インターン生に聞きました!vol.1

今回は、クオンで働くインターン生に普段の学生生活やクオンでの働き方などをインタビューしてみました!

小笠原未弓さん
・学習院大学経済学部経営学科 現在大学4年生
・サークルはチアリーディング・クラシックバレエ・新規事業開発やマーケティングなどを学ぶ団体 と3つのサークルに所属
・趣味はダンス(最近はジャズダンスとテーマパークダンスを中心に踊っています!)


(チアリーディング大会)

(先日のジャズダンスの公演)

小笠原さんの経歴を見るといろんな活動をされてますが、大学生活で一番楽しかったことはなんですか?

イノベーションチームdotという、自分たちが感じた社会課題のソリューションとなるビジネスを企画したり、企業と共同で商品開発などを行う団体での活動です。私自身がプロジェクトを立ち上げ、チームリーダーとして活動しているのですが、企画している製品・サービスの想定ユーザーの方から「あったら絶対に使いたい!」などポジティブな反応が得られた際に何事にも変えられない喜びを感じました。毎日が新しい発見と学びに溢れていて、とても充実しています。

(ビジネスコンテストに出場した際の発表の様子)

なぜクオンでインターンしようと思ったのですか?

スタンプや絵文字でコミュニケーションをより豊かにしてくれたり、存在するだけでその場にいる人たちの心を和ませてくれるキャラクターの存在、その事業に携われるお仕事に魅力を感じました。また、日本に限らず、中国、タイ、韓国、アメリカなど、様々な国で人気なキャラクターを生み出しているという点も、クオンに興味を持った理由の1つです。また、高校生活の全てをニュージーランドで過ごしたので、そこで培った語学力や、英語圏の文化に対する知識などを活かしたいと思いました。

クオンで働いてみての感想は?

私は主な業務として、自社キャラクターのグローバル向けSNSアカウントの企画・運営・問い合わせ対応などを行なっております。このように、インターンという立場でありながらも自分の担当を持たせて頂いたり、語学力を活かしたお仕事をさせて頂いたりと、入社前想像していた以上に実践的な経験を積ませて頂くことができ、とてもやりがいを感じています。投稿の内容やファンとのコミュニケーションの取り方など、自分の工夫次第で世界のどれだけの人にキャラクターを認知して貰えるのか、愛して貰えるのかが決まると思うととてもワクワクします!半年に一回ほど行われる社員研修では、各チームが競合他社の調査発表をする中で企画・マーケティングチームの一員としてSNS運用についてのプレゼンを担当したり、会社全体の今後の方針について社員全員でディスカッションする機会がありました。社員の一員、チームの一員としての自覚とモチベーションに繋がっていました。

ずばりクオンの魅力は?!

社員一人一人が個性豊かで、自分らしく活き活きと仕事をしていることです!そのような環境の中で、私自身も萎縮されずに、本来の自分の姿で仕事を出来ていることが、入社して一番良かったなと思う部分でもあります。

今後の目標やキャリアを教えてください

今は、留学で身についた英語力を活かすために、通訳のスキルをダブルスクールで学んだり、学生時代に学んできたイノベーションメソッドを活かして新しいビジネスを企画したりと、これまで培ってきた一つ一つの能力をあげるために日々努力をしています。趣味のダンスもその一つで、自分自身が表現者として成長するだけでなく、ダンサー含む芸術家の方々が活躍できる場を自ら作っていけるような人になることを目標としています。また、クオンで働いてみてキャラクターやエンターテイメント・芸術に対する愛はますます深まったことは間違いないので、今後クオンで学んだことを活かしていきたいと思います。

インターンを探している学生にメッセージをお願いします

インターンは学生として勉強しながら、空いた時間で興味のある仕事に対する理解を深めたり、今後社会人として働くイメージを具体化したり、何が自分に合っているのかを見極める絶好の機会だと思います!就職前に多様な経験を積めるのが学生の醍醐味だと思うので、その1つとしてインターンという選択はとても有益だと、私も実際にやってみて感じました。

クリエイティブな仕事がしてみたい、活かしたい強みがあるなど、動機はなんでもOKだと思うので、クオンでのお仕事に少しでも興味が合ったらまずは応募してみることをお勧めします!

株式会社クオン's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more