなっていきました。もっと広い世界に身を乗り出して外の世界を見たいと思ったのと、観光ではなく住んでみないとわからないこともあると思ったので、退職を決意し、海外に住んでインターンシップをすることに決めました。

(ツアーガイドをしていた頃)

(当時の写真)

杉山:確かに、同じ場所でも観光で見える内容と実際に働きながら生活していくのでは全く印象が違いますよね。現地ではどんな業務をしていたんですか?

小楠:現地ではツアーガイドとしてお客様のサポートを行なったり、自らがスクールバスのような大型の車を運転しながらガイドをしたりと、語学や異文化以外にも、自分が成長できるようなチャレンジがある環境で働くことができました。本当に楽しかったです!できないことなんてないんだ!って思うくらい自分に自信がつきましたし、毎日充実した日々を過ごしていました。


(スクールバスを運転していました)

「クオンとの出会い」

杉山:海外でのインターンシップ終了してから帰国後は何をしていたのですか?

小楠:帰国してから、自分が何をやりたいのかすごく迷っていました。というのも、楽しんで仕事をするという感覚が、日本にはあまりないような気がして。仕事は仕事、楽しいことはまた別という考え方が、その時はすごく嫌で、日本で働こうとする気力ややる気がまったくありませんでした。半年以上フリーターみたいな感じでしたね(笑)それに、次に就く仕事は、今までの経験を活かさないと無駄になるのだろうかとか、そういう義務的な考えがプレッシャーになっていたのもありました。

杉山:大切な経験をしたからこそ重荷になってしまったんですね。

小楠:でも今までいろんなことにチャレンジしてきた私に、そういう考えは合ってないということに気が付いて、自分が会社と一緒に成長できるところに勤めようと思い、このクオンという会社を見つけました。会社のビジョンでもある「創造が世界を幸せにする」というワードを聞いて、すごくワクワクしましたし、やっぱり楽しく働くことが私のモットーだなと改めて実感し、ここで働きたい!と思うようになりました。単純ですけど、自分の中では、ピン!ときたんです。

杉山:実際に入社前と後でクオンに対する印象の変化はありましたか?

小楠:特にギャップは感じませんでした。というのも、面接では会社が人を選ぶというよりは、自分が会社を選んで、お互いが対等に話ができたので、自分の不明点は消化されていましたし、入社時にはほぼクリアになっていました。あえていうなら、一緒に働く人だったり環境は自分が感じてみないとわからないですが、雰囲気もとても柔らかく、風通しもかなり良いと思います。

「クオンの顔として魅力を伝えていきたい」


杉山:これからどんなキャリアを描こうとしていますか?

小楠:人事採用の面では、クオンの魅力を最大限に引き出して、それをうまくPRできるようなクオンの顔としての役割を果たしていきたいです。日本に定まらず、海外でのクオンの活躍も追いながら、クオンが世界で愛されるような企業になるために貢献をしていきたいと思います。個人的なキャリアは、今後会社が海外に展開していくとともに、自分自身もそれの促進力となるようなことに積極的に携わっていきたいです。

杉山:採用担当として、最後にメッセージをお願いします!

小楠:今のクオンはかなり面白いフェーズにいると思います。新人からベテランまで、様々な人材が続々とクオンにジョインしています。ただ新人からベテランまでいるといっても手をあげればチャンスを得ることができる環境です。また、海外支社もタイ・中国にありますし、これからどんどん拡大していく時期に、スタートアップが大きくなる様子を見たい、一緒にやりたいという人、ぜひ一緒に働きましょう!

株式会社クオン's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more