学生起業からクオンに入社した23歳の新しい挑戦

株式会社クオンは創業から一貫して世界展開を行ってきました。チャットアプリ用スタンプ発のキャラクター事業にフォーカスしてから全世界30億DL(世界一)の実績を誇るキャラクター企業です。

クオンメンバーの働き方を紹介していくシリーズ第6弾。

今回は初の対談企画!同期入社の小楠さん(人事採用)と杉山さん(コンテンツ企画)にクオンに対する思いや入社に至るまでの経緯をインタビューしました!


プロフィール

杉山裕磨(すぎやま ゆうま)
熊本県出身。大学在学中に1年間休学し、株式会社divでインターン。TECH::CAMP福岡校の拠点長としてテクノロジースクールの運営をする。卒業後、音楽知識共有体験を提供するwebサービスの会社を起業した。現在は株式会社クオンに入社しコンテンツ企画部に配属。毎週火曜日テレビ東京系で放送中の番組「おはスタ」内コーナー「キャラスタ」で放送中のクオン原案のショートアニメ 『おどるモワイくん』のSocial Media運営などを担当している。
小楠ひとみ(おぐす ひとみ)
埼玉県出身。卒業後は全日空のグランドスタッフとして国際線の運航を担当。その後渡米し、現地のツアーガイドとして、世界中からの旅行者のサポートと業務改善に尽力する。現在は株式会社クオンに入社し、管理部人事採用担当に配属。主に採用業務を行なっている。

「学生時代の挑戦が今の自分を支えている」

学生時代について

小楠:杉山さんは、学生時代から休学して長期インターンシップを経験してるほか、起業も経験されていますよね。どうしてそのようなキャリアを選択して来られたのでしょうか?

杉山:幼少期からチームをまとめたりするのが好きで、よくプロジェクトのリーダーに立候補していました。自分の親族にも経営者が多かったので経営者というキャリアは身近になんとなく頭にあったんです。大学1年生の時に高校時代の友人が起業するために高卒で渡米したのを聞いた時に「自分のキャリアのなかに起業家という選択肢があるんだ」と思ったのが初めのキッカケです。

小楠:そこからすぐに起業されたんですか?

杉山:いえ、起業家という存在に憧れていたものの最初は40〜50代になってからの一つの夢みたいなものでした。ビジネスの知識もないし、起業のやり方も知らないので、まずは自分の可能性を広げるために英語を勉強しようと思い語学留学したりIT領域に興味があったのでTECH::CAMPというテクノロジースクールでプログラミングを学びました。そこで身につけた英語力とプログラミング力を武器に新卒入社しようと思っていました。

小楠:起業じゃないんですね...

杉山:そうなんです。でも、TECH::CAMPのメンターさんに「休学してうちでインターンしてみなよ」と言われ、もっとスキルを磨いたらもっといい会社に入れるかもと思い、1年間休学をしました。

小楠:休学中はどのように過ごされていたのですか?

杉山:休学中は福岡で過ごしました。福岡の学生は起業への熱が高く、休学中はいろんなスタートアップのコミュニティやイベントに顔を出していました。一年が経った時、「スタートアップの知識も得たし、プログラミングもできるし英語も喋れる。今起業できそう。」と思って大学復学と共に福岡で起業しました。結局その事業は上手くいかなかったのですが、そこで得た経験や知識が今もかなり活きています。

「今まで培った能力を活かせる環境」

クオンとの出会いについて

小楠:今年の5月にクオンに入社されましたが、どのような経緯でクオンに応募されたんですか?

杉山:事業を撤退した後、新しい事業を考えるかそれとも勢いのあるスタートアップに入社するかで迷っていたのですが、代表の水野さんとTwitterで相互フォローになっていたのと4億円の資金調達リリースを見て話を聞いてみたいと思いwantedlyで応募したのが出会いでした。

小楠:入社の決め手は?

杉山:初めは興味本位での応募だったのですが、選考が進むにつれ代表の水野さんやクオンの方々に魅かれている自分がいました。最終的には「この人たちと仕事をしたら楽しいことができそう」と感じ、クオンに入社しました。

小楠:入社前と後で印象のギャップはありましたか?

杉山:入社前になんとなく感じていた感覚がより鮮明になりました。今所属しているコンテンツ企画部は代表直下の部署なのですが、部署の成長に時間やお金を投資してくださっています。会社から投資していただいている分を早く利益に変換できるようにレベルアップをすることが今の目標です。

小楠:仕事のやりがいを教えてください

杉山:クオンでの仕事の多くがクオンキャラクターをどのようにして世の中に認知してもらえるか?をひたすら企画することなので、自分の企画で相手に喜んでもらえる瞬間にやりがいを感じます。反対に企画には常に悩んでいて、今は質の高い企画を生み出すために必死に企画を作り続けることをしています。

小楠:今後どのようなことをやっていきたいですか?

杉山:目標は今担当しているキャラクターであるモワイくんを国内外問わず沢山の方に愛されるキャラクターに育てたいです。モワイくんストアをオープンしたり、海外からも愛されるようなキャラクターにしたいですね。

「世界で愛されるコンテンツを作りたい」

選考を検討されている方へのメッセージをお願いします!

杉山:クオンは現在、世界でも有数のキャラクター会社へと急成長している最中です。自社のスタンプは全世界30億DLを突破し、世界一の記録を更新し続けています。クオンから生まれたキャラクター達をより世界中で愛される存在に成長させて行く必要があります。そのためには起業家のような主体的に動けるスキルや積極性を持っている人ほどクオンのカルチャーは向いていると思います。国内だけではなく世界で愛されるコンテンツを作りたい人、ぜひお待ちしております!


次回予告!
次回は杉山さんから小楠さんへのインタビューです!

株式会社クオン's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more